大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

  • 2494人登録
  • 4.22評価
    • (333)
    • (285)
    • (143)
    • (6)
    • (2)
  • 145レビュー
  • 白泉社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143055

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了:2011/2/13

    若紫…そこに持ってきますか…もう唸るしかない。

    綱吉の狂った高笑いの場面が好き。
    綱吉の孤独と、理解されなさと、自虐が、狂気の笑いに乗せられてこちらの世界に届くかのよう。

  • 男女逆転の舞台装置は二次的な要素に過ぎない。各々の立場ならではの逃げられない矛盾と葛藤、諦め。飛び抜けて写実的とは言えない画風なのに、目つきが異なる感情を雄弁に物語る。黒インクだけの画面なのに自害の場面などは生々しく、血を吸った畳やその匂いが浮かぶほど。
    五巻まで読んで一番リアルだったのは、大奥を牛耳る藤波(男)が声を荒げ、切れ者の加納久通(女)が思わず口を閉ざし、殿方は声が大きいと洩らすところ。普通の大きさでも済む場面で男性が繰り出す大声は、相手をねじ伏せ恐怖感を抱かせる。無力感を感じる瞬間。この漫画で最も現実を感じた部分だった。

  • 憲法を勉強する人にもぜひ読んでほしい一冊。

  • 面白かった!

  • パラレルなのに時代の辻褄あってるし、その時代の人の哀しみが描かれているなぁと。家光には有功という救いがあったけど、綱吉には救いがない。松姫もなくしちゃ甲斐もない。狂うわよね。将軍としても母としても娘としても辛い立場だった。吉宗との出会いが、早ければ救われたのかな?と思ったけれど、史実と違うので思っただけです。

  • はぁ………(嘆息)。

  • 家光も切なかったけど綱吉もまた辛い…
    <犬公方>と呼ばれた5代将軍、女将軍綱吉。
    たったひとりの子を失い、また子を産むためにさまざまな男に抱かれ
    どんどん虚ろになっていく姿が…
    最後に吉宗の登場に救われた。
    次の展開がまた楽しみ。

    2010.10定価購入  /  2010.10.30読了

  • つなぎの巻。見覚えのある人がちらほらと。

  • 吉宗登場!!

  • 相変わらず物悲しい…みんな、孤独。
    5年前からのファンとしては、映画が気になる。
    イメージでは、吉宗はいいとして、水野は、ちょっと違うかな。
    個人的に久道のファンです。

全145件中 41 - 50件を表示

よしながふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする