3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6580人登録
  • 4.57評価
    • (1282)
    • (558)
    • (130)
    • (8)
    • (3)
  • 557レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 「様々な人が何かを取り戻していく優しい物語」のまま、ストーリーが展開されています。

    個人的には、学年主任が好きです。

    いい味出てます。

  • 持ち直してよかった、いろんな意味で。

  • 読後感が非常に良い作品です。

  • 将棋での話がもっと読みたいんだ.
    正直,いじめの話はどうでもいい.

  • 自分のなかで許されないことは、許さなくてもいいのだ。

  • ひなちゃんは本当に勇者だ。彼女を救おうとしてる人が、彼女に救われてるような。彼女の周りにある光に泣きたくなる。零ちゃんがいつのまにかいた明るい場所も同じで、それまでに関わってきた人、してきたことが、光になるんだろうな。諦めちゃだめだ。そして、大事できらきらした日常から、また、嵐の中へ。宗谷名人にはぞくっとっした。ああ、どきどきする…。

  • よかったー!!!

    と言ってしまう7巻。ネタばれあり。

    それはひなちゃんの件が解決しそうだから・・・。
    学校が教師がちゃんと取り組む場面がえがかれていたから。
    良かったなーと思います。

    これ、このままだったら絶対今そういう状況にある子に絶望させてしまう。共感は得られるかもしれないけど、それでおわっちゃうんじゃ、っていう危惧を抱いていたんですよ。

    でもさすがウミノチカでした。
    さすがです。
    声を上げて。負けないで。
    そういう力強いメッセージがきましたー。

    よかったー。

  • ひなちゃん良かったね!そして先生が格好いい!

  • 零くんが日記を買おうとしているところが好き。

  • 脇の人の話しも面白い。

  • ほっと一安心。学校の先生って本当に大事だ。
    自分たちが子供の時は先生は絶対のものであり、良い先生と悪い先生がいるなんてこと考えもしなかったけど、今振り返れば向き不向きは確実にあった。

  • 「人に伝わるのは結果だけじゃない。
    世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ。」
    名言です♪

    山セラピー怖い(笑)

  • すかっとしました~

    いじめのこととかで5・6巻と色々もやもやしていましたが、この7巻でたまっていたものがスカッとした感じです。

    おねいちゃんとひなちゃんの甘味屋さんでのシーンがたまらなく好きv
    わかる~~~~~~vvvって叫んじゃいました。

    羽海野さんのいいところ満載な巻だと思いますv

  • 担任が変わり、ひなちゃんの周囲に変化がみられる。
    ひなちゃん、おねえちゃん、おじいちゃんの優しさと勇気に拍手。

  • よかった!本当によかった!

    いじめも解決。
    零くんも新人王!

    これからまた大変だろうけどひとまずよかったなーーー
    というのが読み終えた感想。

    そして笑った。
    ポスターのくだりとか。病弱対決とか!
    島田さんいじりが面白すぎる!

  • 学校側がクラスの闇に本気で介入してくる話がとても印象的でした。あのあたりは作者のこういうことを伝えたいんだというものがひしひしと伝わってきました。

    あと山セラピー(笑)

  • 発売されているのは知ってたんだけど、マンガ喫茶に行く時間がなかなかとれなくて読めませんでした。
    ・・まだまだマンガ喫茶に行く時間はとれそうにないのでガマンできなくて7巻、買っちゃいましたよ。(1~6巻はマンガ喫茶で読んだのにサ)もう買い揃えちゃおうかなぁ・・・。
    読んだことない人は是非お勧めです。マンガだと思って侮っちゃいけません。・・・というか、マンガでしか描けない秀逸な世界を、ドウゾ。

  • 新人戦を制し宗谷名人に挑むれいは、クラスのイジメに勝った小さな勇者ひなに、勇気をもらう。読んだ人は読まない人よりきっと幸せになれる。

  • 羽海野先生にお礼を言いたくなる第7巻。
    6巻からの流れに胸が熱くなりました。
    30越えた自分が、電車の中で半泣きになったほど。

    桐山君の日記の話も、ひなちゃんの八重歯も、とても好きなシーンでした。
    羽海野先生に感謝。

    「そして、僕は どんなに泣いても苦しくても 決して意志を曲げなかったこの小さな勇者に 心の中でもう一度 小さく忠誠を誓った」

  • こんな本物の先生っているのかな~?と、思いつつも・・・いてほしいです。おねいちゃん、1巻の頃はなんかもっと豪傑な感じだった気がするのですが・・・やはり、最強おばさまに対抗させるにはちょっと厳しいか・・・。「すべてまわりのせい」にする人は、ゆくゆくはその「まわり」に淘汰されてしまうものですが、どうなるのでしょう。
    宗谷名人、ステキすぎますね。

  • 今回も涙なくしては読めない。羽海野チカはどこまで行く気なんだろう。
    文科系の勝負事を描いた『ちはやふる』が正しくスポーツものの王道を行っているのに比べて、『3月のライオン』が降りて行こうとしているところは、もっと深いところだ。
    7巻では先読みをする棋士の姿を深海に潜る姿に例えているけど、羽海野チカは棋士の姿を借りて人の心のそうしたところを掘り続ける。
    『ハチクロ』でも、作品に打ち込むはぐちゃんや森田弟の姿を通してその業のような世界を体当たりに描いていたけど、格段にその表現と求めるところは突き詰められていて、読んでいて始終痛みを感じる。
    その暗い痛みの中に光を差し込むのがまたうまくて、おじさんは思わず涙をこぼす。外では読めない、大好きで大切な作品。

  • コミックス7巻冒頭の言葉が沁みる。。

    「信じれば夢は叶う」は、正しくは
    「信じて 他のどのライバルよりも1時間長く毎日努力を続ければ、ある程度迄の夢は、かなりの確率で叶う」

    それに続く、「深く読むことは、真っ暗な水底に潜っていくのに似ている」というのも、素晴らしい表現だ。(ハチワンダイバーでもそういった表現があるが、深く潜る恐怖は本作のほうが秀逸に描いている)

    ただ、基本少女漫画なのか、どうにもこうにもストーリーが散発的で、あっちのエピソード、こっちのエピソードとまとまりがない。スピーディーに盛り上がる爽快なドライブ感がないのが残念。

    それの反動からか、もういちど「ヒカルの碁」を読み返したくなるのである。

  • 強い少女の存在が光る7巻。
    彼女を支える家族、主人公、学校の先生達。
    それぞれの思いが、ようやく形になっていく。

    主人公 零くんも、次第に「自分」が見えてきた様子。
    閉じこもってちゃダメだ、と自分で気づくかな?

    登場人物のところどころに自分を見てしまう作品。
    だからこそ、作中の何気ない一言が、沁みる。

  • ひなちゃんの問題一応解決。もう思わず「ひなちゃーん!よかったね!がんばったね!」って叫びたくなりました。ページをめくる手が何度も震え、目から涙がとまらなくなってしまいました。
    ひなちゃんやあかりさんたちをみてると人を思いやることの大切さがよくよくわかります。そして、学年主任の国分先生がかっこいい。こんなふうに本当の教育をしてくれる先生、もっとたくさんいたらいいのにって思いました。
    次巻からは零ちゃんの名人との対決ですね。待ち遠しいです。

全557件中 226 - 250件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする