偽書ゲッターロボダークネス 始動編 (ジェッツコミックス)

  • 90人登録
  • 3.42評価
    • (5)
    • (9)
    • (11)
    • (6)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 西川秀明
  • 白泉社 (2009年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145004

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

偽書ゲッターロボダークネス 始動編 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 石川賢先生は亡くなってもコンテンツとしてのゲッターは続く。石川テイストの特徴である荒々しい絵と、あけすけなエロチシズムを引き継げるのは誰か?と思ったが、そうか西川秀明がいたか!

    というわけで、石川オリジナル以上の描線の暴力と、過剰なエロチシズムが誌面に散乱する新しいゲッター。西川が「ZMAN」で見せたギリギリの絶望感と希望への渇望感が、ゲッターという力の象徴を得て更に暴れまくる。

    しかし・・・武蔵がああいう設定になっていたのが一番意外だった。

  • ド迫力の一言に尽きます。原作を知らなくても充分に楽しめました。やや表現がグロいですが、永井豪作品が好きな方なら問題ないかと思います。

  • どうも熱い内容になりきれてない。強力な事はわかるんですが。

  • ノリで買ってみたのだけど、すごく良かった。相変わらず絶望的な世界で、熱い連中が戦う。
    ただ今回は、ハヤトがかなりキレてるし、ムサシがかなり萌え。
    相変わらず早乙女博士は悪。
    ってかゲッター線一つでここまで世界広げる原作を作ったのがやっぱりスゴイ。

  • 永井豪+石川賢の構築したゲッターの世界観を踏襲せずに新しい世界観で作ったゲッターロボ。絵柄はあまり好みではないがこれはこれで面白い。

  • ゲッター2かっこいい。
    ストーリーはこれからって感じなのでなんとも言えず。

  • 西川先生が本気で描く“偽”ゲッター。
    今更感想なんぞを書くのは卑しすぎるので、『読んで』としか言いようがない。

    ただ、これだけは言わせて。ゲッター2美しすぎる。

全8件中 1 - 8件を表示

偽書ゲッターロボダークネス 始動編 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

偽書ゲッターロボダークネス 始動編 (ジェッツコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

偽書ゲッターロボダークネス 始動編 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

偽書ゲッターロボダークネス 始動編 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

偽書ゲッターロボダークネス 始動編 (ジェッツコミックス)はこんなマンガです

ツイートする