ベルセルク (29) (Jets comics)

  • 712人登録
  • 3.67評価
    • (53)
    • (48)
    • (123)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 三浦建太郎
  • 白泉社 (2005年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592137276

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ベルセルク (29) (Jets comics)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016.2.6 読了

  • ワニのバケモンに襲われたり、ガッツが狂戦士化したり、謎の子供と出会ったり、色々ありながらたどり着いた街、ヴリタニス。
    人の多いその街で、人慣れしていない魔女のシールケは人混みに酔い傷つく。
    変な格好だと笑われたり、お師匠様の形見の大切な帽子が馬車に轢かれたり・・・。

    聡明で見た目よりもぐっと精神年齢の高いシールケ。
    でも人里離れた森に住んでいたために、とても繊細でナイーブ。
    そんな彼女は人にしたらちょっとした事かもしれない事で傷ついてしまう。
    それと同じだけ、ほんのちょっとした事で心がほんわかするような感性ももっている。
    とても素敵でラブリーな女の子。
    可愛い~!

    シールケはガッツにほのかな恋心を抱いている。
    ガッツはもちろんそんな事知る由もない・・・っていうか、気にしてない様子だけど、シールケが酔っ払いにからまれた時にやり返す時の態度なんて、すごく良かった~。
    いきなりここにきてモテモテのガッツ。
    ガッツに思いを寄せるシールケにファルネーゼ。
    でも肝心なキャスカには毛嫌いされてるんだけど・・・。

    他にも、仲間のために飛び出した家に戻り、結婚と引き換えに船の手配をするファルネーゼ。
    グリフィスにお菓子を焼くシャルロット姫。
    いじらしい~。けなげだ~。可愛い~。
    この人の描く女性は容貌が素敵なだけじゃなくてラブリーすぎる~。

    また、ファルネーゼの母親が登場するが、ただの派手好きな貴族の女性かと思いきや意外にも鋭い洞察力をもつ女性なので、素敵な女性じゃないか~と思った。

  • ファルネーゼ奮闘記。

  • ソーニャとシールケの出逢いがどう影響するんだろう。
    ファルネーゼファミリーや婚約者も登場。もうこの世界は覚える顔と名前と謎が多すぎるw謎が解明される時が待ち遠しい。

  • ぶっちゃけ、一番好きな漫画は何かって聞かれたら、迷わずベルセルクって言うなw
    ベルセルクの世界観が、カッコよすぎる。
    いつか大人買いしてやる!!

  • 救われない感満載のファンタジー。そしていつ終わるのか分からない物語。でもずっと読んでる。

  • 全巻所有

  • 人気があるのが納得できます。
    痛々しくて読んだ後へこんだことも。

  • 立ち読みでハマってしまったのがひと月ほど前。そして程なく全巻揃えてしまいました。コミックでここまでハマったのは久しぶり。基本はファンタジーもの(最新刊ほどファンタジー色が濃い気がする)ですが、内容は実に泥臭いです。ストーリーはいくつかの章?に分かれてるみたいなんですが、中でも「黄金時代編」は一番話がわかりやすく、しっかり描かれていて面白いです。

  • !グロテスクな表現が含まれておりますな本格派ファンタジーマンガ。
    この巻だけいつものガッツとは違う…。ガッツ…かわいいところもあるのね(笑)

全23件中 1 - 10件を表示

ベルセルク (29) (Jets comics)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベルセルク (29) (Jets comics)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ベルセルク (29) (Jets comics)を本棚に「積読」で登録しているひと

ベルセルク (29) (Jets comics)のKindle版

ツイートする