大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

  • 2494人登録
  • 4.22評価
    • (333)
    • (285)
    • (143)
    • (6)
    • (2)
  • 145レビュー
  • 白泉社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143055

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どろどろと思惑と因縁が飛び交う様はとても大奥!という感じ。
    本当にこんな世界があったような錯覚が面白い。
    そして女の将軍というものがある意味とてもリアルに描かれていると思った。
    凄く可哀想。

  • そうきましたか、忠臣蔵。ちょっと駆け足の感じですが、その結果でそういうことね。見事です。
    家光も辛かったけど、綱吉も辛い。しかし子供のうちから、吉宗は吉宗だなあ。
    まだまだ先が楽しみです。

  • もう一度1巻から読み返したいです(借りて読んでるので手元にない)。・・・好きなジャンルの話とはいえないけど・・・傑作ですね、このマンガ。
    綱吉が愛しく思えるのはスゴイ。・・・買い揃えたい衝動もありますが、数年後、文字が読めるようになる筈の幼子には目に触れさせたくない(笑)。男性にも敬遠されるかな・・・?そんな類のマンガです。

  • この巻でひとまず休憩します。
    設定は素晴らしいしと思うのですが、その設定も結局ボーイズラブをカモフラージュするためのものに思えてします。
    どなたか、もし、6巻以降の展開が、「男性こそ読むべき」というものなら是非ご連絡いただけると嬉しいです!

  • 5巻まで大事に大事に一気読みしました。
    思いのほか物語が大きく、そして重いのにびっくり。
    じっくり読みたくなる物語です。

  • ただただ、圧巻!!!
    世継ぎを残す、ただそれだけのために大奥がどんどん馬鹿騒ぎを大きくしていく中で、娘を亡くした徳子(女・綱吉)の表情がどんどん虚ろなものになっていくのが恐いです。
    そして、人は悲しくても笑うのだと思いました。この巻で徳子の笑っている場面の多いこと!特に、最後に少女時代の吉宗と邂逅し、大笑いする老将軍・徳子の場面はぐっときました。少女・吉宗の言葉に自分のこれまでの人生を笑ってしまわずにはいられなかったのでしょう。

    続きが気になる漫画です!

  • 図書館の本

    綱吉の時代。生類憐みの令、そして赤穂浪士。そうやって書かれると納得しちゃうね。そっか、メンツね。それが始まりかぁ。
    有功が出てくるとは思わなかった。うん、そんな感じ。彼は変わらない。そして玉栄はどの立場になっても変わらないのねぇ。
    綱吉から吉宗へ。次の巻にあるだろう世代交代も気になります。

  • よしながさんはすごく業の深い話を描く人だなぁ。
    面白い!怖いけど。
    漫喫にて。

  • “犬公方”と呼ばれた、女将軍。

  • 綱吉といえば、徳川の中で有名な方だと思うがそれはどちらかといえば悪名だ。そして私も正直嫌いというか愚かだと思っていた。
    なのに、女性だというだけで可哀そうになる。同じような境遇で同じようなことをしても男だと愚かで女だと可哀そうだと感じる自分に気がつく

全145件中 51 - 60件を表示

よしながふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする