3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6559人登録
  • 4.57評価
    • (1279)
    • (559)
    • (130)
    • (8)
    • (3)
  • 559レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • この巻は、だいぶ、来た。
    いつか読み返すなら、この巻がいい。

  • ちほちゃんの手紙が救いになったね。もう目から汗が止まんなくなっちゃった。

    あとついでに桐山君新人王おめでとう〜。

    記念対局会場がもろ地元でドッキリ。宗谷名人!いつでもおでんせ!
    繋温泉のホテル大観ね……。なかなかのいいホテルっすよ。ホント。一回会社で付き合わされていったことがあります。大浴場に行く勇気くらいは私にはありますが、ぶっちゃけあんまり寛げなかった辺り零と共感したり。。。ホントね、仕事付き合いくらいでしか行く機会ないんだけどああいう場所。。。仕事じゃない時に行けるといいなぁああいうとこは。。。

  • ひなちゃんに笑顔が戻ってきて本当によかった…!

    でも、たしかにこれでいじめは終わりなんだろうけど、だからよし、という訳ではないのだと思った。
    ちほちゃんも一歩一歩すすめるようになってよかった。

    零くんが泣いちゃうほど嬉しいのも、ずっと読んできたから自分の心にも伝わった。野口先輩も素敵です…!

  • 担任の先生には今まで色々思うところもあったけど、こう書かれると同情する部分も出てくるな。誰だってなにかと戦って生きているということなんすかね。
    重い話が続いたけど、上手くキレイにまとめてくれてよかったし流石って思った。
    これはアニメ化、ドラマ化、映画化、どれが来るのかな。どれも来るのかな。

  • え,あ……島田さんまだ30代なんや。「こんな急に手に入ったものは,やっぱり,また急に消えて行っちゃうのかなぁ。でも,今はただうれしくて,うれしくて……そうだ,もし,いつか消えちゃうんだとしても,忘れないでおこう。うれしかった日は,確かにあったんだって,また,いつでも,何度でも,思い出せるように」じゃないよ,桐山くん!もー,可愛いすぎる!!
    「でも,これ,転校する者が出る程のいじめがあったのに,お前ら38人もいて当事者以外誰一人声を上げずここまで見て見ぬフリをして来た代償だから」くっそ,やるな国分先生!どこの学校でもああしていじめ対策できりゃあね……先生も暇が無いし,学校も対策費も人もいないし。

  • ここんとこ辛い展開だったので、安心しました。ヒナちゃんは強い。現実世界では、正しい人がきちんと報われるわけではないけど、物語の中くらいは救いがあっていい。いい人もいれば嫌な人もいて、山もあれば谷もある…それが人生なんだなあ。(でもたまに、谷ばかりになっちゃう人もいるのは何故なのか…)
    先日、知人にこの漫画の面白さを伝えたくてあらすじを説明したら、「…それってホントに面白いの??」と疑われてしまった。。確かに、みんな暗いし辛いけどさ、境遇的には…

  • 川辺のシーン、甘味やさんのシーンが好き。

  • どうしていじめを解決できたのかを考えてみました

    本人 の宣言と戦うための強い意志
    親 の協力と理解と覚悟
    先生 の協力と理解と覚悟
    学校 の協力と理解と覚悟
    相手 が普通の子 (基地外、サイコパス、少年院送りレベルの犯罪者ではない)

    の条件がすべて整ったから解決したんだと思います

    逆に言えばどれか一つでもかけていたらいじめ問題は解決するのが難しくなるということです

    これはいじめはこの世からなくならないなと思いました

    では解決する前の状態はどうだったかというと

    親○ 本人○ 先生× 学校× 相手○

    だと思います
    先生がだめなせいで学校の協力も得られていませんでした

    逆に言えば先生がだめなだけで問題が解決できなかったのです

    物語は先生が退場したことで一気に情況が好転していきました

    まるでドミノ倒しのようです、本人が勇気を持って最初の牌を倒したのに先生がそれを止めてしまっていたんです

  • ぶっちぎりで岳人さんが・・・タイプどストライクです・・・

  • この巻がいまのところ、1番好き!

  • どこかに救いはある、と信じたくなる。
    真摯に一途に立ち向かえば、きっと。

  • 何もできなかったと思う零だけど、そばにいてくれるだけでひなちゃんがどれだけ救われてたか、気持ちがよく分かる。これは落ちますねーはい(笑)
    宗谷さん、ちょっと怖い。何か秘密がありそう。

  • ひなちゃんのイジメ解決編。秀逸だなと惚れ惚れしたのはシソを植えるあかりさん&ひなちゃん姉妹と学年主任の先生がクラスを解きほぐしていくコントラスト。「さて…と」あかりさんは家庭菜園を作っていく。「さて…と」先生は生徒に語りかける。そのどちらも「育てる」行為。
    気持ち良く計算が行き届いていて何度読んでも惚れ惚れしてしまう。

  • ◎レンタル◎ひなちゃん、がんばったね!強くてかっこよかった。
    うみの先生大好きだ!素晴らしすぎるよ><8巻も楽しみ。

  • 結果は大事だけどな 桐山
    人に伝わるのは 結果だけじゃない
    世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ

  • たくさんいいシーンがあったけれど
    私はひなちゃんの ”許さなくていいですか?” というのがとても良かったなあ。

    クラスでは片がついたことになったとしても、傷は癒えないし無かったことにはならない。一件落着の綺麗な空気に流されて無理矢理自分を納得させなくてもいい。
    いっぱい割り切れない思いを抱えたまま、ゆっくり前を向いていければそれでいいんですよね。

    この答えに辿り着いたひなちゃんは 本当に芯のある強い子だと思います。

  • さすがです。
    将棋の勝敗の苦さもいじめ問題の後味の悪さも羽海野チカが描けばとても爽快な感動作になります。
    感情を揺さぶられない人はかなりの捻くれ者でしょう。
    漫画の中ぐらいは救いはあるのだとそれでも人生はなんとかなるのだと信じたいと思います。

  • ひなちゃんの元担任も今までいろいろあって壊れてしまったのか…。
    そして国分先生はちゃんと向き合ってくれる人でよかった。
    いじめた側の親は最低だし、いじめた子もなぜそれが
    悪いことなのかわかっていない風だった。
    こうやって人の痛みを理解しようとしないで自分ばかりの子が
    親と同じような人間になって連鎖していくんだろう。
    ほんとそんな人間には負けたくない。
    ひなちゃんの言うように、こんなところ何があったって、生きて卒業さえすれば私の勝ちだ。

    2013.9.28読了

  • またまた泣いてしまいました。でもこういう先生や学校は現実にあるのかなって、ちょっと疑問ですが、あることを願って… 次巻は、また成長した零の次の対局での試練や成長ぶりが楽しみなところですw そして密かな楽しみは、近所の風景が所々に散りばめられているのを発見することですww いつも思う。ドラマや映画、漫画で取り上げられているような事態(大したことではなくても)の当事者達は、作品を観たり読んだ時に何の感情も湧かないのかなと…湧いてくるようなら、ここまで社会問題にならないのか。後、観てほしい&読んでほしい人に限って、やはりそういうことに興味ないのか。

  • ひなちゃんに笑顔が戻って良かった・・・!(泣)

  • リミッターの効いた努力。。。
    あと、担任の先生が格好いい。

  • 真剣に将棋を指す人に悪い人はいないってことですかね。そして、ついに、やっといじめ問題に解決の光が。っていうか、結局いじめ問題ってのは生徒の中のことだけど先生が中途半端でなく思いっきり介入していかないとどうにもならないよなぁ。それでもどうにもならないこともあるかもしれないけど、それも含めて先生が生徒に対しての影響力ってホント重要だなぁ。そして、単純に二人が恋愛関係に発展しないところがこのマンガの良いところですね

全559件中 76 - 100件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする