ベルセルク (23) (Jets comics (899))

  • 651人登録
  • 3.67評価
    • (48)
    • (34)
    • (101)
    • (3)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 三浦建太郎
  • 白泉社 (2002年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592137214

ベルセルク (23) (Jets comics (899))の感想・レビュー・書評

  • 少しずつ変わり始めるガッツの姿に胸が打たれます。

    やはり出会いは大事です。

  • 断罪の塔からキャスカを救い出したガッツ。
    しかし、妖精の鉱洞が壊され、キャスカを安全に置いておける場所がなくなった。
    と言う訳で、この世界の何所よりも安全な場所-パックの家に向けて旅立つ事となったガッツ、キャスカ、パックの三人。
    そんな一行に、烙印をもつ者が二人いる事による弊害-魔物が次々と襲ってくる。
    今までも過酷な旅だったが、キャスカを守りながらの旅はさらにその過酷さを極める。
    さらに、ガッツの中にある凶暴な影が目を覚まし、ガッツを恐れるようになったキャスカ。
    そんな中、ガッツの精神は疲弊していく。
    そこに、ファルネーゼ、セルピコ、イシドロの三人が現れ、旅の一行に加えて欲しいと申し出る。
    ガッツはその申し出を受け入れ、ここに新たな仲間を加えた旅が始まった。

    パックも思っていたけど、あのガッツがあっさりと仲間になる事を承諾したのが意外だった。
    でも一方でそれも仕方ないのだろうなとも思った。
    それまでのキャスカとの旅を見ていたら・・・。
    あのタフなガッツとはいえ、体力的にも精神的にも限界がきていた。
    私もここで新しい仲間が加わった事に心からホッとした。
    それと同時に、ガッツって変わったな・・・と思った。
    昔だったらそういう状態でも一人で何とかしようとしてたんじゃないか。
    やはり守る者が出来るという事は人に新しい力を与えるのかも知れないな・・・と思った。
    それは、人を頼るという力。
    自分一人ではどうしようもないんだって認める力。
    それって、他人を信じる事ができるからこその行動だから・・・。
    ガッツの精神的な成長を感じる一瞬だった。

    同じように、自分は何も出来ないんだ、自分はこんなにも小さいんだって気づいたファルネーゼも飛躍的に精神が成長している。
    彼女は今解き放たれた。
    でも解き放たれたばかりで、しばらくは戸惑う事が多いだろう。
    だけど一歩踏み出せた彼女は勇気がある。
    むしろ、縛られたままなのは彼女の側にいるセルピコの方なのかもしれない。

  • 再読。精神を疲弊していく孤独なガッツの旅路、キャスカに気持ちが通じないのは二重に辛い。
    イシドロたちの加入に安堵。
    無敵なのは旧からだが、新生鷹の団が全く別の集団になってしまってちょっと淋しい思いがする…。

  • ガッツとキャスカのすったもんだも気になるけど、グリフィス様の美しさの前では全てが些末な事に思えてくる…いやそれは言いすぎ…いや…いや…
    前巻からピンナップついてて眼福。

全6件中 1 - 6件を表示

ベルセルク (23) (Jets comics (899))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベルセルク (23) (Jets comics (899))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ベルセルク (23) (Jets comics (899))を本棚に「積読」で登録しているひと

ベルセルク (23) (Jets comics (899))のKindle版

ツイートする