ベルセルク 35 (ジェッツコミックス)

  • 853人登録
  • 3.87評価
    • (49)
    • (71)
    • (54)
    • (8)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 三浦建太郎
  • 白泉社 (2010年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592144359

ベルセルク 35 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 再読。イシドロまじサル。かわいすぎる。イシドロかわいすぎて読んでて恥ずかしくなるくらいサルやしかわいい(日本語)。ほんとツボなんやけど。

    以前はここまで読んでたんだけど、イシドロの成長をみたいので続きも読みます。はーかわいい。

  • 相変わらずすごい画力。海賊たちもグッド。
    だがストーリーに煮詰まってる感じがする。
    妖精の国?に行くって目的を皆さんの読書感想で思い出したぐらい。

    ガッツは最初グリフィスを倒す勢いだったけど、今は仲間いいもんだなって角が取れてきて、グリフィスどうでもいいやって思ってきてないか?
    だから先の展開も決め兼ねているのだろうか。

    ともかく島を抜け出すのが先決。

  • もう世界がめちゃくちゃです。
    人が生きていける環境ではありません。

  • 絵柄にくだけたものが多くなってきたけれども、ベルセルク特有のあの戦慄的な不気味さと、続きへの期待は未だに健在していました。

    ついに、ファルコニアが現れ、世界が変わり、空想上の怪物が世界中に跋扈するようになった。

    幽霊船は相変わらずのマンネリ化した戦闘でつまらなかったけれども、
    とくに海神編はその怖さにワクワクさせられました。

  • あまりの話の展開の遅さに、買うのを止めていたのだけれど、コミックレンタルで再開。再開したんだけど、前回どこで読み終わっていたのか、覚えていない(^^;)

  • 鷹の都に海神の復活…歴史は繰り返すということ?髭骸骨、こんなにしぶとく引っ張るキャラだったとは~w

  • 鷹都の章~幻造世界篇・妖精島の章
    物語の要にローティーン定石。しつこい髭骸骨船長スキ(^^)
    ベルセルクは話が壮大になりすぎてどう収拾付けるのか…って感想を聞いたことあるけど、わかった…あのファルコニアの章終盤見たらだれでもそう思うよね…

  • 今回の怪物、気持ち悪い!
    今までも気持ちいいのなんてなかったけど、今回は個人的に生理的嫌悪を覚えるビジュアルでゾクゾクした。
    食べられて「海の兄弟」には絶対になりたくない。

    ただ、「髭骸骨です」には笑った。シツコイし。

    どんどん、ストーリーよりもひとコマひとコマが「絵」に感じられるようになってきて、絵としてすごいな、と思うけれど、話ももっと進んでくれたら嬉しいかな。
    でもきっと、全て意味があるんだと信じて、最後まで楽しみに読み続けるよ。

  • とにかく海神様が気持ち悪い。
    だんだんとギャグ的な要素が増えてきたように思う。
    タッチに関してもそんな感じ。

  • 前巻とうってかわって、ガッツ大活躍。心配なモード。

  • ファルコニアが今ひらかれる。

    ガッツ達はナマコの島へwww
    シールケがいない中、狂戦士の甲冑を身にまとうのか、ガッツ。

  • 201年2月18日購入

  • 早く話を進めてください。
    正直このままどこに行きたいのか判らなくなってきました。

  • 狂戦士の甲冑を纏い、存在と狂気の狭間を垣間見る‥
    復讐という糧を見失った刻に何が残るのか??
    夢を見る事さえ許されぬ世界。
    その世界の果てに待つ結末とは!?

    とにかく話を進めて下さい!

  • ミレニアム・ファルコン篇/ファルコニアの章が終了してファンタジア篇/妖精島の章がスタート。

    グリフィスもう悪者じゃない気がしてきた。ファルコニアで人間も怪物も共存できればいんじゃないかな?都が現れて終わっちゃったからその後どうなってるのか気になる!!

    妖精島行くかと思ったら、海賊が邪魔してきて話が進まない。。。
    人魚の子供がいる島に寄るってなんか魔法出て来た辺りからそうだけど、すごいRPGっぽい。RPGっぽさはなんかワクワクするからいんだけど、寄った島がしけててほんと暗い。さすがダークファンタジー。

    続きはすごい気になるんだけど、進みが遅くてちょっとイラっとする。また狂戦士化→シールケが助けに行くの流れだし。

  • 新章突入?
    まだまだ導入分部分なので面白いかどうか分からない。
    新しい女の子が出てきましたが、新たな仲間になるんでしょうか?それ
    それともこの章だけのゲストキャラ?
    イシドロと仲良しになっているみたいなのでちょっとこのまま出てきてくれたら嬉しい。

  • 随分前から話が全然進まない。

  • もうなんだか訳分からないが引き続き読みたくなってしまうところがすごい。
    笑ってしまう細かいやり取りと、シリアスなストーリーとの共存がすごい。

  • どこまでも突き進む剣と魔法のダークファンタジー。

    ようやく大帝との戦いが終わって、変容した世界で鷹は入城。
    ガッツの船旅がついに再開される。が、旅はいちいち前途多難でなかなか前に進まない。
    変容した世界の寂れた漁村で、インスマスチックな海神と戦闘に。
    もはや化け物が当たり前になってしまったり、巨大な敵が増えたりで、今後もガッツは大変そうです。

  • あれだけ無敵状態だった大帝も髑髏の騎士も、所詮グリフィスの王国の礎に過ぎない。で、ガッツはどうなる?というわけだけど、グリフィスのスケールの大きさに遙かに負けて、海での闘い。タイトルでもある狂戦士の鎧は今後の展開にどう生きてくるのか、まだまだ先は長そうで楽しみですね。それにしても、あのへなちょこ海賊が妖魔と化して復活したのが笑えますね。

  • グリフィスのほうがスケール大きいことになってて、この先どうなるのかなー。
    で、やっとガッツが起きてきました。
    いつものかわいいパックにガッツのアレがあれで、ベルセルクって感じですね。これでガッツ側のお話進むかなー?
    あ、髭骸骨、がんばってほしいです。

  • 海賊船の船長の性格がハリウッド映画ばりで面白いのに、ストーリーは「インスマンスの影」みたいで気持ち悪いという、カオスな話になってた。

    グリフィスが目指してた”自分の城”というのは物理的なものだったの?

  • もはや惰性で読んでる。。

全39件中 1 - 25件を表示

ベルセルク 35 (ジェッツコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベルセルク 35 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ベルセルク 35 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ベルセルク 35 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする