3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

  • 7734人登録
  • 4.32評価
    • (1152)
    • (725)
    • (392)
    • (12)
    • (3)
  • 344レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2009年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145134

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
青桐 ナツ
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 島田さん素敵な人だなぁ。
    登場人物みんなにしっかりとした人生が作られているから、話に奥行きを感じる。
    個性的な人々と接していくことで、暗く静かだった零君の世界が徐々に色付いていくよう。読んでいて嬉しいような、くすぐったいような気持ちになる。
    羽海野先生は感覚的なことを描くのがお上手だな。

  • どうしようもない時は、誰かに頼る!
    ことを高校の林田先生に教えられる。

    島田八段の研究会に入り、自分一人の世界から踏み出しそう。

  • 図書館借り。ちょうどアニメで見逃していた部分なので読みながらなるほどなぁ…と思った。島田さんと後藤さんのあたりはアニメでも見てゲラゲラ笑ったのを覚えている。零くんは色々な人に支えられて大人になってゆく。夜があたたかい。

  • 零、殻を破り勝負師となれるか。転機の巻である。

  • いよいよ本格的に将棋マンガらしくなってきた?

    零が大きな壁にぶち当たり、そして新たに踏み出そうとしている。

  • 12巻まで一気に読みました

  • どんどん二階堂が可愛くなるマジック発動(笑)。ピュアないい子できゅんとするー。モデルの方は早逝だったようだけど、二階堂もそうなったらマジ凹みしそうだー。

  • これが勝負の世界なんだな。

  • 林田先生の言葉に感動。
    島田さん、かっこいい。好きです。
    大人の男性たちが魅力的。

  • 島田さん登場。島田さん大好き。実は、ちょっとルックスが、好きだった人に似てる。

    ファン投票でも意外に(!?)上位で、私だけじゃないんだと思うとうれしい限り。この後も、準主役、脇役として登場機会が多いのも、うれしい。

    真面目な話、島田さんの登場までの回は、登場人物やとりまくあれこれを紹介する序章だったのかも、と思わせるぐらい、島田さんの存在って、大きい。主人公が島田さんとの出会いから得る物、そして、そこから、読者が感じ取る物も。

    ここから、いきなり物語が動き出すって感じ。うん、大好き!

    ※少々、頭が沸いておりますので、お許しください。

  • 島田さんかっこいい。

  • 後藤も棋士だった。

  • こたつのように暖かくて、一度入ったらでれないような、温かい空間。
    家族がいて、仲良くご飯食べて、満たされてるように見えるのに、何か足りない川本家。
    その隙間にれい君が入って、みんなで暖めあえて生きていけたらいいのに。


    先生の言葉がとても印象に残っています。
     -あったかいものをとれ!!
     -「でも」が100個揃えば開く扉があればいーがはっきり言ってねーよ そんなドア!!

    れいくんは将棋に関係する人たちには、やたらもてるなぁ。

  • 内面描写の展開が早い気がする。
    もっと悩んで、練りこんだ上での行動であってほしいところがいっぱいあった。

  • おもしろいけど、将棋は覚えられないな^^;

  • 3巻。葛藤、そして一歩踏み出す巻でしょうか。
    前巻で、香子との再会、後味の悪い試合で走り出し、叫んだ零。年末寝込んでいたところを三姉妹に助け出されるところから始まります。
    「あの家はなんか コタツみたいなんだ… 中にいると とろけるようにあったかくて 心地よくって 外に出ると 今まで平気だった日常が すっごい寒いところなんだって 気づかされてしまうんだ」

    そして臨んだ島田八段との試合で、自分が相手の型を決めつけ、島田を見て試合をしていなかったことに気づかされ、羞恥心を味わいます。
    「やれやれ…やっとこっちを見たな」と言った島田八段と、はっと気づいた表情の零のカットがとても綺麗でした。

    実は二階堂ぎ兄弟子である島田八段に「桐山の頭をかち割ってやってほしいのです。」と頼み込んでいたのも感じ入りました。

  • 2015.5.6市立図書館
    おこたつのような川本家との交流と、孤独な真剣勝負の世界。人生はひとに頼り頼られることが欠かせないのだという真理をあっちからこっちから。はりつめたシーンと和むシーンのバランスのおかげで読ませる作品。

    (アニメで見直して、美咲おばさんがあかりちゃんを自分の店で働かせている理由、しっかり先を考えているのがありがたいなぁと感じ入った)

  • 島田八段が「兄者」過ぎてね……惚れるわぁ……。

    こたつみたいな家、かぁ。私なんどは暑がりかつ寒がりなんで、気持ちはよく分かりますよ。暑苦しいからいつまでも居たくないし居ちゃいけないのは感じつつも、独りでさみしくて人肌恋しい時は頼ってしまう感じっていうのがね。

    零は若いなぁ。学校にすら行かない歳になったら「こたつみたいな家」なんて求めるのはおろか頭に浮かびすらしなくなくなるよって……そう突っ込みたくなる若さがまた可愛らしいんですが。

  • 島田さんと後藤がかっこよすぎ。
    夢見る若者としていろいろ考えさせられた一巻でした。

  • 昔1、2巻くらいを読んで、あまりの重さに手を止めてしまった3月のライオン。数年ぶりに読み返して今3巻め。昔は桐山くんの悲壮感ばかりが目についたけど、あらためて見ると、彼の人間臭さや青さがけっこうちゃんと描かれていて、微笑ましいところも。あかりさん3姉妹の可愛さはたまらん!

  • 先生いいねっ!
    零くんもだんだん成長してきたね!
    二階堂〜っ!笑

全344件中 1 - 25件を表示

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)に関連する談話室の質問

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)に関連するまとめ

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする