大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

  • 2477人登録
  • 4.22評価
    • (332)
    • (281)
    • (143)
    • (6)
    • (2)
  • 145レビュー
  • 白泉社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143055

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青桐 ナツ
有効な右矢印 無効な右矢印

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 日本史で習った5代将軍はさておき、この綱吉は愛しい。
    凝り固まった男女間の関係に対する下克上マンガなんだと思えてきました。
    結局最後にこいつだけは勝ち残る的なバカらしい奴が誰もいないのが素晴らしい。

  • 1巻だけ読んでたけど5巻まで一気読みした。
    やっぱり面白いしスゴイ。よく出来てるな~って関心する。
    そして5巻のラストで吉宗が…!気になるーーー!!
    でも言葉とかムズかしくて2回読まないと完全には理解できない。
    絵もきれいでお話もすんごい面白いからこれはオススメ☆☆
    でも褥を共にする…他の人が見てるところで…なんかスゴい世界だ。自分の妻が知らない男とどんどん夜を共にするってスゴイよね。
    でもどの時代もステキなラブストーリーに仕上がってる。早く続きが読みたい!10.05読了。

  • とりあえず一気読み。面白かった!
    男女逆転大奥、とだけ言うと、ちょっとホスト的な感じをイメージしますが(作者が作者ですし)、ストーリーがうまく練られているのもあって、かなり重厚な造りになっています。歴史改変部分の解釈が本当に上手いなあ。このお話が最終的に吉宗の時代にどう繋がっていって、最後にどういう幕引きで終わるのか。
    続きが楽しみな漫画です。

  • 漫画になってる元禄時代ということで・・・牧野は一瞬で出番が終わりますが、城内や着物など参考になる部分も多いです。
    っていうか単純に面白いです。

  • レビューを書くのが難しい本です。だって次から次に見どころ読みどころで、何から語っていいのか分からなくなるのです。
    だけど無理やり書いてみると・・・
    子を産む道具だった綱吉の悲劇を書き切ったこと。男の将軍だって子種がなければ政治不安を招いたろうけど、男将軍なら女の気持ちなどかまう必要はなかったわけで。相手をその気にさせなければ始まらない女将軍のつらさは、よしなが版大奥でなければ語りえなかった部分です。
    そして有功を崇拝したがゆえの桂昌院(玉栄)の運命。綱吉に養子ではなく実子をと求め続けたのは、有功を蔑んだ順性院(お夏)の孫を世継ぎにしたくなかったため。生類憐みの令を出したのは、有功の部屋子時代に猫を殺めたことが綱吉に祟っていると信じたため。みんな有功に信望したことから発したこと。なのに永光院(有功)は清廉に、桂昌院(玉栄)は迷いと悔いの中に老いを迎えている。「憎たらしいお方や」と言いながら有功を恨まない桂昌院(玉栄)は、悲しい、哀れな、身近に感じる人物です。
    さらに秋本! 一見恬淡としていながらしぐさに愛嬌があって用心深い切れ者。こんな過去というか裏があったとは。
    他にも柳沢吉保と吉宗の「証を」シーンとか、赤穂浪士の話とか、何というか真に迫っているんですよ。
    私は、よしながふみがいる時代に生きられてよかった・・・・。

  • 発売と同時に購入&読了してたのに、5巻のレビュー書いてませんでした。

    物語は、五代将軍・綱吉の時代がメイン。
    「生類憐みの令」や「赤穂浪士の討ち入り」等、史実に基づいたエピソードも盛りだくさんで、歴史の勉強にもなりそう。
    登場人物もどんどん増えてきて、それぞれの思惑が入り乱れて、どんどんストーリーが複雑になっていく。

    永光院(有功)と桂昌院(玉栄)の再会のシーンが印象深かったです。

    何度でも読み返したくなります。文句なしの☆☆☆☆☆。
    ホントにホントにオススメです。

  • 2012 2/19読了。WonderGooで購入(古書)。
    綱吉編の続きから。右衛門佐は総取締としての地位を確かにする一方、綱吉の治世は迷走し、生類憐れみの令、そして赤穂浪士の討ち入りへ。
    まさかここで今更、桂昌院の若紫殺しのエピソードが出てきて生類憐れみの令につながるとは。
    浅野内匠頭と吉良上野介のすれ違いも、内匠頭が男性で吉良が女性で、感性のすれ違いで起こった・・・って感じだと吉良が何も悪くなく見えるから不思議。

    綱吉の過去回想での柳沢吉保との経緯(桂昌院との逢瀬を目撃される⇒忠義の証に綱吉が吉保の膝に小刀を突き立てて、吉保があえぐ)が、なんか凄い痛いことをしてるはずなのにとんでもなくエロく見える。

  • 12月、松竹系にて公開。映画化原作本 ツタヤコミックレンタル貸出にて 堺雅人さん主演(右衛門佐役)

  • 私綱吉さま好きだよ…。

  • 右衛門佐の綱吉様への共感と慕情、吉保の執着心も見えつつ、どれも綱吉本人にはしっかりとは届かず…
    壊れきった玉栄と生類憐れみの令のくだりはかなり辛かった。
    歴史をしっかり知っているわけではないのですが、この先もこういった悲しい運命ばかりなんだろうなあ

  • 綱吉の、壊れていく描写がすごい

  • 憲法を勉強する人にもぜひ読んでほしい一冊。

  • 家光も切なかったけど綱吉もまた辛い…
    <犬公方>と呼ばれた5代将軍、女将軍綱吉。
    たったひとりの子を失い、また子を産むためにさまざまな男に抱かれ
    どんどん虚ろになっていく姿が…
    最後に吉宗の登場に救われた。
    次の展開がまた楽しみ。

    2010.10定価購入  /  2010.10.30読了

  • 相変わらず物悲しい…みんな、孤独。
    5年前からのファンとしては、映画が気になる。
    イメージでは、吉宗はいいとして、水野は、ちょっと違うかな。
    個人的に久道のファンです。

  • もう一度1巻から読み返したいです(借りて読んでるので手元にない)。・・・好きなジャンルの話とはいえないけど・・・傑作ですね、このマンガ。
    綱吉が愛しく思えるのはスゴイ。・・・買い揃えたい衝動もありますが、数年後、文字が読めるようになる筈の幼子には目に触れさせたくない(笑)。男性にも敬遠されるかな・・・?そんな類のマンガです。

  • ただただ、圧巻!!!
    世継ぎを残す、ただそれだけのために大奥がどんどん馬鹿騒ぎを大きくしていく中で、娘を亡くした徳子(女・綱吉)の表情がどんどん虚ろなものになっていくのが恐いです。
    そして、人は悲しくても笑うのだと思いました。この巻で徳子の笑っている場面の多いこと!特に、最後に少女時代の吉宗と邂逅し、大笑いする老将軍・徳子の場面はぐっときました。少女・吉宗の言葉に自分のこれまでの人生を笑ってしまわずにはいられなかったのでしょう。

    続きが気になる漫画です!

  • “犬公方”と呼ばれた、女将軍。

  • 吉宗と対面した将軍が高笑いした所で鳥肌がたった。
    歴史の繋がりを感じました。

  • やっぱ大奥はおもしろいっすよ。
    ドラマはいまいちキャストが合ってない気がするけど。。
    おもろいドラマになればよいですな。

  • ここまで読んだ、とりあえず。面白いし、ふみさんは頭いいなあと一頻り感心した。今のところ一番好きなのが1巻の水野の話。

  • 映画化が決定した作品。
    素晴らしいの一言です。江戸という時代を振り返るということと男女というものを考えるということができる一冊。

  • もうさ、なんでしょうね。このマンガ。多分、傑作。

    将軍家、大奥の話を、男女逆転させただけで(あえて“だけ”と言うけども)
    男故、女故のせつなさ、やりきれなさがこんなにも描けるものかと、感心。
    しかも、登場人物やそのエピソードが、史実とうまく合わせてあって
    こんなにも緻密に構成できるものかと、また感心。
    最後に、キーマンのキーになるシーンを美しく描ききるその画力に
    もう一度感心、と。

    とくに5巻は、ドラマチックだった家光編とはまた違う見せ方で、
    「よしなが先生、すごすぎる…」とため息をついた。
    映画化なんて、冗談辞めてよ、と言いたいです。

  • 好きだ。結婚しよう。

    と作者に求愛したくなる。

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする