3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6581人登録
  • 4.57評価
    • (1282)
    • (559)
    • (130)
    • (8)
    • (3)
  • 557レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひなちゃん!かっこいーなぁ。
    桐山くんよかったね。
    先生ってのも大変だなぁ、ほんとご苦労様です。
    いじめに解決策はないけど、理解者が増えて孤立でなくなったのは本当よかった。

    これだけ毎巻泣けて笑えるってのもすごいな。

  • ひなちゃんのイジメ問題完結と、桐山くんと宗谷名人発対戦へ向けての話。

    イジメを描くマンガはよくあるけど、納得感のある描き方は難しいと思う。
    綺麗事になり過ぎたり、グロい部分を強調し過ぎたり。
    本作は、桐山くんが京都に現れたり、素敵な先生が最後に出てきたり、ひなちゃんが強かったり、なかなか現実はそうはいかないよね、と思う部分も多々ありつつ、でも綺麗事過ぎない、マンガとして丁度良いバランスで描かれてるなぁと思いました
    そして毎回号泣…。

    宗谷名人の鬼才っぷりがかっこえーなー。
    次巻からの対局が楽しみ♪

  •  あぁ、本当にこの漫画はズバズバと。何もできなかったって思うことあるけど、そんなことないんだろうな。その人のことを想ってるだけでも、その気持ちに嘘がなければ、ちゃんと伝わるんだろうな。
     次の巻が楽しみで仕方がない。読み進めるたび、この漫画に出会えて良かった、何度も読みたいという気持ちになる。

  • 将棋の漫画が、いつのまにか青春漫画になってる!
    教育ってすごいなと改めて思った。従兄が教師してるけど、この漫画に出てた先生みたいに過労になったり、思い詰めたりする時があるのかな〜

  • ハチクロが大好きでこの漫画も手に取りましたが、登場人物一人一人の魅力にどっぷりはまりました!将棋のことは全く分からないのに、ストーリーだけでこんなに好きになれるなんて…みんなを応援したくなる、自分も頑張ろうと思える漫画です!

  •  飢えている漫画だなぁ。
     出てくる主要な皆が飢えている。前に読んだハチミツとクローバーがソフトディスケートされているのに比べるとずいぶんとなまなましい。
     だけど、その生汚ないというか、生きざるを得ない生命の強さを感じるのもまた事実。

     ちなみにこれは読む前にSFだと思ってた。なんでだろ。
     あと、ヤングアニマルで連載してたのか。だから三姉妹なのか。

  • いじめ問題から逃げなかった羽海野チカ。偉いと思います。

  • ひなちゃん良かったと大泣き。
    先生のいままでの態度にはやっぱり納得いかないけれど、何年も同じことの繰り返しに巻き込まれたら、それはわからなくなるよね。きっと何度もどうにかしようとしたんだろうに。

    そしてようやく期待の 零ちゃん×ひなちゃんへの道筋がみえた…!(と、私利私欲な感想もあります。)

  • どのシーンを切り取っても、好きで、せつなくなるマンガです。

    まあ、せつなくなりすぎるところもあるのだけれど、ものすごくまっすぐ前を向いて歩いていく、そして甘くはない、この物語の人々が好きです。

    野口先輩、かっこいい。

  • いじめが止んだ。魔法ではなく、チームプレイで。全般に鳥肌がたってならなかった。将棋の勝負と人生の勝負がリンクしていく。

全557件中 21 - 30件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする