大奥 第9巻 (ジェッツコミックス)

  • 1653人登録
  • 4.24評価
    • (189)
    • (198)
    • (67)
    • (3)
    • (2)
  • 124レビュー
  • 白泉社 (2012年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143093

大奥 第9巻 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実写化したところで面白さは伝わらないと思うんだけどなぁ

  • うかうかしてる間に新刊が出ていた。
    もうこのあたりの歴史、完全に忘れてる・・・(泣)

  • 何となく史実(源内と意次の)を知っていると、この後の展開は少なからず分るが、それでもそれを“読ませてくれる”だろうという期待感がこの作家さんにはある。

  • 平賀源内大活躍。
    ここであえての百合。
    病の止め方から目が離せない。

    サボンで手洗い大事。

  • かっこいいヒロインもヒーローもいない9巻。だから地味な人たちの輝きが見えます。
    混血であることへの差別に負けず、医学に燃える吾作。家治の正室五十宮がみた学問の夢。吾作だからわかる五十宮の夢の楽しさと儚さ。
    大奥全編の中で、決して長くはない五十宮の出番ですが、忘れ難い人物となりました。
    次の巻がまた江島事件のような展開になりそうで、気が重い終わり方です。しかしそこはよしながふみ、陥穽をどう魅せてくれるか、恐いもの見たさで待ち望む10巻です。

  • 赤面疱瘡の原因を解明する動きが大奥内でも生まれる。その多くでは、田沼意次が老中となり目立つ裏で、将軍争いがヒートアップしはじめる。そんな中をのびのびと動き回る平賀源内。史実でもこんな色男?だったのだろうか。
    男女逆転の状況をどのように男女同数に近づけるのか。物語も佳境に差し掛かっているが、続きが気になる。吉宗が望む社会とはどのような社会だったのだろうか。

  • 昨日何食べたと連続で読んで、全く別世界なのがすごい。同じよしなが作品だってことを、少し忘れてしまう。

  • 物語も佳境に。ほんとによく作り込まれています。感染症や漢方薬の説明も「納得」で、すごい勉強ぶりに感動です。ただ、物語が作り込まれすぎているのか、初期のぶわっと感情がほとばしってくるような感動は、、、

  • 田沼意次は、現代視点から見ると実は面白い政治家。大石慎三郎氏らが唱える意次像を割に反映している印象かな。◆単純な男女の愛憎劇を越えてきて、面白くなってきた感が強い。◆ちなみに、男性人口が赤面疱瘡で減少。こういう世界観が、ホントに女権社会を構築するかという根本的な疑問もないではない。数が少ない男性は希少価値を持ち、全国規模ならば少ない男性を巡り女性が競争。つまり男性に選択肢が増える一方、女性は男性を選べない。政治家もその数少なくなった男性が担うなんてことにならないのかな、と愚にもつかない感想が…。

  • 2016.10.23市立図書館(長女)
    九代家重から十代家治へ。田沼意次の台頭、長崎から源内がスカウトしてきた蘭方医青沼(吾作)が大奥御右筆になり黒木良順と出会う。一方、家重の妹たちは田安家、一橋家とそれぞれ御三卿となるが、その娘たちが次期将軍の座を狙ってしのぎを削り(う〜、こわこわ…)、家治に重用される田沼やそのとりたてによって活躍する人望厚い青沼は目の敵に…
    赤面疱瘡の研究は治療法から予防法への発想の転換(へ至る展開)がお見事! 源内の報告やアイデアで解決に向かうのかは次号を待て。 
    かつては周囲の目をごまかすために男装して虚勢を張った家光をおもうと、男装でどこへでも自在に入り込む源内の闊達さに時代の移り変わりを感じる(もっとも男女ないのは服装だけでなさそうで…)。また、家治の御台所、五十宮倫仁の人知れぬ苦悩にはかつての有功の姿が思い出された。

全124件中 1 - 10件を表示

よしながふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大奥 第9巻 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大奥 第9巻 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大奥 第9巻 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

大奥 第9巻 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする