ベルセルク (27) (Jets comics)

  • 679人登録
  • 3.73評価
    • (59)
    • (39)
    • (107)
    • (3)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 三浦建太郎
  • 白泉社 (2004年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592137252

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ベルセルク (27) (Jets comics)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016.2.5 読了

  • 久々に仲間を得たガッツ。
    どーなるんだこの先。

  • 魔法使いのシールケちゃんがますます可愛くて、個人的に株が急上昇中です。そして狂戦士の鎧! 超人的な強さと引き換えに失うものもまた多くて。これ以降、ガッツは戦うたびに鎧に潜む怨念とも戦わなければならず、また肉体的な負担も増えて、今までみたいにひたすら剣を振りす闘いができなくなるところ、物語に深みを与える良い縛りですね。
    それはさておき、霊樹の森の魔法使いことフローラと、これまでたびたびガッツを救ってきた骸骨騎士の過去がぼんやり浮かび上がってきます。あくまでも淡く、ですが。彼らは遠い昔に浅からぬ縁を結び、止むに止まれぬ理由で人の寿命を超えて生きながらえてきたようです。これはイギリスの伝承物語のにおいがして、またさらにスカボロフェアの歌や、その歌の元ネタとなった妖精騎士の物語を思い出したりして、ひとりニヤニヤしていたのでした。
    というか、ベルセルクの世界観て、地名や王朝の名前はもちろん、妖精や魔法使いの設定からして大ブリテン島がモデルですよね。たまにストーンサークルが出てくるし。面白いわけだ。

  • グリフィス様がシャルロットの部屋に現れるシーン、グリフィス様のあまりの神々しさとシャルロットのいじらしさにあふれる涙を抑えきれなかった…

  • 再読。魔vs魔、スケールが広がりに広がって、もう人間が主役じゃなくなってきた。シールケの魔法や狂戦士の甲冑は、ガッツのこれからの戦いの切り札になっていくんだろうか。
    登場時間は短いがフローラが印象的。
    そしてファルネーゼ、最終的にどこへ辿り着くのか気になるキャラクター。

  • O浦建太郎

  • 「どうでもいいはずがない! 思い出して! あなたが旅する理由… 今 戦っている理由を! どうでもいいもののために人間の魂は こんなにボロボロになったりしない」

  • はじめのほうのガッツの過去やってるとこあたりがめちゃ好き<br>
    迫力のある表情とかたまらん

  • 純粋にがっついて読んでる漫画。しかしフェムトの造形が好みすぎて困る!

  • 表紙がかっこいい巻を飾ってみましたが単行本で購入して読んでいるマンガです。人がすごーく弱くてちっちゃくて…でも頑張って生きている!みたいな所が大好きなのです♪絵柄は男していますがファンタジーなのです♪

全16件中 1 - 10件を表示

ベルセルク (27) (Jets comics)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベルセルク (27) (Jets comics)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ベルセルク (27) (Jets comics)を本棚に「積読」で登録しているひと

ベルセルク (27) (Jets comics)のKindle版

ツイートする