ブクログ大賞

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6539人登録
  • 4.57評価
    • (1278)
    • (557)
    • (129)
    • (8)
    • (3)
  • 558レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 皆様がレビューしてらっしゃるとおり、
    ひなちゃんのいじめ問題に決着!です。

    胸のつかえが取れた感じを受けた方も
    いっぱいおいでなのでは。
    私自身もそうですが…。

    全くひなちゃんの言うとおり、

    「いじめてる側のせいで人生棒に振るなんて馬鹿らしいし、
    生きて卒業したら勝ち」

    っていうのは、実感のこもった言葉です。
    私自身も中学卒業まではそう思っていました。

    実際高校以降は良い友人にも恵まれましたし、
    そこで合わなかったからって、人生否定されるわけじゃないです。
    今に見てろ…欠席なんてするものかって思ってましたね。

    閑話休題。

    この問題に多くのページを割いているので、
    将棋のお話はあまり出てこないけど、
    私はこの巻って大事だと思うんです。

    零くんは、自分は何もしなかったって林田先生に言いますが、
    先生のお返事通り、何か具体的にやったように見えなくても

    苦しい戦いをしてるさなかに受けた優しさが、見えない形で
    支えになっていたり、全く別のところから報われることもあるのを
    描いているからです。

    優しさは持ち回り。
    誰かから受け取ったら、ちゃんといつか、誰かに返せばいい。

    彼にとって、誰かの支えになりたいとチカラを尽くす経験無くして
    自分の戦いに勝利することは、今後難しかったでしょう。

    自分の戦いに挑む事無くして、誰かの支えになることは
    出来ないように…。

    誰も手出しのできない、自分ひとりで挑むものを持つなら
    零くんにとって、それはとても大事なことのはず。

    だって、勝負に勝っても人生に負けたら意味ないし
    人生に勝っても、大事なことへの戦いに負けてばかりでは悲しいから。

    一見関係ないように見える問題だけど、零くんの人間的な成長の
    ステップとしては、落としたくない部分だと思います。

    ところで…ひなちゃんが零くんのこと、桐山くんって呼ぶようになってるね。
    最初は零くんじゃなかったかな??違ったっけ?

    うふふ、この二人って兄と妹みたいだけど、ステディになるのかな?
    初々しくて、それも可愛いなぁ。

    なーんて。

    次も楽しみですね。

  • 人間が苦しんでいるとき、必死に頑張るし、本当に力になりたいと思う人がいるときには、自分が苦手だと思っていることからも一歩抜け出そうとするんだなと実感させられました。

    ひなのいじめのことも少し前進。零はひなを守るために頑張るけれど、人との関係を築くことが苦手な分、どうしていいか悩みながら手を差し伸べる。この作品に出てくる人は、零もひなもおねいちゃんもおじいちゃんも島田も二階堂も...みんな強いと思う。ひなの学年主任の先生、ざっくばらんだけど闇にメスを入れる姿はかっこいいと思う。現実にもこういう先生が必要なのではないだろうか。

    そして宗谷名人との対局がどのように零を成長させるのか、今後が楽しみです。

  • ヒーローみたいな零くん、強く頑張ったひなちゃん、素敵な学年主任の国分先生、温かい気持ちをありがとう。
    危うく号泣するとこやった…

  • 【本日の国分先生】
     「証拠なんてね、出て来る訳が無い。イジメではね、証拠が無いのが当たり前なんですよ」

  • 購入。ひなちゃんとしては解決したけど、いじめてた子達の意識が変わらないと一時的なものじゃないかなと思う。でも、ひなちゃんの笑顔にほっとして泣いてしまった。モン教になってまで怒って、真剣に考えてくれた林田先生がホント好き。

  • ようやくいじめ問題が解決の方向へ。
    ひなちゃんの笑顔が戻ってきてよかった!
    零のおかげだね(*^_^*)
    学年主任さんもなんて心強いんだろう。
    いろんな学校もこんな先生がいてくれたらな。

    ポスターほしい…!かっこよい!

  • 小さな勇者、ひなちゃん。

    気持ちは強く持てているのに、具体的にどうしたらいいのか分からない。時は止まらなくて、物事は流れ、結局何もできないまま過ぎていく。でも、本当はそんなことはない。

  • 高校生プロ将棋棋士・桐山零と彼を取り巻く人々の人生を描いた物語。

    順慶の独白から始まり、ひなたのいじめ問題、将科部存続の危機、そして宗谷名人との記念対局などなど、相変わらずこってりテンコ盛りのお話です。

    京都までひなに会いにいったり、川本家を支え始めた零は、野口君らと楽しい部活の時間を過ごす。しかし彼らには部活からの卒業が迫っている…。

    楽しかった日を決して忘れないでおこうという零のモノローグは、「ハチクロ」の登場人物達が皆で河川敷で四葉のクローバーを集めるシーンにも通じるものがあり、ジーンとしました。

    ひなのいじめはこの巻で一応の決着を見て、ちほのその後も描かれ。さわやかイケメンの櫻井棋士も登場し、新人戦記念対局の影で、棋匠戦(島田八段の復活)も進む。
    次巻は再び将棋の世界にどっぷりと戻りそうな予感。楽しみ。

  • 新人王を獲った零だったが、
    いじめられているヒナのために、
    自分が何もできないと勝手に思い込んでいた。
    一方、ヒナは学校で心が挫けそうになりながらも、
    懸命にいじめと戦っていた。
    二人の様々な思いが交錯する中、
    物語は新たな展開を見せる。

    「本当の優しさとは何か?」読者の方に問いかけます。

    様々な人間が、何かを取り戻していく優しい物語です。

  • 8巻が発売された時のまわりの人の反応を見て、7巻まで借りてきた。

    将棋の話でしょ?
    意味分かんないじゃん!

    なんて思っててすみませんでした!
    浅はかでした!

    涙なしでは読めない漫画です。
    8巻は未だに読めていません。
    今度借りに行こう。

  • 将棋というよりはむしろいじめ漫画。とはいえこの巻で一応の決着がつくので、ペース配分としてはむしろ妥当なところか。濃密に描かれていた分、決着のつけかた(学年主任)がなかなかかっこよく溜飲が下がった。

  • 少年マンガのわくわくや、少女マンガのときめきとは違うものがある本です。

    ブクログのランキングのトップにあったので読んでみました。
    7巻ではありますが、十分に話の流れがつかめ、読みやすい内容です。

  • 7巻までTsutayaレンタル。

    絵がかわいい。
    特に女の子の絵がとってもキュート。
    (ハチクロを読んでなかったので、なおさら新鮮)

    将棋の部分はよくわからんので(笑)、斜め読み。
    でもコラムで雑学は得た。

    食べ物の描写、背景の描写が細かくてスゴイなぁ~。
    聖路加病院のあたり、懐かしい。

    いじめの回は考えさせられた。
    学年主任の言葉が重くて。

    さすがマンガ大賞受賞作って感じ!!

  • 3月のライオン第7弾。

  • ひなちゃんに号泣!
    ひなちゃんの…正しさに。歯を食いしばって進む強さに。
    生きて卒業さえすれば勝ちだ、と言った彼女に。
    国分先生もステキです。

  • この巻で一番印象深かったのはシリアス野口の言葉。いや、高3って嘘だろ〜w
    マイナスの感情も必要なんだって、本当に優しい視点のあるお話だなぁ。

    いじめの解決は本当に難しい。
    女性担任もひどいと思ったけど、事情を見ると苦しんでいたのは解るし、もっと早く他の先生たちも巻き込めれば良かったのかな。
    描かれてはいないけどいじめっ子の方にも何かありそうではあるし。
    ただいじめられた方に非がないのは明確。たとえあったとしても虐めていい理由にはならない。
    この前の巻の林田先生や、途中担任を引き継いだ国分先生のやり方は具体的で現実でも参考になりそう。

  • ひなちゃんのいじめが解決して良かった!
    ほんとにいじめてた子嫌だった!
    ほんとひなちゃんよかった(*^_^*)

  • こういう先生、本当にいてほしいと思います。
    (でも、同僚のことも助けてあげて…)
    いじめる側ってどうやったら救われるんですかね。

  • 高城さんは悪い奴だとばかり
    思ってたけど

    高城さんの言うことにも共感できる自分がいる…

    勇気の第7巻

  • それぞれの登場人物に光が見えてきてとりあえずほっとした。

  • いじめを解決した学年主任の先生。ここまで小気味いい先生が実際にいたらなぁ…。相変わらず、各話表紙のモモちゃん小話がイカす。

  • ひなちゃん!かっこいーなぁ。
    桐山くんよかったね。
    先生ってのも大変だなぁ、ほんとご苦労様です。
    いじめに解決策はないけど、理解者が増えて孤立でなくなったのは本当よかった。

    これだけ毎巻泣けて笑えるってのもすごいな。

  • 再読。
    順慶のエピソードで、ただ悪い人をつくらない、見捨てたりしないことに感動した。
    これまでで一番続きが気になる終わり方。

  • “夢かと思ったの
    知らない街でひとぼっちで どこに居たらいいのかも解らなくて
    心細くて 泣きそうになっていたら
    髪がくしゃくしゃになる程走って息を切らしたあなたが立っていたから”

    先生が顔からは想像できない。意外だった。

    Thanks to K.H.

    “「解るよんなもん
    ずっと話聞いて来たんだからさ
    お前がどれだけ一生懸命だったかも
    彼女<ひなちゃん>がどんなに色んな事解ってしまうちゃんとした子だとかもな…
    結果は大事だけどな——桐山
    人に伝わるのは結果だけじゃない
    世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ
    記念対局 がんばれよ」
    「はい」”

全558件中 51 - 75件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする