箱舟の行方 (ジェッツコミックス)

  • 342人登録
  • 3.56評価
    • (24)
    • (35)
    • (58)
    • (8)
    • (2)
  • 30レビュー
  • 白泉社 (2006年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592142645

箱舟の行方 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『空の記憶』
     一見ただの怠惰的関係でも、相手の生活を自分にも浸透させていくうちに意識が変わる、そういった話で好きです。
     他はどうでもいいですが、この話があるので手放せません。

    あ、カバー裏の方が力入れてる感も良いですね(笑

  • 白泉社

  • 適度にリアリティを織り交ぜながら、読者の欲望と妄想を掻き立て、充足させる。面白い恋愛漫画に必要なものです。でも好みの欲望と妄想ではなかった。それだけです。

  • ※批評なし星評価段階:★★★★
    少々期待外れだった、というのが正直な感想。帯がなかなか挑発的で、女性作家が描くエロ作品には榎本ナリコさん諸作品で期待を抱くようになっていたので、機会を得て読んでみたんですけど。主人公の年代にまでいっていないからか、どうも感情も独白も上滑りし空回っているようで、一個一個の台詞に重みが感じられなかった。右から左へ流れていく。行為すらも。もう少し核が欲しい。女の心と躰の揺れ動きを描くにしては、この中心がぶれ過ぎていると思う

  • 会話って、大事だよなぁ……なんぞとふと思った。
    浮気のような話から始まるコミック短編集。1話1ページというストーリーも入っていて、なんだか新鮮。

  • どれもなんだか知ってる感覚。
    幸せでもなくて、不幸でもなくて、誰かに話したいことでもないけど、猛烈な欲求。笹原さん好き。

  • 評判がよかったのと表紙がエロかったので読んでみた。
    うーん、上手いけど、もうひとつかなぁ…っとオヤジが感想言ってもしかたないけど…。

    SEXについて露骨に書かれてえいるように見えて少女漫画系の幻想の粋を出てない。なのでこう迫ってくるものが足りない。そこが岡崎京子らと違うところ。

    メガネのネジを締めるのは「呪い」だ、という1ページの短篇がよかった…というかゾッとした。

  • 未レビュー消化。どの作品も忘れたいようで忘れられない人がメインだったような気がします。あったことを0にできないから人生辛いですよね。エレベーター閉じ込めは壁ドンの温床。

  • 溺れるって表現が似合う作品。

  • シギサワカヤに魅了されてしまった一冊。

全30件中 1 - 10件を表示

箱舟の行方 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

箱舟の行方 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

箱舟の行方 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

箱舟の行方 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする