3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)

  • 7807人登録
  • 4.21評価
    • (1083)
    • (787)
    • (525)
    • (15)
    • (4)
  • 338レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2008年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145127

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 気遣ってくれる、川本姉妹や高校の先生の存在。
    そして、二階堂くんも。

    救われる零。ひとりじゃない。

  •  2つの対照的な家族像を散りばめながら、少年の孤独感を乾いた展開で描く。

     能力こそ全てという棋界に生きる父が齎した異分子。それは父以上に天賦の才を有する少年。その才能のみならず、自らは受け得なかった父の愛を受ける少年への嫉妬が生み出したのは、彼への憎悪の眼差しとその心を差し込む刃。結果、生み出されるのは少年の孤独と絶望。

     一方、父母を亡くした三姉妹は、姉の苦界(厳密には違うが、危うい境界線にいるのは確か)での稼ぎを糧にしつつも、暖かな心を寄せ合い生きていく。

     絶望と希望の2つを感得した少年の逡巡が痛々しい。

  • 明るい三姉妹の笑顔。
    熱い二階堂。

    零はいつも思い悩み、もがいている…

  • にかいどうはるのぶ作『将棋はじめて絵本』、これ欲しい。ってか、日本将棋連盟はいますぐイメージ回復の一環としてこの本を作って世に出すべし。ってかとっくにもう出版されてると思ったけどな。商売下手だなーとつくづく思うのである。

    「れいちゃんのでっかい声初めて聞いた」。あっしのツボはここでした。自分の姿を客観的に意外な角度からついてもらうのって嬉しいんだよねえ。もう俺にはないんだろうけどさそんなこと。

  • 12巻まで一気に読みました

  • 二階堂の作った入門書、欲しいなぁ。
    主人公の過去が少しずつ明らかになると同時に、彼の気の強さがチラホラ見えてきて、ああ十代らしいなって思ってしまった。←そんな風に感じた自分に歳を感じたf^_^;)

  • にかいどう最高かよ最高だ

  • 桐山君の最後の叫びが印象的でした。
    二海堂君の将棋の絵本、読んでみたいです!

  • 魅力的な人物がたくさん登場した巻だった。

  • お気に入りシーンは、メックでの高橋くんとの会話。「逃げなかったって記憶がほしかった」の台詞が、すごく心に響いた。自分が逃げたりサボったりした事は本当に自分が一番分かってるから、後悔しきれなかったり次に繋げられなかったりする。勉強でも人間関係でも、一つ一つ真摯に向き合いたい。

    肉球パンチをおみまいするニャー

  • 棋士ってシビアなんだなぁ
    香子超絶性格悪いなぁ

  • 作者の思いがすごくて書き込みがすごいです。
    よく見ると猫がふくふくしてたり、何度読んでも楽しめそうです。

    心友、二階堂のテレビでの桐山に対する叫びが印象的です。
    最初見たときは、友達なら直接いってあげなよって思いましたが・・・
    二階堂君もちょっと変わった人のようです。

    将棋が好きで普及させようとする二階堂や、
    C1から降級しそうでもプロにしがみつきたい松永さん。
    幸田兄弟や安田さんのように将棋が嫌いで憎んでる人たち。

    将棋が心から好きな人たちと心から憎んでる人たちが
    ごっちゃにでてくる混沌の巻でした。

  • ようやく少しずついろんな人の歴史が見えてきた。
    これから面白くなるのだろうという感じ。
    それにしてもあかりさん可愛ぇえ!!

  • おもしろいけど、将棋は覚えられないな^^;

  • 第2巻。
    ひなちゃんの可愛さが際立つ巻でした。
    明るくて表情がコロコロ変わって、でも実は人の気持ちを察して気遣える。素敵だわ。。

    そして、零くんはこの頃からひなちゃんに少しずつ惹かれてた…のかな?

    そして、二階堂くん、零を親友として檄を飛ばすその熱さ、ひなちゃんももちゃんに将棋を分かりやすく教える面倒見のよさ、いい味出してるね。

    さらに、香子…うん、あまり好きになれないです。零の心を乱さないで!

  • 最後の絶叫が心に響く。負けるのが悔しいならもっと勉強すればいい…この本は何か大切なことを必ず気づかせてくれる。

  • 2015.2.2市立図書館
    勝負の世界は厳しいね。
    その道の一癖も二癖もある師匠の人生やライバルとの対局の一つ一つがドラマ。
    うちの子らはとりあえずどうぶつしょうぎで基本はおさえたようだけど、にかいどうの「将棋はじめて絵本」の実物があったらニャ〜と思ってしまった。

  • 二階堂くん、この巻でもひたすらいいやつですね。将棋の先生の鑑だし。私も欲しいぞあの絵本。

    松永さん安井さんの話は香子の盛り上げのわりにあっさり倒される感じで、あたかも香子という悪の女王に送り込まれた二匹の刺客(ザコ)のような、そんな感じの戦隊モノっぽさというんでしょうか、そんなのを感じましたね。だからと言って、それがどうしたと言われれば、どうという事もないんでしょうが、強いて言えばザコがザコ過ぎるというか、前フリの割に見合っていない気もするんですよね。何だろうね、この感じ。

    などと考えながら、結局何で香子が姿を現したのかも、よく分からないところが多過ぎますね。今後それも明らかになるのでしょうか。

  • 零くんがちょっと暗いんだけど、
    それを照らすあの家族が素敵。
    して食べ物美味しそう。笑

  • 10巻まで一気読みした今の時点で、この巻の最後の、桐山君が公園で叫ぶシーンが一番好きなシーンです。
    その前の松永さんとのやりとりも好きですし、それがあってまたラストの叫びが強調される気もします。

    好きなこととか、仕事とか、お金を稼ぐことや生きることって全部繋がってて絡み合ってて、
    なんと言うか、言葉に上手くできないけど、
    まだ10代なのにこの境地とはこの子凄いな。

全338件中 1 - 25件を表示

3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)に関連する談話室の質問

3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)に関連するまとめ

3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする