ブクログ大賞

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6539人登録
  • 4.57評価
    • (1278)
    • (557)
    • (129)
    • (8)
    • (3)
  • 558レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 零くんにとって、ひなちゃんは姫なんだなぁ。いいなぁいいなぁ。

  • 声を出して泣いた。
    正しいものは、正しいことは、いつかきちんと実を結ぶのだろう。
    彼女がそれを、まだ若い中学生という時期に知れてよかったのかもしれない。

    けれど、加害者もまた被害者。
    どちらかだけに肩入れをするのは危険だけれど、その事実もまたのしかかって来る。

  • 持ち直してよかった、いろんな意味で。

  • そろそろあかりさんを支える人が出てきてもよくない?
    しかし今だに棋譜がまったくよめません。なのに読んでいる将棋漫画。不思議ね。

    アルピニスト王子もいいキャラだね。

    大人がしっかりしている漫画なので、子どもがどんなに悩んでも、壁に突き当たっても、どこか安心感があります。本来おっさんおばさんお兄さんお姉さんがどんと構えてりゃ、年少者はまっとうに育つんだと思うんですよ。ただ、その大人が自信をなくしていて、「育てる」ってことができなくなっている、そんな時代が戦後?かな、ある部分では綿々と続いてしまっているのかもしれませんね。胸を張って生きてる様を後輩に、子どもに、見せることのできる人間であれるように。それは自分の人生を生き切るということと同値だ。

  • ひなちゃんがいじめに最後まで逃げずに戦ってきた結果
    先生たちがようやく動き始めてくれて少しづつだけど解決に近づいていってよかった。
    最後まで学校に来るひなちゃんの強さに感動しました。

    そして、あんみつ食べすぎ笑

  • 零が将棋で新人王になって、
    親友が対局中に倒れて、
    自分を助けてくれた子がいじめられてる
    そんななか始まった7巻。

    ひながいった
    「私は学校には最後まで来る!!無視はこらえる!!でもやられたら「やめて」って声を上げる黙ったりなんかしない!!こんなところ何があったって生きて卒業さえすれば私の勝ちだ」
    はとっても心に残りました。

    理不尽はどこにでもあるけど
    自分をきちんと持って、それに抗うこと
    逃げてしまったほうが楽だし、誰も助けてくれなかったらそうなっちゃうことが多い。
    でも、彼女が抗ったことによって人が気づいて、より大きい人が動いてくれるようになった。

    3月のライオンではだれもが成長していく当たり前なのかもしれないけど、
    皆が自分の前の試練から目を逸らさず前に進んでる。

  • 転校したちほちゃんからの手紙の下りで涙ぐんでしまった。

  • なんか、少し作風変わったかな?
    でも、日向ちゃん一連の話泣いた....
    叶わない、解決できない。でも、皆が頑張ってる。
    発言力?言ったもん勝ち的な現実とオーバーラップしてしまう。
    国分先生のような、人いてほしいし、自分がそうありたいと思った。

  • ひなたって名前かわいい。ネコにでもつけるか。ネコもう一匹かわないと。

  • 待望の7巻。6巻までは先生に対して憤りを感じていたけど、

    結局のところ誰が悪いのかよくわからなくなってきた。

    個人的には最初の順慶さんの回想シーンに共感してしまった。

  • ひなちゃんの京都での修学旅行で、河原に一人座っていたら桐山君が来てくれる場面がとても好きです。特に二人で並んで座っているところを後ろから描いている一コマ!何度も読み返してしまいます。
    いよいよ宗谷名人との戦い・・・続きが気になります・・・。

  • この巻は少しハッピーなストーリーが多く安心して読めた(笑)。でも危険と裏腹なシュールな緊張状態にも感じる。

  • 色々解決して良かった。頑張ってる人たちの不器用さが、胸に染みる。

  • ヒナちゃんよかった。。。ぽにょぽにょ二海堂くんが療養中であまり出番がなくて残念です(笑)

  • 学生だからこそ経験せざるをえない残酷な現実を、ここまで掘り下げて描かれるとは思いませんでした。学校で感じる孤独(というより「孤立」)の辛さを知っている羽海野先生だからこそ、「あの時欲しかった希望」を描き出せたのでしょう。
    この巻に涙した人はたくさんいるけれど、私たちはいじめが決してなくならない現実も知っている。それでもこの作品によって、今、ひなと同じように苦しみを抱えながら学校に通っている子が、ほんの少しでも救われますように。

  • ちほちゃんの手紙に泣いた。れいくんの日記を買うくだり、「忘れないでおこう …想い出せるように」って、切ないくらいにわかる。おねいちゃんや国分先生みたいなひとが周りにいるかどうかがすごく大事だよね。
    いつの間にかこの漫画も大切に読みたいものになった。

  • 著者の主張に好感がもてる一冊。


    さらに言えば 信じて
    「他のどのライバルよりも1時間長く毎日努力を続ければ ある程度迄の夢は、かなりの確率で」叶う


    人に伝わるのは結果だけじゃない
    世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ

  • ひなちゃんのイジメの件が一段落ついたようでほっとしました…イジメ経験者としてはこの展開には救いがありました。本当に良かった!あかりお姉ちゃんも頑張りました! 次巻は零くんが宗谷名人と対決するようですね…将棋がメインになってきてまたハラハラドキドキの目が離せない展開になりそうで楽しみです!もういっそアニマルを買おうかという勢いです…

  • ヒナちゃんの学校でのいじめ問題が解決して良かった~。
    担任の女性教師が倒れたときは心が痛んだけど、臨時に担任になった国分先生がいい人で、しかも的確にいじめ問題を解決してくれたのでホッとしました。

    棋士たち(新しく出てくる山岳系イケメン桜井さんとか)が、キャラがいちいちすごく立っているのがまた良いですね。

    零はいよいよ宗谷名人と対局するのですが、表面上穏やかで物静かな名人の抱えている異質ですさまじい何かが、恐ろしくも魅力的です。

    笑えたり、しんみりしたり、でこの先のストーリーもものすごく気になります。

  • 6巻の巻末をみたら、8月と書かれていたので、7ヶ月ぶり、だったのですね。
    もう1年くらい出てないじゃん!サボってんじゃねぇよ!とかうずうずしてしまい申し訳ありませんでした。待ち遠しすぎたようです。

    父が将棋マニアだから、もう少し将棋のお話でも楽しめるかな~、と初期の頃は思っていたのですが、結局私には、将棋なるものは全く分からないので、今ではすっかり将棋のところはあきらめて、零ちゃんの成長にフォーカスして読んでいます。

    少し前まで、零ちゃん頭の中にこびりついて離れなかった過去の記憶と、その象徴である血の繋がらない姉も気づけば最近はすっかり影を潜めて、これが零ちゃんが成長している一番の証なのかなと思います。

    あと、6巻くらいからはひなちゃんの成長も楽しみ。

    ひなちゃんのが3つくらい年下なのだけど、女の子の方が精神的にちょっとだけ大人なのを鑑みるとだいたい同世代の二人が、これから(生きてる世界は全然違うけど)どうやって切磋琢磨していくのか、あかりちゃんより年上の私としてはとても楽しみです。

    久しぶりでよく思い出せなかったから、6巻に遡ってもう一回読んだのですが、1日に2冊読むと、はっきり言って涙腺がぶっ壊れますので、これからチャレンジする人は十分に気をつけるように。

  • いじめ解決してよかった。

    いじめたっていう証拠はない、
    でもいじめてないっていう証拠もない。
    先生、力強い。

    3姉妹かわいい

  • 優しさは強さ。勇気の7巻。

  • 心にぐさっと毎回突き刺さる最後はどうなるのか楽しみ

全558件中 226 - 250件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする