ベルセルク 39 (ヤングアニマルコミックス)

  • 244人登録
  • 4.41評価
    • (33)
    • (32)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 三浦建太郎
  • 白泉社 (2017年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592144397

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ベルセルク 39 (ヤングアニマルコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近、この続きが次の号で読めますって言う流れが多い。ものすごーい気になる感じのとこで終わってる…けど次のコミックス出るまで我慢(笑)。
    妖精王の島が舞台なので、平和な巻ですね。でも後半はキャスカの深層世界へ旅立つ…39巻では蝕の前までの記憶のカケラだけだけど、
    次巻にはまた蝕のシーンが甦ってくるのか?
    勝手な予想だけど、カケラの最後はキャスカの中ではなくて、グリフィスの中にあるのでは?とか思ったり…。ともかく、38と39巻の発売の間が短かったので、次巻はまた3年くらい空きますとかはありませんように祈る!

  • ついに物語の核心へ…ここ最近の展開が胸に迫ってしかたがない!
    続きが気になりすぎるところで終わってしまった。キャスカ…。

    復讐に燃えるガッツも好きだけど、最近の穏やかなガッツもすごく好きだ。
    深みのある真の男ってああいうふうに描くものなんだなあ…。
    ずーっと大好きな作品なので、完結してほしい。
    ここから先も、超えるべき山が多すぎるけど、
    時間がかかってもしっかり追いかけていくので
    この一大叙事詩の結末をいつか読めますように…!

  • ついに妖精島に上陸
    とりあえずは単行本が発売されているのに安堵
    この島の人達は、立場としては我関せずなのだろうか
    キャスカの復調の兆しがようやく進み始めた
    最近、グイフィスへの恨み成分が薄れて来たから、キャスカの過去編でグリフィスの所業と鷹の団の結末を描いて、今一度ガッツの復讐心とその正当性を思い出させてほしい
    キャスカはあの時グリフィスのために残ったが、全てを知った上でどういう判断をするのだろうか
    ガッツのパートナーとしての復活も楽しみだし、グリフィスへの心情という意味でも楽しみだ

  • よーーーーやく、妖精の島に着きました!!!!!

    長かった~~www


    っていうか、今回の書き込みも半端ないww
    妖精の一つ一つから、丁寧に描き込まれている!
    しばしページを隅から隅まで見てましたよw

    この巻を描くために、ずっと長く引き伸ばしてたんか!と思えるほど
    いつもの巻以上に、描くの楽しそうだなって感じたw

    比較的楽しいファンタジー世界で
    今までのベルセルクとは見違えるほどののんびり巻です。
    次巻からはあうあうあーの精神世界に。


    でも何となく、今回は、ベルセルクとして分かりやすい巻になったんじゃないかなぁ。
    ガッツと、蝕前のグリフィスの志と、蝕後のグリフィスの進むところ、
    ざっくりだけど、ぼんやりとゴールが見え始めた感じですかね。

    結局、グリフィスは自分の国を欲しがっていた、と。
    だけどそこに留まる男じゃない、とガッツが言っていたのが
    今後のストーリー展開を想像できる一言じゃないですかね~。

    何をどう掌握していきたいんでしょうかグリフィスは。


    結局のところ、自分の手中に収めることが出来なかったガッツへの強い羨望というか嫉妬というか
    そういうものに飲み込まれそうな気もする。。。

  • 進展あった!でもまた1年後?かー。傭兵編読み直したい。

  • お願いです。
    自身の存命中に完結してください。
    だんだん私の方からして不安になっております。
    石ノ森章太郎氏の「サイボーグ・天使編」みたいにはして欲しくないです。

  • もっと早い刊行、ストーリーを進めてほしいと思いつつも、ドレの版画をポップにしたような1枚1枚、さらに夢の回廊の超絶的描写を見せられると、黙って待つしかない。

  • エルフヘイム到着。妖精女王に会って、キャスカの心の復活へシールケとシャルロットが向かいます。
    39巻では、在りし日の鷹の団。輝きに包まれた黄金時代の鷹の団の思い出と、グリフィスへのガッツへの想いをたどります。そして二人は、あの日の黒く昏い記憶へ。

    輝きに満ちたグリフィスの転落と、ゴッドハンド化。女としてガッツを愛し、母としてグリフィスを愛したからこその触での裏切り。
    ガッツがグリフィスを語るとき、誇らしさを隠し切れないように、キャスカにとっても憧れと恋情が混じったグリフィスの存在。だからこそ、拷問で飛べなくなった鷹となってしまった時、保護者としての感情が生まれたのでしょう。

    それが、グリフィスにさらなる力を求める、ゴッドハンドへと踏み出すことになるとは知らずに。
    愛情という言葉が隠し持つ、憎しみと屈辱のスイッチ。

  • ガッツが待ち望んだキャスカの復活に向けて、魔術師ふたりがキャスカの欠片を集めていく。
    キャスカの人生を辿る旅の最後は、触の場面なのだろうか。

    そして、キャスカを守り欠片を集め続けていた守り犬がガッツだということに、少しホッとする。ガッツが自分を守ってくれていると、キャスカは知っているのかな、と。

    もう、とにかく、書き終えてくれればそれで。

  • 登場人物の顔が変わった。
    何だか丸い。

全16件中 1 - 10件を表示

ベルセルク 39 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ベルセルク 39 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベルセルク 39 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ベルセルク 39 (ヤングアニマルコミックス)の作品紹介

ついにパックの故郷・妖精島に到着したガッツ達。キャスカの心を取り戻すため、妖精王の元へ急ぐが!?
2017年6月刊。

ベルセルク 39 (ヤングアニマルコミックス)はこんなマンガです

ベルセルク 39 (ヤングアニマルコミックス)のKindle版

ツイートする