大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

  • 5487人登録
  • 3.95評価
    • (1006)
    • (713)
    • (1099)
    • (24)
    • (5)
  • 710レビュー
  • 白泉社 (2005年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143017

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))の感想・レビュー・書評

  • 私は堺雅人主演のドラマ・映画「家光・綱吉編」からこの作品に入ったので(コミックだと2巻以降)、プロローグであるこの1巻の主役、水野の気持ちのいい江戸っ子キャラに、読み始めは逆に戸惑いました(堺シリーズのストーリーがディープで切な哀しかっただけに)。
    でも、水野の真っ直ぐで賢い立ち居振る舞いが実に爽快!そして、あの名君吉宗もまたサバサバしていて、女性だけど男気溢れていてかっこいい!初めてこの男女逆転「大奥」を知ったときは「ど~かな~」なんて思っていたけど、知れば知るほど、(映像作品を)見れば見るほど、読めば読むほど面白い。
    もともと時代劇の大奥シリーズが好きだったけど、「男」だけの大奥となっても女とは違った意味でおどろおどろしく、様々な思惑が渦巻き過ぎて息苦しいものだ…男の嫉妬は醜いなぁ。
    何故1巻が吉宗の治世から始まったのかなと思ったら、読んでみて色々わかった。本当に1巻は序章も序章なのだ。最後の方では有名時代劇キャラもちらっと登場し、吉宗もまたあの時代劇キャラっぽいところも垣間見えて、スカッとした。
    よしながふみ作品、今更ながら読むのは初めてだったのですが、美男子がたくさん登場して壮観!なぜか自分も女将軍のような立場で読んでしまっている。

  • 男女逆転大奥。
    単なるワンアイディア作品ではありません。世界観のつくりあげが秀逸。
    あと、この作家は「関係性」を描くことに、本当に優れた人だと改めて思った。

  • そうだ、大奥を読もう、という軽い気持ちで読んでみた大奥…。
    マンガで涙したのは何年ぶりでしょうか…。
    ええ話ですよ、おくさん…。
    私の感想よりもぜひに、ぜひにお手にとってみてくださいまし!!

    ボーイズラブが苦手な方もどうか頑張って読んで下さい!
    私も頑張りましたんで!
    ただこの方のマンガのボーイズラブは不思議とそんなに無理じゃない感はあります。やはり内容力でしょうか。
    映画にもなってるんですね。
    でしょうね、だって歴女にも腐女子にもそうじゃない女子にもウケるポイントがあるんだもん。
    私はそうじゃない女子なんですが、歴女だったらもっと楽しめたんだろうなーと些か残念でございます。

  • 江戸時代。
    原因不明の突然のはやり病により、男子の人口が急速に減少。
    それによって男女逆転となった世に、男ばかりの大奥が誕生する。
    そして貧乏旗本の息子、祐之進は幼なじみのお信の別れを告げ、大奥に上がることとなる-。

    おぉ~!
    逆ハーレムだ~!
    面白い発想~と感心しました。
    普通なら全て女性のはずの、ずら~っと廊下にひれふす男たち。
    壮観!!

    ただそれらの男たちの唯一の相手である上様は、浮かれてばかりというわけにもいかず、歴代の将軍は苦しい財政について悩み、好きな男と添い遂げることもかなわず・・・。
    それはそこに集められた男たちも同じ。
    皆それぞれの理由があって大奥という場にいる。
    またこのマンガでは、歴史上の実際の出来事も、人と性別を変えて物語にからんでます。

    吉宗様がそんじょそこらの男よりも男前でかっこいい!

  • 【ネカフェ】男女逆転大奥。吉宗公も粋なはからいをなさる。事の仔細とはいかなるものや。

  • 疫病シーンが意外にさらっとかかれていて、導入的にはえっ!!
    となったけれど、メインの人物たちは相変わらず、
    魅力的だなぁと思った。
    祐之進は、フラワーオブライフの主役っぽい感じだと思ったし、
    吉宗はいい女過ぎたなぁ、こんな人に仕えたい。
    実際の歴史の吉宗の逸話も生かしていて、質素倹約だと描かれているし、大奥粛清の時の美人を解雇も面白かった。ここでは美男を解雇。
    そして、映画でクローズアップされていたシーンは、
    そういうオチだったのか!!と大岡さばきに拍手。
    そしてメインでなくやっぱり脇役好きな私は、
    杉下さんと吉宗の片腕おみつこと久通が好き。
    可愛さでは、垣添君。
    右筆頭の村瀬に辿りつく吉宗から、春日の局の過去編へ。

  • よしながふみはやっぱり巧い。描写も物語の作り方も、うなるほど。
    あまり続きが気になる漫画って最近ないんだけど、これだけは早く続きを読みたいと思ってしまいます。

  • 大奥の男女逆転版というパラレル設定にも関わらず、これが史実なんではないかと思ってしまう位に作りこまれた設定、世界観にどっぷり虜になりました。
    よしなが先生の描かれる女性、上品な色香が漂っていて美しいです。

  • 想像してたのより読みやすかった。まだ1巻だからなのかな?

    これからどんどん面白くなるんだろうなッてかんじ。


    それにしても、コレの水野・吉宗編を映画ではとりあえずやるわけでしょ?うーん。
    それが第1弾って言われてるんだよね?

    だとするとさ、もし忠実にやってったらすごい超大作になるよね。
    ってか長すぎるよね。今高校生だけどさ、全部おわんのってとっくに社会人とかだよね、こうなると。


    まぁ、純粋にマンガとして感想を言うと久道が好きだなぁ

  • 病の原因てなんなんだろう?と思いながら、杉下萌え。
    春日局が女性だったと知った時の吉宗の汗と緊張した空気に、読んでるこちらも息を飲んだ。

  • 大奥ってこういう話なのか
    思てたのと全然違ってた・・・!
    おもしろいぃぃぃぃぃ!

  • うーん?よしなが節が響かない…。

  • 4巻まで。赤面疱瘡の描写ぐろすぎる。それ以外はまぁ普通

  • 鳥取に旅行に行って止まったホテルに置いてあった。

  • 図書館で借りてみました。・・・これが図書館に置いてあるのがスゴイ。

  • 物語の舞台は日本の江戸時代をモデルとした世界。男子のみが罹る謎の疫病により男子の人口が急速に減少し、儒教思想など当時の概念はそのままであるが、社会運営の根幹や権力は男から女へと移っていく世界を江戸城の大奥を中心に描く。

    一巻は、そういう社会が常識化していた第八代将軍、徳川吉宗の治世から始まる。

    貧乏な武家の息子、水野祐之進(みずのゆうのしん)は、金を稼ぐためとかなわぬ恋のせいでお婿に行きたくないため、大奥に入ることを決意する。

    大奥に入った祐之進は、名を水野と改名し、「御三の間(ごさんのま)」という役職を与えられる。
    新参いじめを受けるが、先輩の杉下(すぎした)さんに助けられながら、なんとかがんばる。

    ふとしたことから剣の腕を大奥総取締役・藤波(ふじなみ)に買われた水野は、一気に大出世して将軍の側室候補、「御中臈(おちゅうろう)」になる。
    そして吉宗の側室になることに…。

    だが、吉宗は新将軍。新将軍と初めて床をともにした男は「ご内証の方(ごないしょうのかた)」といわれ、将軍の体に傷をつけるため死罪になってしまう決まり。

    水野は、その運命を受け入れようとするが、吉宗の温情でこっそり逃がしてもらって、幼馴染+恋人だった薬屋の娘お信のもとで町人として生きることになる。

  • 発想がすごすぎて始めは慣れなかった?けれどどんどん面白くなってハマってしまった。

  • この設定で史実を結構織り込んでくるのがすごいと思う。また、であるからこその面白さ。

  • 歴史苦手でもさくっと読める。

  • 1巻~11巻~(以下続刊)

  • ドラマは観ていたけど始まりは全然違うんだな。衝撃的な幕開けだった。
    絵がさっぱりしてるので好み。

    水野はこれで退場なのかな?
    まだ少し盛り上がりに欠けるけど、続きが気になります。

  • 2015.1.11市立図書館(長女が借りたので、いちおう内容チェックを兼ねて)
    テレビの有功・家光篇でお近づきになったのでそれに先行する映画は見ていなかった。
    8代将軍吉宗から時間をさかのぼってあの話になったのか、と了解。男女逆転、よくできてるなぁ。

  • 今さら読みだしたけど、ほんとジェンダーものをシリアスになりすぎず描くのがうまいなー。荒唐無稽な設定なのに、破綻せず進んでいくのがすごいわ。

全710件中 1 - 25件を表示

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))のKindle版

ツイートする