3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6558人登録
  • 4.57評価
    • (1279)
    • (559)
    • (130)
    • (8)
    • (3)
  • 559レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • しょっぱかったり切なかったり、自分の昔を思い出しながら、
    そして、現在中学生の息子を思いながら、読んでる。
    単行本が出たら、また次も買う。
    どうかどうか、うちの子が自分の道を見つけて、力強く生きていってくれますように。
    登場人物ぜんぶに、うちの子重ねて、母はいろいろ考えすぎちゃう。
    だけどとにかく、おいしいごはんをつくろうと思う。あかりちゃんみたいに。毎日。

  • この作者さんはどんなキャラでも見どころを作るというか、キャラを魅力的に描くのがうまいなぁ。
    あとはひなちゃん。
    今世間でも話題になってるだけに、いい方向にいって非常にほっとした。

  • ひなちゃんがいじめから脱出
    国分先生みたいに辛坊づよく
    取り組んでくれる先生が、現実
    にほしい!

  • 相変わらず意味のある暖かさだなー。零くんの変わったよね。本当に。

  • ひなのいじめ問題は出口が見えてきた。

    桐山は新人王になり、名人と対局することに・・・。

  • 単純な悪役はいない。
    片側から見ると、ずいぶん憎らしい人でも、反対側から見ると違う。人それぞれに抱えている背景や事情がある。
    冒頭の順慶さんの話や担任の先生の話は、まさにそれ。
    一筋縄にはいかない、深いマンガだ。

    今回、いじめ問題に区切りがつく。
    学校側が本格的に介入して、一応の終結。
    零ちゃんは「何もできなかった」というけれど、ひなちゃんや先生の言う通り「そんな事ない」。こんなにしてくれる高校生の男の子はなかなかいないと思う。
    今回、零ちゃんが「いつの間にこんな明るい場所に出たんだろう」と気づくけれど、こんな優しい子なら当たり前なんですよ。素直に喜んでいいんですよ。「いつか消えてしまうとしても」と思わずにいられないところがせつない。

    今回はふわっと、心が軽くなるような巻だった。

  • 将棋のことって、全然わからないんだけど面白い
    そして、ナイーブで心根のやさしい人たち
    一生懸命さから出る面白さなどなど、
    これでもかってくらいてんこもり
    1巻から読み直しちゃって、一気に7巻
    まだまだ続きが気になりますな

  • 5巻くらいまでずっといろんなモノゴトを溜め込んで積み重ねているだけに見えて評価のしようがなかったけれど、ここまで来てやっと、あぁそうか、そうだね、良かったと思えることがブワッと出てきて胸アツ

  • 早く次を読みたい。

  • 1~7巻読破。17歳の少年が心に深い傷を負ったまま将棋のプロ棋士として生活していた。そんな少年が三姉妹と出会い交流を深めていくうちに失ったものを取り戻していくお話。少年の不器用さが心に染みる作品です。

  • 3-7巻までを一気読み。初めてマンガで泣いた。なぜか人間将棋の、記者が零君に話しかけるところで。3月のライオンは、ハチクロに感じた力不足感がまったく無い。いい仕事してるわー

  • ここ最近展開がつらすぎてページをめくる手が止まっちゃう感じでしたが。
    筆者は すごいところまで描くなあ。

    ひとまず決着、かもしれないけれど、

    どうかこの先まで描いてほしい
    先が見えずに苦しんだひとは 沢山いると思う
    ひとつの回答を 見たいと思う

    許さなくてもいいですか?のセリフに
    心が救われた人は きっと沢山いると思う

  • 大きな山場をひとつ越えた…。可愛らしくも力強い画面全体から、たっくさんの人情が溢れんばかりに伝わってきて胸を打たれました。綺麗ごとに聞こえがちなことを思いっきり泥臭く、でもとってもチャーミングに描く筆がすごくいい。零にとってひなちゃんが恩人なら、私にとってもこの漫画は恩人だ。

  • 姉妹の会話で涙が出そうに

    メガ盛りは乙女の憧れですよねっ

  • 出てくるキャラクターみんなかわいい(キャラデザだけの意味にあらず)。

  • やばい。もう、出だしからやばい。

  • 面白すぎ!!国分先生みたいな先生に教わりたい!

  • レンタルにて読了
    今回は将棋のお話よりもイジメのお話がメインでしたね
    泣きました・・ 担任の先生の代わりの男性教師がすごくイイです
    こんな先生がいたらよかった
    教育って「教える」と「育てる」なのはナルホドです
    うーーんやっぱり全巻そろえたくなってきました・・・

  • 将棋が分かったらもっと面白いのかな。

  • 序盤のお話は前巻に収めた方がよかったかな?とちらっと思ったので★-1で。
    ひとまず終止符が打たれたひなちゃんの問題ははっきりすっきりとはいかず、それがリアルさを増していて切ない、けれどどこか清涼感がある。
    新しい目標との対峙、零君の今後が楽しみです。

  • 元担任の言葉と将科研の野口君の言葉が痛感・・
    ま、傷心というのもあるが。

    「結果は大事だけどな 桐山 人に伝わるのは結果だけじゃない 世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ」

    「得たり」「失ったり」は
    全ての人間に
    避けようもなく
    訪れるもの…

    喜んだり
    がっかりしたりを繰り返し
    人は自分の心の取り扱い方を
    学んでゆくのです…

    失望も淋しさも
    人間には必要な感情です

    勇気を出して新しい世界に手を伸ばすのは
    「淋しさ」ゆえのこと…


    そうやって人は…

    自分の小さな世界を
    赤子のように手を伸ばして
    広げてゆくのではないでしょうか…

  • 普段漫画を読まない私が、友達のススメで読んでみたらどっぷりハマった作品。珍しいことです。

    最新刊では、前巻までずーっとモヤモヤし続けてたひなちゃんの一件が解決に向かっていく。
    よかったね、ひなちゃん。
    家族の苦悩、お姉ちゃんの愛情にも泣きました。

    個人的には、今後の二階堂が気になります。
    体調が心配。

  • うー胸がえぐられるような切なさと、ほんわかさがいい!

  • えぇーっと、とりあえずまずは、羽海野チカを読んで泣かずに済む方法が知りたい。結構、切実に。なにしろいい年して中学生のいじめ問題に自分のなかにいる昔の自分なんてものを投影して泣かずにいられないとかほんとあり得ない。でも無理なんだ。泣かないとか、ほんとムリ。だけど泣きたくないって性懲りもなく思っちゃうんだ。羽海野チカはほんと厄介だ。
    というわけで7巻。
    あのいじめっこ、先生にああやって責められて怖くないのかな。ほかの子はばっちり怖がってたのにあの子なんであんな平気そうなんだろ。鎧が厚いのかな、ほかの子たちより。これはしばらく考えるはめになりそう。物語のなかでは区切りがついたけど。
    それに怖いといえば誰が怖いって宗谷名人だ。もう怖すぎ。あれは確実に人外だと思う。大丈夫か、零くん。

  • ううう泣けた・・・。

    しかも号泣。
    何もできなかったなんてことはないんだ。

全559件中 151 - 175件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする