ホーリーランド (9) (Jets comics (081))

  • 184人登録
  • 3.47評価
    • (11)
    • (13)
    • (42)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 森恒二
  • 白泉社 (2005年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592137498

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ホーリーランド (9) (Jets comics (081))の感想・レビュー・書評

  • こんな所にいたのは多分…誰かに見つけて欲しかったからだ…窮すれば誰かに頼り寂しければ誰かを探す…最低だ… そんなダイレクトにぶつかり合えるなんて…貴重だよ しかし女性の前だからこそ時に感情や暴力のコントロールが困難な場合がある…私見を述べればそれは恐らく本能だ‼︎雌を他の雄に近づけたくないと言う原始的な感覚が暴力を喚起させてしまうのだろう ナイーブリっ子 率直 遺恨 憂き目 二千年に渡って進化洗練されてきたこの格闘技は相手を封じる技としては最高の技術と言えるだろう‼︎ 更に特筆すべきは荷重移動により相手をコントロールするボディーワーク…倒したり背後バックを取る技術はまさに芸術と言っていい‼︎ 互いを壊すことなくパワースピードテクニックを競い合うことのできる知的で高度な格闘技だ プロテイン入りマッスルコアラパン 土屋さんが誰に対しても普通でいられるのは自分が強いって知ってるからだよ 客人効果 自己顕示欲を満たす為の当て馬にされた 狭い世界に執着 法治国家 社会のシステム ''自分を持って''''自分を出して戦う''などよくスポーツ選手が口にするがそれはつまり''相手に合わせず自分のペースで戦う''と言うことに他ならない 少なくとも素の僕を知っている…神代ユウを!真剣にぶつかり合ったから 誰かが言ってた…''死ぬまで自分をやめることは出来ない''って…この言葉の意味が今はわかる…僕はもう自分をやめようとは思わない…これからは 「自由」や「責任」の認識が曖昧な社会だと大人にならない青年が増えるのだろうか。僕は十代の頃、早く大人になりたかった。大人にならなければ自由は手に入らないと思っていたからだ。

  • ショウゴをKO!
    逃げるように街にでるとマイとエンカウント!
    本当の、
    ヤンキー狩りの姿をマイにみせてしまうユウ。

    マッスルコアラさんとレスリングする中でふっきれるユウ?
    ショウゴの敗北を知った空手道場の白泉会がユウに空手で挑み勝利する。
    相手の場所での戦いなんてアカンだろう。
    しかし、
    リベンジに燃える変化を経たユウがそこには居たのです!

    敗北からの勝利って本当に難しい!

    大人にならないと自由は手に入らない。
    by森恒二

  • こうも作者の自己投影が深い漫画も珍しいかもしれない。劣等感、コンプレックス、寂しさ、色々感じる

  • 歯がゆい。マイとさっさとどーにかなればいいのに。

全4件中 1 - 4件を表示

ホーリーランド (9) (Jets comics (081))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ホーリーランド (9) (Jets comics (081))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ホーリーランド (9) (Jets comics (081))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ホーリーランド (9) (Jets comics (081))を本棚に「積読」で登録しているひと

ホーリーランド (9) (Jets comics (081))のKindle版

ツイートする