3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6570人登録
  • 4.57評価
    • (1281)
    • (560)
    • (130)
    • (8)
    • (3)
  • 559レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  •  飢えている漫画だなぁ。
     出てくる主要な皆が飢えている。前に読んだハチミツとクローバーがソフトディスケートされているのに比べるとずいぶんとなまなましい。
     だけど、その生汚ないというか、生きざるを得ない生命の強さを感じるのもまた事実。

     ちなみにこれは読む前にSFだと思ってた。なんでだろ。
     あと、ヤングアニマルで連載してたのか。だから三姉妹なのか。

  • いじめ問題から逃げなかった羽海野チカ。偉いと思います。

  • ひなちゃん良かったと大泣き。
    先生のいままでの態度にはやっぱり納得いかないけれど、何年も同じことの繰り返しに巻き込まれたら、それはわからなくなるよね。きっと何度もどうにかしようとしたんだろうに。

    そしてようやく期待の 零ちゃん×ひなちゃんへの道筋がみえた…!(と、私利私欲な感想もあります。)

  • どのシーンを切り取っても、好きで、せつなくなるマンガです。

    まあ、せつなくなりすぎるところもあるのだけれど、ものすごくまっすぐ前を向いて歩いていく、そして甘くはない、この物語の人々が好きです。

    野口先輩、かっこいい。

  • いじめが止んだ。魔法ではなく、チームプレイで。全般に鳥肌がたってならなかった。将棋の勝負と人生の勝負がリンクしていく。

  • 棋匠戦のポスター…せめてイメージ映像レベルを…(笑)

  • 昔の事をいっぱい思い出しました。
    読んだ事ないのに、どこかに必ず自分の懐かしさをほじくりかえしてくるマンガだよなあ、と読んでいます。

  • 喜んだりがっかりしたりをくり返し
    人は自分の心の取り扱い方を学んでゆくのです…
    人に伝わるのは結果だけじゃない
    世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ

  • 羽海野チカはいつも心理描写が秀逸で、読んでるこちらの心が痛くなるほど。
    今巻ではひなちゃんのイジメ騒動に決着がつき、ほっと一安心。どこか納得のいかない決着は、リアルで、リアルでしかなくて、そこがこの漫画のすごいところだと思う。

  • 新刊が出たらすぐに買っちゃうコミック。
    でも読むのは大事に大事にゆっくり読む。
    今回も、泣いたなぁ〜。
    国分先生がすごく良かった。
    クラスメイトの高城さんに、イライラしてたけど、ひなちゃんが少しずつ強くなってくれて、嬉しい。
    でも私はあかりさんファン。

  •  前巻が微妙(いじめ編長すぎ・・・)だったので、この巻で持ち直してよかった。

  • 尾木ママが今日テレビで言ってたけど、「(学級崩壊の解決法)担任を変えれば、次の日からガラリと変わるわよ。」
    実体験からほんとそう想うな。
    その選択肢を早めに出すことは、先生にとっても生徒にとってもありなんじゃないかと考えさせられる。

    そんなことを考えてる間にストーリーはぐんぐん進む〜
    宗谷名人が氣になる、楽しみ!!

    大阪で原画展開催中、明日出掛けたついでに寄ってみよう♪

  • 学生だからこそ経験せざるをえない残酷な現実を、ここまで掘り下げて描かれるとは思いませんでした。学校で感じる孤独(というより「孤立」)の辛さを知っている羽海野先生だからこそ、「あの時欲しかった希望」を描き出せたのでしょう。
    この巻に涙した人はたくさんいるけれど、私たちはいじめが決してなくならない現実も知っている。それでもこの作品によって、今、ひなと同じように苦しみを抱えながら学校に通っている子が、ほんの少しでも救われますように。

  • 羽海野先生といえば優しすぎて悪人が描けない作家さんというイメージでした。
    そんな優しい先生の描いた『許さなくていいですか』という台詞がぐっさり刺さります。

    『結果だけで世界が回っているわけではない』という台詞に号泣。
    こんな優しい言葉をかけてくれる人が零の近くにいる。

    一人で生きていくことを決めていた零が
    いつのまにか誰かに守られている自分の弱さに気付き
    大切な人を守る強さを得たいとまで思った、その成長に涙。

    天才少年が悩む物語から
    人間関係をうまく築けない男の子が少しずつ世間に溶け込んでいく、
    傷つきながらも仲間を作り強くなっていく物語にシフトしてきた気がします

  • 学校はやっぱり社会の縮図で、社会はたくさんの人とたくさんの理不尽で溢れてて、息が詰まる。
    でもそれでも優しい人はいて、心に響くのは結果よりも過程とそこに詰まった優しさであって、その優しさが自分にも相手にも力になって、戦える。
    それがあたたかかった。

    いじめってかなり複雑で繊細な問題だけど、きちんとひとつの答えが出ていて作者の羽海野さんも逃げずに戦ったのがわかった。
    なんだか入り込みすぎて、「傍観してるだけで私はひなちゃんに何もしてあげられなかった、零くんたちはあんなに頑張ったのに…」と思ってしまった(笑)
    けどひなちゃんはこんな私に対してもあたたかくいてくれるんだろうなあ、いい子だなあ。←我ながら痛い…

    ただ、なんか絵の乱れを感じた?絵が変わる過程なのか不調なのか忙しすぎるのか?
    クレームというより、心配。

    あ。65話大好きです。零ちゃん…!涙

  • 誰かを悪者にしないところ、そんなところが好き。
    多角的な見方をすること、今、必要なんじゃないかな。

  • いろいろ状況が好転してきてよかったよかった。

    倒れちゃった先生がいるけど、そういう先生がでないようにするのも学年主任の仕事なんだけどな。

    名人の怖さはなかなか良かった。

    でも巻が進むにつれて、ライバルの健康状態が心配で心配で。そういう話になるまでにこの漫画読むの辞めようと思っているのだがタイミングを逃しそうで怖いゾ。

  • 表紙ずるい。読み終わると眺めてるだけでもう泣ける。毎回ボロ泣き。もうそれぞれの涙にいちいちぶわわってなって困る。みんながつかみ取ろうとしているものがそれぞれにキラキラしていて大切すぎてまぶしい。急に手に入ったんじゃないんだよ。だから大丈夫なんだよ。そしてすっごいいいところで終わっている。次巻が待ち遠しいです。

  • チャプターごとに読むのを中断しなければ涙が零れそうなくらい、心に直接突き刺さる作品でした。
    本気で、全速力で生きる人々を、本気で丁寧に描く羽海野チカさんのその思いにも心を打たれました。

    そして、零くんとひなちゃんのきゅんきゅんな感じも深まって参りましたね!!
    いやー、これからの展開も楽しみ!
    この巻では二階堂くんがあまり出てこなくて、どうなっちゃうんだろう、、、と心配でもありますが、これからどうなっていくのか、とっても楽しみ!

  • この一冊にどんだけ見せ場つまっているのっ!?しょっぱな、前の巻できらいだった順慶に射られた。水底に例えた心理描写に嗚咽。中盤ひなちゃんの環境に変化では、教育者とは?保護者とは?を考えさせられ。そして将棋の鬼、名人との対局へ・・・。これほどにてんこ盛りなマンガは他にないです。作者の血を吐くほどの努力の結晶なんじゃないかと、一読者として感謝することしかできないのがもどかしいほど。

  • 学年主任の国分先生、最高。「『教育』とはうまい事いったもんだよ――『教える』に『育てる』か…『育』の字がなければとっくに放り出しているぜ、こんな事」だって。とりあえず単行本化されている7冊をすべて読みました。物語は将棋がテーマとなり進んでいきますが、人間の心の奥深いところにある本質が描かれているような気がします。

  • ひとりでも自分を信じてくれるひとがいることは、おおきな力になる。

  • はああああ・・ ヒナちゃんよかったあ・・
    国分先生かっこいいな

  • はっ……気がついたらブクログ立ち上げてた……

    『3月のライオン』て、今話題になってるみたいだけどどんな本?
    ——とかってもし聞かれたとして、その人にこの本をどう紹介したら良いだろう。
    たぶん時間がなければ、将棋の話、って答えるだろうな。主人公はダブった現役高校生のプロ棋士、中学生でデビューして将棋界注目の若手……。

    幼い頃に家族を失った彼の唯一の生きる糧が将棋だった。

    彼はすがりつくように将棋と向かい合うのだけど、その姿勢は対局番組の冷静さからは想像もできない情熱の塊で出来ていて、
    彼はいつの間にか「人」と離れたところへ行ってしまうのだ。

    「零」という名前の通り、孤独さから彼の物語は始まる。
    だけど「様々な人間が、何かを取り戻していく優しい物語です」という背表紙の紹介にもある通り、零くんが主人公でありながらも、彼の周囲のすべての人に物語がある。彼の、知りえないところで。

    だからこの物語を「将棋の世界も大変だ」とか「いじめはよくない」とか「あきらめない」とか、月並みなメッセージでくくることはやっぱり出来そうにない。当たり前だけど。

    ああ、こうやって世界って回ってるんだよな、って思える漫画。

    この7巻は表紙がすごく良いと思うの。

  • 本気の大人は格好いいなぁ。本気の子どもも格好いいなぁ。

全559件中 26 - 50件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする