大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

  • 2494人登録
  • 4.22評価
    • (333)
    • (285)
    • (143)
    • (6)
    • (2)
  • 145レビュー
  • 白泉社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143055

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 登場人物みなが魅力的だけど綱吉が可哀想でかわいい。救いがない話が多いけど重苦しくなく読めるよしながふみの絵柄や独特の間が素敵。でもやはり発想だけでなくてストーリーが素晴らしいとおもう。
    ラストも考えてるだろうし、一年に一冊の単行本ペースでなんとか10年以内に最後まで読めるといいなー。

  • 12月、松竹系にて公開。映画化原作本 ツタヤコミックレンタル貸出にて 堺雅人さん主演(右衛門佐役)

  • 私綱吉さま好きだよ…。

  • 1巻で玉栄が手にかけた若紫がここになって出てくる。
    すごい伏線!!
    まさか1巻のあの出来事が「生類憐みの令」につながるとは・・・!

    赤穂浪士のお話もちゃんと自然に入れてくるところもさすが・・・。
    男女逆転してるのにちゃんと歴史的事件を入れてくるところはさすがだと思う。

    「月のものなどもうとうにきておらぬわ・・・!」のシーンは衝撃だった。
    若く見えるから全然わかんなかった。
    それでも父親のために続ける綱吉が切なすぎる。

  • 右衛門佐の綱吉様への共感と慕情、吉保の執着心も見えつつ、どれも綱吉本人にはしっかりとは届かず…
    壊れきった玉栄と生類憐れみの令のくだりはかなり辛かった。
    歴史をしっかり知っているわけではないのですが、この先もこういった悲しい運命ばかりなんだろうなあ

  • 綱吉の、壊れていく描写がすごい

  • みんな、むなしいなあ

  • 再読。綱吉の生き方がかなしいね

  • 2011/05/09:コミックレンタルにて読了。

  • 有功と玉栄の再会で泣いた

全145件中 31 - 40件を表示

よしながふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする