大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

  • 2494人登録
  • 4.22評価
    • (333)
    • (285)
    • (143)
    • (6)
    • (2)
  • 145レビュー
  • 白泉社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143055

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本史で習った5代将軍はさておき、この綱吉は愛しい。
    凝り固まった男女間の関係に対する下克上マンガなんだと思えてきました。
    結局最後にこいつだけは勝ち残る的なバカらしい奴が誰もいないのが素晴らしい。

  • シリーズ第五巻の本書では、五代(女)将軍・徳川綱吉が君臨する元禄時代という設定。前巻のラストで大奥総取締の座に就いた右衛門佐(えもんのすけ)の活躍、愛する我が子を失った綱吉の惑乱と狂気、赤穂浪士の討ち入り(別バージョン)の話がメインとなっています。

    有功(永光院)と玉栄(桂昌院)の再会のくだり。「どうかどうかわしを叱って下され」と永光院にすがる桂昌院。権力を持った桂昌院が玉栄に戻った一瞬。まだ家光がいた頃の若い二人を思い出した。エピソードの最後、一コマなのだが小雪がちらつくシーンの冬の寒さと静けさで、感動がさらに深まった。

    巻の最後にまだ10歳の信(吉宗)が登場。綱吉とのやりとりに吉宗の利発さが見て取れる。

  • 綱吉の男漁りが続く。といってもそれは父や周りの者の希望に答えるため。松姫を喪った綱吉の絶望は深い。右衛門佐に少しでも心のうちを吐き出せてよかったのかな・・・ 

    浅野内匠頭と吉良上野介のエピソード、吉良がおばあさんとなるとガラッと印象変わるなあ。

  • 玉栄が普通のジジイに…

  • 1巻だけ読んでたけど5巻まで一気読みした。
    やっぱり面白いしスゴイ。よく出来てるな~って関心する。
    そして5巻のラストで吉宗が…!気になるーーー!!
    でも言葉とかムズかしくて2回読まないと完全には理解できない。
    絵もきれいでお話もすんごい面白いからこれはオススメ☆☆
    でも褥を共にする…他の人が見てるところで…なんかスゴい世界だ。自分の妻が知らない男とどんどん夜を共にするってスゴイよね。
    でもどの時代もステキなラブストーリーに仕上がってる。早く続きが読みたい!10.05読了。

  • とりあえず一気読み。面白かった!
    男女逆転大奥、とだけ言うと、ちょっとホスト的な感じをイメージしますが(作者が作者ですし)、ストーリーがうまく練られているのもあって、かなり重厚な造りになっています。歴史改変部分の解釈が本当に上手いなあ。このお話が最終的に吉宗の時代にどう繋がっていって、最後にどういう幕引きで終わるのか。
    続きが楽しみな漫画です。

  • 大奥と市井の人物との繋がりが希薄な綱吉期。ジェンダーの逆転という特種性はあるが、史実+αの本作の場合、架空の人物がいないと物語の先が読めてしまう。多くの人と感想を異にしそうだが、ジェンダー逆転だけなら、「物語」としては面白いかは微妙(風刺という意味は別儀)。本巻も先の展開が読めてしまい、また、男性が権力者女性に踏みにじられるという描写も余り多くないのでジェンダー批評としても、うーんと言わざるを得なかった。

  • 鳥取に旅行に行って止まったホテルに置いてあった。

  • 2015.2.14市立図書館
    かの「生類憐れみの令」が見事に物語の鍵になっている…それにしても、子を残すためだけに飼い殺される男たちや女将軍…なんと悲しく倒錯した世界。
    そして、このコンテクストで描かれた松之廊下、赤穂浪士の討ち入りの解釈もまたうならされる。
    綱吉の治世も先が見えてきたところで、最後にのちの八代吉宗登場。

  • 五代綱吉(徳子)
    右衛門佐(えもんのすけ)

全145件中 1 - 10件を表示

よしながふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)はこんなマンガです

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする