大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

  • 2484人登録
  • 4.22評価
    • (333)
    • (282)
    • (143)
    • (6)
    • (2)
  • 145レビュー
  • 白泉社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143055

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青桐 ナツ
有効な右矢印 無効な右矢印

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • よしながふみはBOYS LOVE系の漫画家さんですが、小説でいう「行間」の部分にうまく情感が込められていて上手いです。ただ...いい男の顔が皆同じに見えて、戸惑うことがままあります(;-_-)歴史物は登場人物が多いので...話はたいそうおもしろうございますm(__)m

  • いい場面が多すぎて何度も何度も読み返してしまう作品。

  • いつもながら、良く出来てる。

  • さすがだなあ。浅野内匠頭の解釈が、また。
    このあと、どのように展開して収束していくのか、見えなくて楽しみ。

  • 将軍となっても切ない女性と云う存在。

  • マジでこれ、江戸歴代全部やるんでしょうか。すげ…。
    忠臣蔵とかそういうとこまで出てきて相当本格的にメジャーどころを全部おさえて作りこんでくるんだなあと。

  • それぞれの将軍がそれぞれに魅力的に描かれているが、今回も然り。美しく気高く、したたかで、たくましく、淋しく哀しい、「将軍」という存在=「生む機械」。
    赤穂浪士や柳沢吉保の「大奥」的描写も面白かった。

  • 五巻まできても失速しないのがすごい。
    それどころか三代目の頃の話をひっぱってきて生類憐れみの令につなげたりするあたりが想像できなかったのであっけにとられた。
    それから殿中でござる(笑)もありますね~。
    女中心の時代にまた男が戻ってくるやも、というような伏線。
    しかしまあこの人はフェミニズムにかたよったきらいがあるなあ。
    柳沢吉保と綱吉の関係はいかにもよしながふみ的である。BLを置き換えたものと言ってもいいんじゃないだろうか。

    最後は吉宗が登場。わくわくした。これからが楽しみ。

  • ひさびさの新刊。男女逆転大奥、綱吉時代後篇。
    悪法として名高い生類憐みの令の新解釈。「こう繋がるか!」と。
    刃傷松の廊下、赤穂浪士の討ち入りも「この余勢なら」という視線が新鮮。

    にしても、綱吉さまはセクシィでいらっしゃる。

  • まだ買って無い
    ここらへんから雑誌でおいかけるのやめたから、まっさらで読める
    楽しみ

  • うーん、相変わらず将軍様の生きざまが壮絶です。。。

    男のみに罹る流行り病で、男性人口が激減。
    そのため家督を継ぐのも、家を取り仕切るのも女性が担っているというパラレル江戸時代のお話です。
    もちろん将軍様も女性の、「逆転大奥物語」(つまり大奥は男の花園ってことです。。。)

    この話、読めば読むほど男と女という性のふかーい断絶をしみじみと感じてしまいます。
    男女平等を謳う今の社会が実際には決してそうではないように、
    この物語を読んでいると、男女平等なんて幻想なんだってなーと思います。
    平等である必要なんてないよね?
    必要なのは、互いの違いを認め尊重することではないかと思うのですが。
    それに気づかない限り、この物語の悲劇は決して終わらないでしょう。

    次巻からは、ついに吉宗の時代にもどるのでしょうか。
    将軍吉宗時代からはじまった大奥。よく考えたらこの過去話は吉宗が徳川家の歴史を読んでるっていう設定だったんだよね。。。
    男女逆転の秘密を知った吉宗が、今後どのような行動をとるのか?
    楽しみです。

  • 綱吉時代後半戦。

    生類憐みの令やら、赤穂浪士事件やら…歴史的大事件が登場!
    意外とあっさりとした扱いだったけど、これまたさもありなんという。上手い!
    悪法は悪法だけど…そうせざるをえなかった綱吉の苦悩が…
    赤穂浪士事件にしても、男女逆転の設定を上手く使ってるし。
    これまで伝えられてきた客観的事実のイメージを崩さないまま背景を上手く描いてるから真相はまさかそうだったんじゃないか!?という説得力アリ。

    幼少期の吉宗も登場!続きが早く読みたい!!

  • 1巻から読みなおし。
    おもしろい!!!

  • やっぱりいい。よしながふみ

  • よしながふみはやっぱりすごい・・・

  • とりあえず帯の“実写化”にびびった。
    その後アニメ化かな?

    色々と贅沢な1冊でした。

  • 忠臣蔵という史実を、このように使うんだとちょっとびっくり。確かに女の視点からは、生臭い話ではあるなあ。有功様、まだ生きてたんですね。

  • 8代目!8代目!!!

  • 男女逆転大奥、という発想はすばらしい。
    もうそこからして「おもしろいだろう」という予感をさせる作品だったけれど、ここにきて鳥肌が立つ想い・・・。

    人間描写の奥深さというか、今回は2回「おおおお」と思わされ、身震いしました。
    男が女に男を次々とあてがっていく、その怒濤の、たたみかけるコマワリもすさまじかったけれど、それが描いた果てにあったもの。
    ぞっとするというかなんというか。
    深い暗闇を覗き込んでいたところ、そのまま背中をぽんっと押されてしまった感じ。

    もうひとつは、ラスト、吉宗との最初で最後の邂逅で。
    綱吉という「女」のもつ宿業がこれでちょっと溶けたのかなーと思ったら、なぜだか哀しくなってしまった。

    ともかく、発想ですごいのに、そこにとどまらずに人物造形にうならされる作品です。

    欲を言えば、歴史の流れというかその辺をもうちょっと描いてほしいきもしますが、あんまり欲張らない方がいいか。

  • お、面白い!!将軍は前巻に引き続き、綱吉。で、綱吉といえば付き物の生類憐れみの令のきっかけがアレだったなんて!! 実は、チリッと気になっていた出来事だっただけに、よしなが先生、ここで使おうと思っての伏線だったんですか〜〜〜と。また、赤穂浪士の仇討ちによって、前の時代よりまた一つ制度が変わってしまう、というあたり、なんかすっごく必然性がある、と思わせられるのはさすがですよね。ネタバレです。4巻でひっそりと息を引き取った家光。で、有功も表舞台から消え、どんどん人が出て消えて、の繰り返しならつまらないなぁ、と思っていたら、5巻でちゃんと出番が用意されていて、俄然、物語に奥行きが出てくるのが面白い!ネタばれ終わり祐筆・村瀬の存在が意外に大きいことに今回気づき、彼に注目して、1巻から一気に再読してみたら、これもまたよく出来ていること!!男女同数いた時代から、男が減り、考え方や制度が変わってきた時代、そしてそれが当たり前になっている時代、と変革していく様子が村瀬の視線で見ると、また非常に面白いです。

  • 男女逆転大奥5巻。生類憐れみの令に忠臣蔵・・・。

  • 毎回読んだ後、実は日本の歴史はホントはこれなんじゃないか?と思うw 綱吉の狂気が切なかった。裏忠臣蔵も秀逸!

  • 綱吉の巻。
    切なくなる。人間味あふれる登場人物たちが愛おしいと思う。漸く繋がりそうで、6巻が楽しみです。

全145件中 101 - 125件を表示

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする