大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

  • 2494人登録
  • 4.22評価
    • (333)
    • (285)
    • (143)
    • (6)
    • (2)
  • 145レビュー
  • 白泉社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143055

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どこまでが史実なんだ?スゴすぎる

  • 虚しさだけが残る。みんなかわいそう。

  • 男女逆転大奥。
    連載中でまだまだ面白くなりそうですが、現時点では綱吉のエピソードが一番好きです。

    かんざしで飾る、年齢を重ねた綱吉の諦観の笑顔とか。病床で圭昌院に、世継ぎを産んでくれと言われたときの間とかその回ラストの表情とか台詞とか。初めて読んだときは背筋が凍りました。
    シンプルな描線の、凄みを堪能できます。

  • レビューを書くのが難しい本です。だって次から次に見どころ読みどころで、何から語っていいのか分からなくなるのです。
    だけど無理やり書いてみると・・・
    子を産む道具だった綱吉の悲劇を書き切ったこと。男の将軍だって子種がなければ政治不安を招いたろうけど、男将軍なら女の気持ちなどかまう必要はなかったわけで。相手をその気にさせなければ始まらない女将軍のつらさは、よしなが版大奥でなければ語りえなかった部分です。
    そして有功を崇拝したがゆえの桂昌院(玉栄)の運命。綱吉に養子ではなく実子をと求め続けたのは、有功を蔑んだ順性院(お夏)の孫を世継ぎにしたくなかったため。生類憐みの令を出したのは、有功の部屋子時代に猫を殺めたことが綱吉に祟っていると信じたため。みんな有功に信望したことから発したこと。なのに永光院(有功)は清廉に、桂昌院(玉栄)は迷いと悔いの中に老いを迎えている。「憎たらしいお方や」と言いながら有功を恨まない桂昌院(玉栄)は、悲しい、哀れな、身近に感じる人物です。
    さらに秋本! 一見恬淡としていながらしぐさに愛嬌があって用心深い切れ者。こんな過去というか裏があったとは。
    他にも柳沢吉保と吉宗の「証を」シーンとか、赤穂浪士の話とか、何というか真に迫っているんですよ。
    私は、よしながふみがいる時代に生きられてよかった・・・・。

  • 発売と同時に購入&読了してたのに、5巻のレビュー書いてませんでした。

    物語は、五代将軍・綱吉の時代がメイン。
    「生類憐みの令」や「赤穂浪士の討ち入り」等、史実に基づいたエピソードも盛りだくさんで、歴史の勉強にもなりそう。
    登場人物もどんどん増えてきて、それぞれの思惑が入り乱れて、どんどんストーリーが複雑になっていく。

    永光院(有功)と桂昌院(玉栄)の再会のシーンが印象深かったです。

    何度でも読み返したくなります。文句なしの☆☆☆☆☆。
    ホントにホントにオススメです。

  • あまり評価の宜しくない綱吉の治世。有功が出てきて、ついに一回転。黄門様は?

  • 生類憐みの令はやはりいけてないし、忠臣蔵のくだりもこの大奥の世界での解釈があって、史実をどう見るか再考した。

  • 2〜4巻まで暗い話が続いていたけれど、ここに来て繋がって最初に戻るんですね。

  • 懐かしい面々が

  • 2012 2/19読了。WonderGooで購入(古書)。
    綱吉編の続きから。右衛門佐は総取締としての地位を確かにする一方、綱吉の治世は迷走し、生類憐れみの令、そして赤穂浪士の討ち入りへ。
    まさかここで今更、桂昌院の若紫殺しのエピソードが出てきて生類憐れみの令につながるとは。
    浅野内匠頭と吉良上野介のすれ違いも、内匠頭が男性で吉良が女性で、感性のすれ違いで起こった・・・って感じだと吉良が何も悪くなく見えるから不思議。

    綱吉の過去回想での柳沢吉保との経緯(桂昌院との逢瀬を目撃される⇒忠義の証に綱吉が吉保の膝に小刀を突き立てて、吉保があえぐ)が、なんか凄い痛いことをしてるはずなのにとんでもなくエロく見える。

全145件中 21 - 30件を表示

よしながふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする