大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

  • 2494人登録
  • 4.22評価
    • (333)
    • (285)
    • (143)
    • (6)
    • (2)
  • 145レビュー
  • 白泉社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143055

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 綱吉の男漁りが続く。といってもそれは父や周りの者の希望に答えるため。松姫を喪った綱吉の絶望は深い。右衛門佐に少しでも心のうちを吐き出せてよかったのかな・・・ 

    浅野内匠頭と吉良上野介のエピソード、吉良がおばあさんとなるとガラッと印象変わるなあ。

  • 綱吉・右衛門佐編。
    世継ぎの死亡、生類憐みの令、赤穂事件と歴史上有名な出来事のオンパレード。

    特に赤穂事件は史実より納得してしまったな。

  • たゆたう将軍

    【内容】
    綱吉の代。
    子を喪った綱吉に次の跡継ぎが生まれないことを焦る桂昌院。
    生類憐みの令。
    赤穂浪士討ち入り。
    10歳の吉宗登場。

    【感想】
    生き甲斐も幸せも見失った綱吉の彷徨いは今の人の彷徨いでもある。
    なんてね。
    (2013年10月16日読了)

  • 5巻までtsutayaレンタル。

  • 虚しさだけが残る。みんなかわいそう。

  • 読了:2011/2/13

    若紫…そこに持ってきますか…もう唸るしかない。

    綱吉の狂った高笑いの場面が好き。
    綱吉の孤独と、理解されなさと、自虐が、狂気の笑いに乗せられてこちらの世界に届くかのよう。

  • はぁ………(嘆息)。

  • つなぎの巻。見覚えのある人がちらほらと。

  • どろどろと思惑と因縁が飛び交う様はとても大奥!という感じ。
    本当にこんな世界があったような錯覚が面白い。
    そして女の将軍というものがある意味とてもリアルに描かれていると思った。
    凄く可哀想。

  • すごい才能だとは思わないんだけど、何だろう、この人の作品はそれでも惹かれてしまう何かがあるんだよな。あの儚げな感じだろうか。特にあの目の。遠くを見ている目。(10/1/5)

よしながふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする