3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6600人登録
  • 4.57評価
    • (1284)
    • (561)
    • (130)
    • (8)
    • (3)
  • 559レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何もできなかったと思う零だけど、そばにいてくれるだけでひなちゃんがどれだけ救われてたか、気持ちがよく分かる。これは落ちますねーはい(笑)
    宗谷さん、ちょっと怖い。何か秘密がありそう。

  • ひなちゃんのイジメ解決編。秀逸だなと惚れ惚れしたのはシソを植えるあかりさん&ひなちゃん姉妹と学年主任の先生がクラスを解きほぐしていくコントラスト。「さて…と」あかりさんは家庭菜園を作っていく。「さて…と」先生は生徒に語りかける。そのどちらも「育てる」行為。
    気持ち良く計算が行き届いていて何度読んでも惚れ惚れしてしまう。

  • 7〜9巻

  • ◎レンタル◎ひなちゃん、がんばったね!強くてかっこよかった。
    うみの先生大好きだ!素晴らしすぎるよ><8巻も楽しみ。

  • 結果は大事だけどな 桐山
    人に伝わるのは 結果だけじゃない
    世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ

  • たくさんいいシーンがあったけれど
    私はひなちゃんの ”許さなくていいですか?” というのがとても良かったなあ。

    クラスでは片がついたことになったとしても、傷は癒えないし無かったことにはならない。一件落着の綺麗な空気に流されて無理矢理自分を納得させなくてもいい。
    いっぱい割り切れない思いを抱えたまま、ゆっくり前を向いていければそれでいいんですよね。

    この答えに辿り着いたひなちゃんは 本当に芯のある強い子だと思います。

  • さすがです。
    将棋の勝敗の苦さもいじめ問題の後味の悪さも羽海野チカが描けばとても爽快な感動作になります。
    感情を揺さぶられない人はかなりの捻くれ者でしょう。
    漫画の中ぐらいは救いはあるのだとそれでも人生はなんとかなるのだと信じたいと思います。

  • ひなちゃんの元担任も今までいろいろあって壊れてしまったのか…。
    そして国分先生はちゃんと向き合ってくれる人でよかった。
    いじめた側の親は最低だし、いじめた子もなぜそれが
    悪いことなのかわかっていない風だった。
    こうやって人の痛みを理解しようとしないで自分ばかりの子が
    親と同じような人間になって連鎖していくんだろう。
    ほんとそんな人間には負けたくない。
    ひなちゃんの言うように、こんなところ何があったって、生きて卒業さえすれば私の勝ちだ。

    2013.9.28読了

  • またまた泣いてしまいました。でもこういう先生や学校は現実にあるのかなって、ちょっと疑問ですが、あることを願って… 次巻は、また成長した零の次の対局での試練や成長ぶりが楽しみなところですw そして密かな楽しみは、近所の風景が所々に散りばめられているのを発見することですww いつも思う。ドラマや映画、漫画で取り上げられているような事態(大したことではなくても)の当事者達は、作品を観たり読んだ時に何の感情も湧かないのかなと…湧いてくるようなら、ここまで社会問題にならないのか。後、観てほしい&読んでほしい人に限って、やはりそういうことに興味ないのか。

  • ひなちゃんに笑顔が戻って良かった・・・!(泣)

全559件中 91 - 100件を表示

羽海野チカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする