ブクログ大賞

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6539人登録
  • 4.57評価
    • (1278)
    • (557)
    • (129)
    • (8)
    • (3)
  • 558レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • またまた泣いてしまいました。でもこういう先生や学校は現実にあるのかなって、ちょっと疑問ですが、あることを願って… 次巻は、また成長した零の次の対局での試練や成長ぶりが楽しみなところですw そして密かな楽しみは、近所の風景が所々に散りばめられているのを発見することですww いつも思う。ドラマや映画、漫画で取り上げられているような事態(大したことではなくても)の当事者達は、作品を観たり読んだ時に何の感情も湧かないのかなと…湧いてくるようなら、ここまで社会問題にならないのか。後、観てほしい&読んでほしい人に限って、やはりそういうことに興味ないのか。

  • ひなちゃんに笑顔が戻って良かった・・・!(泣)

  • うかつだった…
    3月のライオンがこれほどまでに面白い作品だったとは…!

  • 1巻〜7巻読了。将棋に興味はなかったけど、話題になっている作品なので読んでみた。ひなの話は泣いた。いじめの悲しさに、それでも前に進むひなの強さに泣いた。

  • ちほちゃんの手紙で泣く。ひなちゃん好きだあああ。弱いからこそ、優しさと強さを手に入れていく物語。
    レビュー登録日 : 2012年03月26日

  • いじめ編一区切り。マンガでいじめをこういう展開させてるのって、あんま見たことないなあ。逆にマンガだからできる表現なのか

  • もう表紙だけで泣ける。

    すごく個人的な体験だけど、救われるのは作中の零くんだけでなく、ひなちゃんだけでなく、読んでいる私も、です。

    凄まじい力を持った作品です。
    結末まで、絶対に見届けます。

  •  あぁ、本当にこの漫画はズバズバと。何もできなかったって思うことあるけど、そんなことないんだろうな。その人のことを想ってるだけでも、その気持ちに嘘がなければ、ちゃんと伝わるんだろうな。
     次の巻が楽しみで仕方がない。読み進めるたび、この漫画に出会えて良かった、何度も読みたいという気持ちになる。

  • コミックス派なので、早く続きが出てほしい。

  • 7巻にしてハチクロを超えた。

  • 将棋どこいったよ?!感は否めませんがストーリーは相変わらず凄まじい、納得させられる。いじめについては解決はしてないものの最良の結果で嬉しく思う。作中にも出てくるけれど、腑が煮え繰り返るどころではない、分かり合えないなら許さなくて当然なのかもしれない。

  • 1~7巻までのまとめ。毎回速攻購入してます。もう刷り込みだよ。
    羽海野さんの書いたやつ=ツボ。

    ファンタジーのようだと思ったのはほんの最初だけで、主人公や自称親友の葛藤とか、一見少女漫画ヒロインの三姉妹次女のイジメの話とか、いろんな現実を精一杯描こうとしてるんだと思い知りました。

    綺麗ごとだけ書いてるわけじゃないのにこんだけ好きなのは、その中に必ず希望があるから。決して突き放して終了、ではないからです。

  • 「誰かのため」に頑張ることってとても難しい。
    欲があってもなくてもだ。

  • ひなちゃんのイジメ問題が一応決着。もう少し早く教師が介入できなかったのかと思うが、それでも何とかなって本当に良かった。ひなちゃんのひたむきさ、けなげさに感涙です。

  • いじめ、完結。零は自分がひなを救えなかったと後悔するが、ひなの一言で救われる。そして、新人王になった零はついに宗谷名人との対決に!!

  • 将棋の漫画が、いつのまにか青春漫画になってる!
    教育ってすごいなと改めて思った。従兄が教師してるけど、この漫画に出てた先生みたいに過労になったり、思い詰めたりする時があるのかな〜

  • 本巻も、「いじめ」がメインテーマです。

  • ひなちゃんを助けに探し回って息切らしてる桐山くん。かっこよすぎでしょ!!国分先生もかっこよかった!!こんな先生に会ってみたいです!

  • ハチクロが大好きでこの漫画も手に取りましたが、登場人物一人一人の魅力にどっぷりはまりました!将棋のことは全く分からないのに、ストーリーだけでこんなに好きになれるなんて…みんなを応援したくなる、自分も頑張ろうと思える漫画です!

  •  将棋のことはわからないけれど、面白くツールを説明していた場面に自分もメモを。

     いじめ 聴いてくれる人がいて、受け止めてくれる家族がいて、「がんばってみよう」と思えるんですよね。

     納得の言葉
    「辛すぎるのなら そこから立ち去っていい」
    「まともじゃないことを してくるヤツらには」
    「まともに 立ち向かうことはしなくていい」
    「でも」
    ・・・・・「起こっているのだ」「腹の底から煮えかえる程に」

    強くなったひなちゃんです。

  •  飢えている漫画だなぁ。
     出てくる主要な皆が飢えている。前に読んだハチミツとクローバーがソフトディスケートされているのに比べるとずいぶんとなまなましい。
     だけど、その生汚ないというか、生きざるを得ない生命の強さを感じるのもまた事実。

     ちなみにこれは読む前にSFだと思ってた。なんでだろ。
     あと、ヤングアニマルで連載してたのか。だから三姉妹なのか。

  • いじめ問題から逃げなかった羽海野チカ。偉いと思います。

  • 最初っから、最後まで泣きっぱなし。早く次が読みたい!

全558件中 76 - 100件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする