レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)

  • 977人登録
  • 3.82評価
    • (136)
    • (144)
    • (210)
    • (5)
    • (1)
  • 118レビュー
著者 : 川原泉
  • 白泉社 (2006年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592142652

レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もう書かなくなってしまったのかな、と思っていたので久しぶりに読めて嬉しかった。
    4つの短編?でもちょっと話はリンクしてる。同じ高校の同じ学年の人たちが主人公だからね。

    表題作の主人公はヒーリングの力を持っているのだけれど、私はこの漫画に癒された気がした。
    みんなそれぞれ事情があり、みんなそれぞれ良いところがある。

  • けっこう絵がかわってるなー。絵柄が安定しないっていうか…でも丁寧に描いてあるし、題材や展開があいかわらず個性的で、マイペースなヒロインがいいね~

  • シリーズあり。

  • 久しぶりに読んだ川原泉。絵柄がちょっとイマイチなんだけどストーリーは昔のままでほっとした。この作者、頭良かったんだろうなあ……。

  • なんか読み終わった時にくすって思いつつ、こういう世界もあるよな~と感心。面白かったです。

  • 川原泉節健在って感じ。ホモフォビアっぽかった川原さんが自作にゲイを登場させ、しかも好意的に描くなんて、BLってすごいなと思った。どのお話も好きです。

  • こんなの出してたんだ! と驚いた。ずっと書き続けてくれたら嬉しい。

  • 前作「ブレーメン2」でセンス・オブ・ジェンダー賞を受賞したのから一転、ホモフォビア的と批判された本作。問題とされたのは「紹介したい人がいる」と主人公の兄が連れてきたのが男だったという最終話で、確かにホモフォビアと言われかねない描き方ではあります。
    だけど、川原泉にとって、あるいは主人公にとって、同性愛者かどうかはさして重要なファクターではない。彼らにとって重要なのは、その対象者が身内かどうかという点に尽きるんだと思います。川原泉の作品においては、身内か身内でないかが決定的な判断基準であり行動原理であって、それは初期から今に至るまで一貫しています。そこでは身内とは無条件に受け入れるべき相手として存在します。一方で、身内以外は遠く景色として存在し自らと関わるはずの無いものであり、それが接触してきたなら警戒すべき事象となる。だから、本作について言えば、たとえ兄の連れてきた人物が女性であったとしても、主人公の反応は変わらなかったでしょうし、逆に一度身内として承認せれればホモであろうとなんだろうと受け入れられるでしょう(実際にそういう結末を迎えます)。今回はたまたま他者として識別された対象が同性愛者だったことから、その他者への警戒がホモフォビアとして映ってしまったということ。だから、川原泉がホモフォビアというわけではないと思います。
    しかし、身内かそれ以外かという判断基準というのもそれはそれで大いに問題含みでもあります。そこでは対象の言動、意図、環境といったものは捨象される。だから、他者として識別されたならどこまでも冷酷になれる。一見ほんわかゆるい川原泉なればこそ、その冷酷さは根深い。

  • もぎゅもぎゅと背景のペンギンが健在で嬉しい。「バビロンまで何マイル」のその後が見たいなー。

全118件中 1 - 10件を表示

川原泉の作品

レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)に関連する談話室の質問

レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)はこんなマンガです

レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする