ナナとカオルぴんくぴゅあ (ジェッツコミックス)

  • 35人登録
  • 3.44評価
    • (2)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 白泉社 (2014年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592142348

ナナとカオルぴんくぴゅあ (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 萌える、その一言に尽きたい
    四コマ漫画作品も、四コマ漫画家も星の数ほどあって、いる。当然、私が読んだ事のない作品も多いし、今後、優れたセンスを持った漫画家が活躍する可能性は大いにある
    自信を持って「大好き」と言える作品も漫画家も、私には多い
    だが、「大好き」だけでなく、純粋な敬意の念を抱いている四コマ漫画家は、ももせたまみ先生、一人だけである
    もちろん、先生の作品は完成に至っていない(と言うか、完璧になってしまった漫画ほど面白くないモノはないだろう)
    それでも、画、ネタ、オチ、どれを取っても他に追随を許さない
    少年漫画や少女漫画よりも好みが分かれ易く、なおかつ、目の肥えた読み手が集結しやすい、このジャンルの第一線で活躍なんて表現じゃ生温いほどの、創作意欲を昂ぶらせ、長期連載を実現しているのがイイ証拠じゃないだろうか?
    四コマ漫画家としてだけでなく、女として、母として、人間としての濃密で豊富な経験を活かした上で、萌えの本質を掴んでいると感じる画で、自分の信じる「面白さ」を表現できる、ももせ先生を私は一人のファンとして尊敬し、各作品を心の底から楽しませてもらっている
    この『ナナとカオル ぴんくぴゅあ』はタイトルを一読すれば判る通り、ヤングアニマルで大好評連載中の『ナナとカオル』の公式パロディとも言っていい四コマ漫画
    本家の独特なエロさを骨にし、ももせ先生らしいエロネタを肉として重ねている
    内容は大雑把に説明すると、ナナのムッチムチな乳のように豊満w
    ももせ先生が様々なシチュエーションでナナとカオルをラヴラブさせてくれているので、ももせ先生のファンとしても、甘詰先生のファンとしても、楽しませてもらえる
    どの女の子も可愛いが、そう感じる理由はやはり、本家でも度々、目にする赤面顔が多いからだ、と私は思う。羞恥心に耐え、それに歓びを感じてる女の子は・・・エロいよ
    本編も、書下ろしも、ももせ先生の気合いもとい息抜き愛を感じる
    どの回も萌えの塊だが、個人的に推すのは、ナナがドラキュリーナとなっている第9話
    この一巻だけでも満足できてしまうのだが・・・・・・欲を言えば、また、連載してくれないかな、とは思っている。せめて、責めて、もう一回、『ナナとカオル Black Label』に毎回、特別付録としてくっついてくる同人誌に参戦して欲しい!!

全1件中 1 - 1件を表示

ナナとカオルぴんくぴゅあ (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ナナとカオルぴんくぴゅあ (ジェッツコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ナナとカオルぴんくぴゅあ (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ナナとカオルぴんくぴゅあ (ジェッツコミックス)の作品紹介

ステップアップ“SM"ラブコメ『ナナとカオル』が4コマになってえっち&キュー トに登場☆ 人気4コママンガ家ももせたまみ先生によるピュアでかわいすぎるナナ・カオル・館らの暴れっぷりをご覧あれ☆ 4コマになっても……エロいよ☆ 2014年1月刊。

ナナとカオルぴんくぴゅあ (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする