大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

  • 2484人登録
  • 4.22評価
    • (333)
    • (282)
    • (143)
    • (6)
    • (2)
  • 145レビュー
  • 白泉社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143055

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青桐 ナツ
有効な右矢印 無効な右矢印

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 日本史で習った5代将軍はさておき、この綱吉は愛しい。
    凝り固まった男女間の関係に対する下克上マンガなんだと思えてきました。
    結局最後にこいつだけは勝ち残る的なバカらしい奴が誰もいないのが素晴らしい。

  • シリーズ第五巻の本書では、五代(女)将軍・徳川綱吉が君臨する元禄時代という設定。前巻のラストで大奥総取締の座に就いた右衛門佐(えもんのすけ)の活躍、愛する我が子を失った綱吉の惑乱と狂気、赤穂浪士の討ち入り(別バージョン)の話がメインとなっています。

    有功(永光院)と玉栄(桂昌院)の再会のくだり。「どうかどうかわしを叱って下され」と永光院にすがる桂昌院。権力を持った桂昌院が玉栄に戻った一瞬。まだ家光がいた頃の若い二人を思い出した。エピソードの最後、一コマなのだが小雪がちらつくシーンの冬の寒さと静けさで、感動がさらに深まった。

    巻の最後にまだ10歳の信(吉宗)が登場。綱吉とのやりとりに吉宗の利発さが見て取れる。

  • 綱吉の男漁りが続く。といってもそれは父や周りの者の希望に答えるため。松姫を喪った綱吉の絶望は深い。右衛門佐に少しでも心のうちを吐き出せてよかったのかな・・・ 

    浅野内匠頭と吉良上野介のエピソード、吉良がおばあさんとなるとガラッと印象変わるなあ。

  • 玉栄が普通のジジイに…

  • 1巻だけ読んでたけど5巻まで一気読みした。
    やっぱり面白いしスゴイ。よく出来てるな~って関心する。
    そして5巻のラストで吉宗が…!気になるーーー!!
    でも言葉とかムズかしくて2回読まないと完全には理解できない。
    絵もきれいでお話もすんごい面白いからこれはオススメ☆☆
    でも褥を共にする…他の人が見てるところで…なんかスゴい世界だ。自分の妻が知らない男とどんどん夜を共にするってスゴイよね。
    でもどの時代もステキなラブストーリーに仕上がってる。早く続きが読みたい!10.05読了。

  • とりあえず一気読み。面白かった!
    男女逆転大奥、とだけ言うと、ちょっとホスト的な感じをイメージしますが(作者が作者ですし)、ストーリーがうまく練られているのもあって、かなり重厚な造りになっています。歴史改変部分の解釈が本当に上手いなあ。このお話が最終的に吉宗の時代にどう繋がっていって、最後にどういう幕引きで終わるのか。
    続きが楽しみな漫画です。

  • 大奥と市井の人物との繋がりが希薄な綱吉期。ジェンダーの逆転という特種性はあるが、史実+αの本作の場合、架空の人物がいないと物語の先が読めてしまう。多くの人と感想を異にしそうだが、ジェンダー逆転だけなら、「物語」としては面白いかは微妙(風刺という意味は別儀)。本巻も先の展開が読めてしまい、また、男性が権力者女性に踏みにじられるという描写も余り多くないのでジェンダー批評としても、うーんと言わざるを得なかった。

  • 鳥取に旅行に行って止まったホテルに置いてあった。

  • 2015.2.14市立図書館
    かの「生類憐れみの令」が見事に物語の鍵になっている…それにしても、子を残すためだけに飼い殺される男たちや女将軍…なんと悲しく倒錯した世界。
    そして、このコンテクストで描かれた松之廊下、赤穂浪士の討ち入りの解釈もまたうならされる。
    綱吉の治世も先が見えてきたところで、最後にのちの八代吉宗登場。

  • 五代綱吉(徳子)
    右衛門佐(えもんのすけ)

  • まさかの3P…。というか、そのまま…してくれればいいのにと思ってしまいました。それよりも、登場する男の多いことッ!キャラクターが頭にはいってきません。登場人物紹介ほしいです。

  • 右衛門佐の暗躍をある意味、期待してたんですが、思ったほど悪い人ではなく、何だか拍子抜け。眼鏡君をからかったりと意外と呑気な一面も。でも綱吉の悲哀を受け止めるシーンの二人の絡みは、何も無かったにも関わらず、色艶と緊迫感が濃厚でした。後半どこに行ってしまったのと思うような影の薄さが残念。綱吉の話は段々辛く悲しくなってしまいましたが、吉宗登場で次も楽しみです。しかし眼鏡君と妹の話をもっと掘り下げて描いて欲しかったなー。

  • 綱吉・右衛門佐編。
    世継ぎの死亡、生類憐みの令、赤穂事件と歴史上有名な出来事のオンパレード。

    特に赤穂事件は史実より納得してしまったな。

  • 子を失い、再び子を産むことだけを求められる綱吉が可哀想・・・

    「生類憐れみの令」、「赤穂浪士」・・・
    歴史をもう一度見直したくなる。

  • たゆたう将軍

    【内容】
    綱吉の代。
    子を喪った綱吉に次の跡継ぎが生まれないことを焦る桂昌院。
    生類憐みの令。
    赤穂浪士討ち入り。
    10歳の吉宗登場。

    【感想】
    生き甲斐も幸せも見失った綱吉の彷徨いは今の人の彷徨いでもある。
    なんてね。
    (2013年10月16日読了)

  • ひきつづき家綱編。赤穂浪士のエピソードとか、史実とのリンクが絶妙だなあ。

  • 男女逆転下での赤穂浪士が面白い。

  • 漫画になってる元禄時代ということで・・・牧野は一瞬で出番が終わりますが、城内や着物など参考になる部分も多いです。
    っていうか単純に面白いです。

  • 5巻までtsutayaレンタル。

  • どこまでが史実なんだ?スゴすぎる

  • 虚しさだけが残る。みんなかわいそう。

  • 男女逆転大奥。
    連載中でまだまだ面白くなりそうですが、現時点では綱吉のエピソードが一番好きです。

    かんざしで飾る、年齢を重ねた綱吉の諦観の笑顔とか。病床で圭昌院に、世継ぎを産んでくれと言われたときの間とかその回ラストの表情とか台詞とか。初めて読んだときは背筋が凍りました。
    シンプルな描線の、凄みを堪能できます。

  • レビューを書くのが難しい本です。だって次から次に見どころ読みどころで、何から語っていいのか分からなくなるのです。
    だけど無理やり書いてみると・・・
    子を産む道具だった綱吉の悲劇を書き切ったこと。男の将軍だって子種がなければ政治不安を招いたろうけど、男将軍なら女の気持ちなどかまう必要はなかったわけで。相手をその気にさせなければ始まらない女将軍のつらさは、よしなが版大奥でなければ語りえなかった部分です。
    そして有功を崇拝したがゆえの桂昌院(玉栄)の運命。綱吉に養子ではなく実子をと求め続けたのは、有功を蔑んだ順性院(お夏)の孫を世継ぎにしたくなかったため。生類憐みの令を出したのは、有功の部屋子時代に猫を殺めたことが綱吉に祟っていると信じたため。みんな有功に信望したことから発したこと。なのに永光院(有功)は清廉に、桂昌院(玉栄)は迷いと悔いの中に老いを迎えている。「憎たらしいお方や」と言いながら有功を恨まない桂昌院(玉栄)は、悲しい、哀れな、身近に感じる人物です。
    さらに秋本! 一見恬淡としていながらしぐさに愛嬌があって用心深い切れ者。こんな過去というか裏があったとは。
    他にも柳沢吉保と吉宗の「証を」シーンとか、赤穂浪士の話とか、何というか真に迫っているんですよ。
    私は、よしながふみがいる時代に生きられてよかった・・・・。

  • 発売と同時に購入&読了してたのに、5巻のレビュー書いてませんでした。

    物語は、五代将軍・綱吉の時代がメイン。
    「生類憐みの令」や「赤穂浪士の討ち入り」等、史実に基づいたエピソードも盛りだくさんで、歴史の勉強にもなりそう。
    登場人物もどんどん増えてきて、それぞれの思惑が入り乱れて、どんどんストーリーが複雑になっていく。

    永光院(有功)と桂昌院(玉栄)の再会のシーンが印象深かったです。

    何度でも読み返したくなります。文句なしの☆☆☆☆☆。
    ホントにホントにオススメです。

全145件中 1 - 25件を表示

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)はこんなマンガです

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする