ブクログ大賞

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6539人登録
  • 4.57評価
    • (1278)
    • (557)
    • (129)
    • (8)
    • (3)
  • 558レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 726.1 ウ (7) 登録番号9137

  • 大きな山場をひとつ越えた…。可愛らしくも力強い画面全体から、たっくさんの人情が溢れんばかりに伝わってきて胸を打たれました。綺麗ごとに聞こえがちなことを思いっきり泥臭く、でもとってもチャーミングに描く筆がすごくいい。零にとってひなちゃんが恩人なら、私にとってもこの漫画は恩人だ。

  • 姉妹の会話で涙が出そうに

    メガ盛りは乙女の憧れですよねっ

  • 出てくるキャラクターみんなかわいい(キャラデザだけの意味にあらず)。

  • やばい。もう、出だしからやばい。

  • 面白すぎ!!国分先生みたいな先生に教わりたい!

  • レンタルにて読了
    今回は将棋のお話よりもイジメのお話がメインでしたね
    泣きました・・ 担任の先生の代わりの男性教師がすごくイイです
    こんな先生がいたらよかった
    教育って「教える」と「育てる」なのはナルホドです
    うーーんやっぱり全巻そろえたくなってきました・・・

  • 将棋が分かったらもっと面白いのかな。

  • ひなちゃんが笑っていることが何より嬉しい。
    良かったなぁと思うのは単純過ぎるだろうか?
    ひなちゃんと高城さんが笑い合う日がくるといいなぁと思うのは間違っているだろうか?
    「許さなくてもいいですか?」の問いに「いいよ」と答えたい気持ちもあるけど、苦しくもある。
    思い返すと私も無神経な言葉や行動で人を傷つけてしまったはずで、その傷の深さは私には一生分からない。そう思うと苦しい。
    どうしてあの時に気づけなかったんだろう…と自己嫌悪。

    桐山くんサイドに癒やしがなかったら読み切れなかったかもしれない。
    桐山くん在籍の将棋部はなんだか非常に面白いことになっている。このノリはツボ。
    桐山零とゆかいな仲間たちの新しい冒険が楽しみだけど、あんまりそこは掘り下げないだろうなぁ…。

  • 元担任の言葉と将科研の野口君の言葉が痛感・・
    ま、傷心というのもあるが。

    「結果は大事だけどな 桐山 人に伝わるのは結果だけじゃない 世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ」

    「得たり」「失ったり」は
    全ての人間に
    避けようもなく
    訪れるもの…

    喜んだり
    がっかりしたりを繰り返し
    人は自分の心の取り扱い方を
    学んでゆくのです…

    失望も淋しさも
    人間には必要な感情です

    勇気を出して新しい世界に手を伸ばすのは
    「淋しさ」ゆえのこと…


    そうやって人は…

    自分の小さな世界を
    赤子のように手を伸ばして
    広げてゆくのではないでしょうか…

  • 普段漫画を読まない私が、友達のススメで読んでみたらどっぷりハマった作品。珍しいことです。

    最新刊では、前巻までずーっとモヤモヤし続けてたひなちゃんの一件が解決に向かっていく。
    よかったね、ひなちゃん。
    家族の苦悩、お姉ちゃんの愛情にも泣きました。

    個人的には、今後の二階堂が気になります。
    体調が心配。

  • うー胸がえぐられるような切なさと、ほんわかさがいい!

  • 喜んだりがっかりしたりをくり返し
    人は自分の心の取り扱い方を学んでゆくのです…
    人に伝わるのは結果だけじゃない
    世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ

  • えぇーっと、とりあえずまずは、羽海野チカを読んで泣かずに済む方法が知りたい。結構、切実に。なにしろいい年して中学生のいじめ問題に自分のなかにいる昔の自分なんてものを投影して泣かずにいられないとかほんとあり得ない。でも無理なんだ。泣かないとか、ほんとムリ。だけど泣きたくないって性懲りもなく思っちゃうんだ。羽海野チカはほんと厄介だ。
    というわけで7巻。
    あのいじめっこ、先生にああやって責められて怖くないのかな。ほかの子はばっちり怖がってたのにあの子なんであんな平気そうなんだろ。鎧が厚いのかな、ほかの子たちより。これはしばらく考えるはめになりそう。物語のなかでは区切りがついたけど。
    それに怖いといえば誰が怖いって宗谷名人だ。もう怖すぎ。あれは確実に人外だと思う。大丈夫か、零くん。

  • ううう泣けた・・・。

    しかも号泣。
    何もできなかったなんてことはないんだ。

  • ◎マンガ大賞2011(第4回)受賞作品。
    ◎第35回(2011年)講談社漫画賞一般部門受賞作品。

    2012年5月21日(月)読了。

    2012-33。

  • ひなちゃんのイジメ問題に決着が付いた。ほっとした。しかし、今の世の中の闇を描くのがうまいなあこの作者さん。

  • 毎回感動するので★★★★★

  • イジメなんて証拠が無いのが当たり前っていう言葉が重かったな〜。イジメ問題以外でもふむふむ思えたので、泣くというよりふむふむがこの巻の感想。次巻の対決が楽しみ

  • ひなちゃんはかわいくてつよい!

    みんながみんなお大事にしててすごく大好きな本。

  • 将棋にあまり興味はないけどこれを読むと、とても優しい気持ちになります。

  • 泣ける。・゜・(ノД`)・゜・。将棋よくわからないけど、これは面白いです!

  • いじめ問題解決してよかった。
    7巻はひなちゃんの言葉のひとつひとつが
    胸につきささった。

全558件中 126 - 150件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする