3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6508人登録
  • 4.57評価
    • (1275)
    • (556)
    • (128)
    • (8)
    • (3)
  • 557レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 6巻からの流れにどう決着がつくのか、はらはらしながら読んでいました…。
    ひなちゃんの問題が、こんな形で解決するとは驚くとともにとても嬉しいなぁと思いました。昨今、世の中で問題となっていますが、こんな風に解決できたらいいのにと願ってしまいます。

    また、序盤の新人王と山崎五段の話のくだりは、すごく考えさせられました。あの旧友の飲み会中の発言なんて、誰しもはっとさせられるのでは?と思ったり(無意識に人を傷つけるって怖い)。

    「リミッターのついた努力しかできなくなった」

    これは身に覚えがある気がします。まずは、夢を信じて努力をするところから始めようか―。

  • 甘味屋さんのとこ好き。

  • 強さは、切なさ。両面から見た時のことを考えさせられた。全体的にそう。
    零くんも本当に、変わってきたなぁ。
    宗谷名人との対決が、どれほどしんどいことになるのか、今からハラハラします。

  • ちょっとした喜びや日々の苦悩、正しさを貫くとこと、うまくやることのジレンマなど、登場人物のいろんな心が鮮やかに描かれていて、とても素敵な本でした。みんながひなたちゃんみたいに正しいことをつらぬけるほど強くはないよ…

  • ひなちゃんの優しさ、強さに泣いた

  • ここ一カ月で、凄く考えさせられた。

  • 友人から借りて読了。

    世間で大津のいじめによる自殺が話題になってる時に読むことになるとは…。
    書きたいことは沢山あるけど、まとまらないので止め。

  • この作者さんはどんなキャラでも見どころを作るというか、キャラを魅力的に描くのがうまいなぁ。
    あとはひなちゃん。
    今世間でも話題になってるだけに、いい方向にいって非常にほっとした。

  • ひなちゃんがいじめから脱出
    国分先生みたいに辛坊づよく
    取り組んでくれる先生が、現実
    にほしい!

  • どのシーンを切り取っても、好きで、せつなくなるマンガです。

    まあ、せつなくなりすぎるところもあるのだけれど、ものすごくまっすぐ前を向いて歩いていく、そして甘くはない、この物語の人々が好きです。

    野口先輩、かっこいい。

  • いじめが止んだ。魔法ではなく、チームプレイで。全般に鳥肌がたってならなかった。将棋の勝負と人生の勝負がリンクしていく。

  • 相変わらず意味のある暖かさだなー。零くんの変わったよね。本当に。

  • ひなのいじめ問題は出口が見えてきた。

    桐山は新人王になり、名人と対局することに・・・。

  • 何度読んでも同じ所で泣いてしまいます。
    最初は、銀が戻ってきた所で…
    それから…

    修学旅行先に桐山零が現れたことに感動するひなちゃんと家族。
    みんなで桐山君のお祝いにあんみつ屋さんへ。
    食べっぷりがすごくて楽しい。

    いじめでクラス崩壊がピークに達し、担任の先生が倒れるまでに。
    いじめられている側を責めるような態度に納得いかなかったが、これまでにも似たようなことが続いて苦労してきたらしい。
    担任は入院。
    学年主任が担任となり、いじめを見過ごさない姿勢を取る。
    しかし、いじめた側の親は、三者面談に呼び出されても強気で、うちの子がやったという証拠があるのかと詰め寄る有様。
    いじめには普通、証拠はなくて当たり前なのだと断言する先生。
    他の教師も協力し、生徒それぞれに本腰を入れて話を聞こうとする。
    その姿勢に、ついに空気は変わっていくのだ。

    結局何も出来なかったという零。
    驚愕して怒るひな。
    零が先生にそのことを話す下りも良いですねえ。

    おじさん達もそれぞれに面白い。
    宗谷名人との記念の対局が大きく取り上げられることになり…
    宗谷名人の浮世離れした将棋の鬼っぷりが今後を期待させる迫力!

    [追記]いじめが問題になっているので、トップに出しました。
    真っ直ぐなひなちゃん。
    学校で悔しい思いをしても、他ではこんなに温かい人に囲まれていたひなちゃんは、幸せだよね。
    学校でも先生がようやく本腰を入れてくれたし。

    新聞報道の事件は、いじめというよりも既に非行、りっぱな犯罪だけど。
    誰かに相談しても最初はダメかも知れない。世の中の大抵の人は、軽いいじめには遭ったことがあっても、ひどいいじめを解決したことはないから。
    でも諦めないで!
    心配してくれる人は必ずいる。いろんな方法があるから。
    逃げたっていいんだよ。今の学校やクラスがすべてじゃない。他の場所もあるから。何人かに相談してね。

  • 単純な悪役はいない。
    片側から見ると、ずいぶん憎らしい人でも、反対側から見ると違う。人それぞれに抱えている背景や事情がある。
    冒頭の順慶さんの話や担任の先生の話は、まさにそれ。
    一筋縄にはいかない、深いマンガだ。

    今回、いじめ問題に区切りがつく。
    学校側が本格的に介入して、一応の終結。
    零ちゃんは「何もできなかった」というけれど、ひなちゃんや先生の言う通り「そんな事ない」。こんなにしてくれる高校生の男の子はなかなかいないと思う。
    今回、零ちゃんが「いつの間にこんな明るい場所に出たんだろう」と気づくけれど、こんな優しい子なら当たり前なんですよ。素直に喜んでいいんですよ。「いつか消えてしまうとしても」と思わずにいられないところがせつない。

    今回はふわっと、心が軽くなるような巻だった。

  • 将棋のことって、全然わからないんだけど面白い
    そして、ナイーブで心根のやさしい人たち
    一生懸命さから出る面白さなどなど、
    これでもかってくらいてんこもり
    1巻から読み直しちゃって、一気に7巻
    まだまだ続きが気になりますな

  • 5巻くらいまでずっといろんなモノゴトを溜め込んで積み重ねているだけに見えて評価のしようがなかったけれど、ここまで来てやっと、あぁそうか、そうだね、良かったと思えることがブワッと出てきて胸アツ

  • 早く次を読みたい。

  • 1~7巻読破。17歳の少年が心に深い傷を負ったまま将棋のプロ棋士として生活していた。そんな少年が三姉妹と出会い交流を深めていくうちに失ったものを取り戻していくお話。少年の不器用さが心に染みる作品です。

  • 3-7巻までを一気読み。初めてマンガで泣いた。なぜか人間将棋の、記者が零君に話しかけるところで。3月のライオンは、ハチクロに感じた力不足感がまったく無い。いい仕事してるわー

  • 棋匠戦のポスター…せめてイメージ映像レベルを…(笑)

  • 昔の事をいっぱい思い出しました。
    読んだ事ないのに、どこかに必ず自分の懐かしさをほじくりかえしてくるマンガだよなあ、と読んでいます。

  • ここ最近展開がつらすぎてページをめくる手が止まっちゃう感じでしたが。
    筆者は すごいところまで描くなあ。

    ひとまず決着、かもしれないけれど、

    どうかこの先まで描いてほしい
    先が見えずに苦しんだひとは 沢山いると思う
    ひとつの回答を 見たいと思う

    許さなくてもいいですか?のセリフに
    心が救われた人は きっと沢山いると思う

全557件中 101 - 125件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする