ブライトの憂欝 2 (ジェッツコミックス)

  • 61人登録
  • 3.30評価
    • (4)
    • (4)
    • (20)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 竹宮惠子
  • 白泉社 (2005年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592142003

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
竹宮 惠子
有効な右矢印 無効な右矢印

ブライトの憂欝 2 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • A3

  • 「私を月まで連れてって!」の続編です。
    で、子どもの世代の続編というのは、まあ、よくある話なんですが、この「ブライトの憂鬱」のすごいところは、今作の主人公は、前作の主人公の子どもではないというところ。
    題名通り、パーフェクトレイディおヤエさんの子どもブライトが主人公なのです。

    前作は、そのブライトが、妹離れをする話。そして、今回は、ついに彼の前に運命の恋人が!!

    さて、ブライトは、おヤエさん似のしっかりタイプです。でも、おヤエにとっては、そこがものすごく危うく、不健康に見えて、悩みの種なのです。
    おヤエさんみたいな人でも、子育てには悩むんだなぁと、とっても感心したのが第1巻。

    今回は、彼が決して思っていたほど孤独ではないということを理解するというお話。

    おもしろすぎるので、夢中になって読んでいると、ちょっと自分の家庭が不和になりかけました(笑)

  • 再読ー。

    そんなムリに恋愛しなくても。

  • 竹宮惠子先生のコメディSF『私を月まで連れてって!』の続編。

    おヤエさんとハリアンの息子、ブライトの不思議な恋と苦悩が描かれている。

    めっちゃネタバレだけど、ダンとニナのその後が描かれていて、二人にかわいいお嬢ちゃんが誕生していて、とても嬉しかった。

    ブライトにはぜひ幸せな人生を送ってもらいたいなー。

  • うーん。そういう方向に流れた?

    この流れで毎月なり定期的に連載するならば先を待つけど、現時点では2巻以降は発売していない。
    作者が1話完結であると思っているならば、どうにも残念な作品。設定だけ浮いている感がある。

  • 私を月へ連れてって・・・の続編
    お八重さんとハリアンの子供とダンとニナの子供のお話♪

  • 生まれる前に出会って恋に落ちる…。突飛なんだけどそれがコノマンガのおもしろさ。ぶっ飛んでて面白いよ!

全7件中 1 - 7件を表示

ブライトの憂欝 2 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブライトの憂欝 2 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブライトの憂欝 2 (ジェッツコミックス)はこんなマンガです

ツイートする