ベルセルク 34 (ジェッツコミックス)

  • 803人登録
  • 3.96評価
    • (66)
    • (62)
    • (52)
    • (8)
    • (2)
  • 50レビュー
著者 : 三浦建太郎
  • 白泉社 (2009年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592144342

ベルセルク 34 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グイン・サーガとの類似点を知ってしまってから、なんだかな。
    最近の連載状況も相俟って、今後は古本で充分。

  • セルピコがしんだら読むのやめようと思ってます

  • なんだかスペクタクルって感じだ。

  • 2016.2.19 読了

  • 1~34巻まで一気読みしたので、こちらに感想をまとめます。
    とても面白かったです。『蝕』編まで作られていたアニメ版に衝撃を受けて以来、いつか完結したら絶対読もうと思ってずっと待っていたのになかなか完結しないのでとりあえず現在電子書籍で配信されているところまで読んだのですが…、驚きました。激震です。ここまですごい作品だったとは。他に並び立つもののないほどの名作中の名作だと思います。まだ完結すらしていないのに、この厚みと深さのある世界観と物語、凄まじいものがある。言葉では言い尽くせないほど、作品のパワーに圧倒されました。
    個人的に、原作を読んでもアニメ版OPに使われた平沢進の曲のイメージはシンクロし続けています。ベルセルクは本当に、壮大な1つの楽曲のようです。どれほど生きるのが辛くとも、なぜ生きるのかわからなくとも、いっそ死んだ方が楽なほどでも、それでも尚、ただ、『生きろ』、『生きろ』、『生きろ』…どんな理屈も追いつかない、血と肉を持つ者たちの、果てしなく苦しく勇壮な凱歌であるように思います。
    幼い頃に人間への信頼と居場所を失って放浪し、ようやく手に入れた大切な仲間たちを、最も信頼する上司であり友であったグリフィスに無残に奪われたガッツ。彼にとっての今のグリフィスとは何でしょう? これまで築いてきた屍の山と自分の夢を裏切れず、全てを失った自分を尚も慕って集ってくれた大切な仲間と、そして自分の全てを投げ打っても良いほどに大切な部下であり友であったガッツを裏切ったグリフィス。彼にとってのガッツとは何だったのでしょう? 周囲の弱い人々を犠牲にしながら戦い続けるガッツも、自分の全てであった夢と自分に残された仲間たちや友への情に引き裂かれたグリフィスも、あまりにも悲しい。この悲しみの深度は、他にちょっと類を見ません。
    そして、鷹の団の仲間たちを失って復讐の旅を続けるガッツにできた、新しい仲間たち。キャスカは元々ですが、パック、イシドロ、ファルネーゼ、セルピコ、シールケ、イバレラ。今後、彼らはどうなるのでしょう? これまでがこれまでだけに、悲惨な結末が待っていることをなかなか否定できませんが…、一人でも欠けることなんか考えられないくらいに、愛しくてなりません。どうしても、生きていて欲しい、と思います。
    どうやら三浦先生の体調不良のためになかなか進んでいないようですが、この先もとても楽しみです。凄い物語だと思います。無理をしない程度に、ゆっくりでもいいから、ガッツの道行きを見届けさせてほしいと思っています。

  • どーなってんだ。
    世界はどーなるんだ。 

    先が気になる!!

  • 世界の革変。濃厚すぎて意味がわからないけれど「すっげぇえぇ……!!」と思わせる迫力があります。

  • もはや画集。
    狩人さんかっこいいよね。

  • 再読。続けて読まないと何がなんだかついて行けない、まさに圧巻の展開。とうとう新しい世界が誕生。人間は生きていけなさそうな世界だ…。

  • 後半すごい迫力なんだが何が起こってるかさっぱりな巻。

全50件中 1 - 10件を表示

三浦建太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ベルセルク 34 (ジェッツコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベルセルク 34 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ベルセルク 34 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ベルセルク 34 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする