大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

  • 2474人登録
  • 4.22評価
    • (332)
    • (281)
    • (143)
    • (6)
    • (2)
  • 145レビュー
  • 白泉社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143055

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • おもしろいよ、おもしろいけど顔判別がきつくなってきたよ!

  • 徳川全部やると思いませんでした。ちょっと目新しさがなくなってきたかな……。

  • いつもながら、良く出来てる。

  • とりあえず帯の“実写化”にびびった。
    その後アニメ化かな?

    色々と贅沢な1冊でした。

  • 忠臣蔵という史実を、このように使うんだとちょっとびっくり。確かに女の視点からは、生臭い話ではあるなあ。有功様、まだ生きてたんですね。

  • 8代目!8代目!!!

  • 男女逆転大奥、という発想はすばらしい。
    もうそこからして「おもしろいだろう」という予感をさせる作品だったけれど、ここにきて鳥肌が立つ想い・・・。

    人間描写の奥深さというか、今回は2回「おおおお」と思わされ、身震いしました。
    男が女に男を次々とあてがっていく、その怒濤の、たたみかけるコマワリもすさまじかったけれど、それが描いた果てにあったもの。
    ぞっとするというかなんというか。
    深い暗闇を覗き込んでいたところ、そのまま背中をぽんっと押されてしまった感じ。

    もうひとつは、ラスト、吉宗との最初で最後の邂逅で。
    綱吉という「女」のもつ宿業がこれでちょっと溶けたのかなーと思ったら、なぜだか哀しくなってしまった。

    ともかく、発想ですごいのに、そこにとどまらずに人物造形にうならされる作品です。

    欲を言えば、歴史の流れというかその辺をもうちょっと描いてほしいきもしますが、あんまり欲張らない方がいいか。

  • お、面白い!!将軍は前巻に引き続き、綱吉。で、綱吉といえば付き物の生類憐れみの令のきっかけがアレだったなんて!! 実は、チリッと気になっていた出来事だっただけに、よしなが先生、ここで使おうと思っての伏線だったんですか〜〜〜と。また、赤穂浪士の仇討ちによって、前の時代よりまた一つ制度が変わってしまう、というあたり、なんかすっごく必然性がある、と思わせられるのはさすがですよね。ネタバレです。4巻でひっそりと息を引き取った家光。で、有功も表舞台から消え、どんどん人が出て消えて、の繰り返しならつまらないなぁ、と思っていたら、5巻でちゃんと出番が用意されていて、俄然、物語に奥行きが出てくるのが面白い!ネタばれ終わり祐筆・村瀬の存在が意外に大きいことに今回気づき、彼に注目して、1巻から一気に再読してみたら、これもまたよく出来ていること!!男女同数いた時代から、男が減り、考え方や制度が変わってきた時代、そしてそれが当たり前になっている時代、と変革していく様子が村瀬の視線で見ると、また非常に面白いです。

  • 男女逆転大奥5巻。生類憐れみの令に忠臣蔵・・・。

  • 毎回読んだ後、実は日本の歴史はホントはこれなんじゃないか?と思うw 綱吉の狂気が切なかった。裏忠臣蔵も秀逸!

  • 綱吉の巻。
    切なくなる。人間味あふれる登場人物たちが愛おしいと思う。漸く繋がりそうで、6巻が楽しみです。

  • 男女逆転させると一気に現代に近くなる不思議。
    圧倒的に選ぶ立場かと思わせた将軍綱吉が選ばれる側になる逆転が鮮やか。
    読まず嫌いの人がいたら非常にもったいないと思う。

  • 09.09.29

    前回の内容を忘れてる…。読み直さなくては。

  • 相変わらず面白い。
    ただし、今まで感じてた「女怖い!」っていう凄み部分が少ない気がする。

    五代将軍 綱吉から吉宗へ。
    江戸幕府は15代将軍になるわけだけれども、ここから10代どう見せるんだろう。

  • よしながふみの描く表情は
    なんでこんなに生き生きしてるのかなー。
    大奥に漂う感情は負の感情の方が圧倒的に多いんだけど
    だからこそ人間臭くて露骨で魅了される。

    ちなみにいつも年末に出てたので
    暑い時期に大奥を読むのは不思議な感じがします。

    あと浅野内匠頭の下まつげが気になった。下睫毛。ラテン系。

  • 軽度ながらも水戸藩萌えとしては、宗家と、尾張・紀伊の二家と、水戸の微妙なバランス関係を、この話でみてみたい気もするんだけどなぁ。
    その辺は弄らないかしら。

    四十七士の件に関して綱吉は、間違ったこと一切言ってない。
    打首でもいいよ。ホントだよ。まったくだよ。
    年末に毎回逆恨み時代劇やるの、ホントいいかげんやめようよ。

    男どものほうでは、『男好き』と思っているようだけど、男を憎んでいるんだろうなぁ…将軍さま。

全145件中 126 - 145件を表示

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする