ブクログ大賞

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)

  • 7063人登録
  • 4.55評価
    • (1307)
    • (618)
    • (144)
    • (5)
    • (3)
  • 528レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2011年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (105ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145165

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 私もひなちゃんのおじいちゃんや零君、林田先生のように大事な人に何かあったとき全力で味方になれる人でありたいな。
    勝つ理由がわからなくなっていた零君が、誰かのために勝とうとしている。誰かと関わっていれば「必要とされたい」と思うのは当たり前で、だから頑張れることもたくさんある。
    そして二階堂の秘密。川本家の秘密。
    いろんな想いを抱えて戦う零君はすごくかっこよかった。

  • 誰かを思って頑張るのって、力が湧く。
    ウジウジしてない零くん。成長した。

  • そこんトコロ プロなんで

  • みな成長している。じーん…とする。二階堂の体調が心配。

  • いじめと戦うひなた。
    新人戦を戦う零。
    そして、病と戦う二階堂。

    みんな頑張っている。

  • 桐山のなかに「人に必要とされたい」「大切なひとたちの力になりたい」という感情が生まれたということは彼にとって大きな進歩だと思う。みんなが、人を大事に思うが故に迷ったり葛藤したり苦しんだり、人間らしさが存分に出ている6巻。桐山がひなたを大事に思う理由に説得力がある。そして最後のページが良かった。

  • 村山聖がモデルの二海堂の病気について初めて明かされ、それを胸に新人王戦決勝に臨む桐山。痺れる。

  • ついに、二階堂が・・。
    聖の青春をちょっと思い出しました。でも、いじめ問題に対する先生の違いがあんな先生ばかりじゃないんだとちょっとほっとする。

  •  「聖の青春」を彷彿とさせる二階堂譚が苦しい。
     また、ひなのイジメ問題も…。
     明るそうな女子キャラの画風に比し、本作は、重苦しい背景を抱えた人ばかりが登場し、どうにもやり切れなさを感じる展開もあるが、懸命に足掻き、模索する姿が愛おしく感じられるのも確か。

  • れいちゃーんっ!!もう先生の突っ込みが止まりません。にやにやと赤面。

  • 先生の青春の大気圏突入!!可愛い悶えすぎ。熱くほとばしる情熱の炎に共に焼かれてくれる気になったか!?ってもう告白じゃん。新人王におれはなるっっ モンスター祖父と最終兵器美咲おばさま どうしましょう母校が火の海に エリザベスの顔つぼった チビ二階堂可愛すぎ 二階堂とひなちゃんにぎゅっとなる

  • 12巻まで一気に読みました

  • 読むたびに胸がギューってしめつけられるんだけど、読まずにはいられない。
    おじいちゃんの言葉が沁みた。

  • ひとつひとつの出来事が心に刺さって、誰の立場で考えてもつらくて、読見終わると毎回なんとなく疲れてしまう。5、6巻と続けて特にそう感じた。みんな誰しも、学生時代だけでなくても何か心当たりがあると思う。
    絶対読んでとは人に言えないけど、できれば読んでほしい。

  • 最後のほうの鴨川の絵にグッときた。

  • 零ちゃんの真摯さに胸が熱くなる巻だった。

  • 学校で友達をかばったために、いじめにあう「ひなた」。周りに負けず戦う彼女のために零はできることを必死に捜す。元担任の林田先生に「お前にできることを一つずつやりなさい」と諭され、ヒナのために戦うことを違う。そんな時、零に二海堂が対局中に倒れたとの一報が…零はいろんな思いを背負い、新人戦の決勝に臨むため大阪に向かう。様々な人間が、何かを取り戻していく優しい物語です。(裏表紙より)

  • 2015.11.8市立図書館
    半年ぶりぐらいでようやく(しかし相次いで)めぐってきた第5&6巻。

    だれかに必要とされたい=強くなりたいという動機付け。
    邪道のようだけど、たぶんみんなそうなんだろうなぁ。
    ひとと交わるのが苦手で、自分のことでせいいっぱいで、ひとの気持ちになかなか気づけなくて、零に親近感を感じる。
    零くん、そして零くんや家族(学校の高橋くんも、零くんのもと担任も)に見守られて、自分のささやかな場所を勝ち取るために闘うひなたにエールを送りたい。

    ひなたの学校の問題をめぐって緊迫した展開、ずいぶん考えに考えて描かれているのだろうな。このあたりは小5次女も中2長女も身につまされながら読むんだろう。

    続きが気になるのに、次は29人待ち…

  • 二海堂倒れる。桐山零,新人王。ひなちゃんいじめられている。

  • 【出てくる食べ物:カツどん】

    ひなちゃんの学校のいじめの話が続き、話がちょっと重いです。

    家族の悩みを受け入れて、真剣に一緒に悩む。
    ひなちゃんの行動を受け入れるじいちゃん!に、
    家族を守りたいあかりさん。
    理想の家族ですねぇ。。

    ひなちゃんが苦しい時に現れるれい。
    王子様か!!?
    と思わずつっこんでしまいました。
    なんだか急に、少女マンガっぽくなってきました。
    いよいよ恋の話でしょうか。

  • 人を大切に思うこと。
    大切に思うから、できること、できないこと。
    自分のために生きること。
    そのために、やらねばならないこと。

    人生の大切なことが、重く、ときにユーモラスに
    じっくりと読ませられる。

    ラストは、自分がなぐさめられているような感動…。

  • 第6巻。
    せっかく前巻でひなに「僕がついてる 一生かかってでも僕は 君に 恩を返すよ」と言ったのに、
    担任の林田が聞いたら、「だって彼女は僕の恩人なんです 恩は義をもって返す それが人としての理です」と、対局料を計算して現実的な数字で持って行こうとする、ズレている零orz

    新人戦に勝って、ひなが修学旅行の京都に駆けつけたシーンも感動モノのはずが、「ただただ心配だった」って、オカンポジションじゃないか…。

全528件中 1 - 25件を表示

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)に関連するまとめ

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)を本棚に登録しているひと

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする