3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6585人登録
  • 4.57評価
    • (1282)
    • (559)
    • (130)
    • (8)
    • (3)
  • 559レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了。

  • 零ちゃん、ひなちゃんを筆頭とする登場人物たちの真っ直ぐな姿勢に感極まる。

  • いじめ問題に一応の決着
    うん。でもいじめた方なんてそんなもんだよ。悪いなんて思ってないし、逆になんで自分が? くらいだと思う。
    本筋の将棋はこれからが本番な感じで、とうとう宗谷名人との対局。
    ボロ負けするんだろうけど、そのあとどうなるのか楽しみ

    こんな急に手に入ったものは、やっぱりまた急に消えていっちゃうのかなあ
    でも今は、ただうれしくて……
    ってところが、今までの主人公を思うと泣けた

  • 新人王を獲った零だったが、いじめられているヒナのために、自分が何もできないと勝手に思い込んでいた。一方、ヒナは学校で心が挫けそうになりながらも、懸命にいじめと戦っていた。二人の様々な思いが交錯する中、物語は新たな展開をみせる。「本当の優しさとは何か?」読者の方に問いかけます。様々な人間が、何かを取り戻していく優しい物語です。(裏表紙より)

    さあ、いろいろスッキリして次巻からいよいよ宗谷名人戦!

  • メインテーマに平行しておねいちゃんが青空文庫の傑作選みたいな葛藤をしていて「姉の結婚」編が楽しみで仕方ない

  • ひなちゃんのいじめエピソード終わり。いよいよ宗谷名人との対局へ。

  • 7巻。
    櫻井岳人というナチュラルイケメンも登場しますが、ひなのいじめ問題が、学年主任の登場で動き出して少しホッとした。次は、宗谷名人と零の新人戦記念対局です。

    零のひなちゃんに対する気持ちは、やっぱり恋なのかそうじゃないのか分からない。フルバの、ユキが、主人公に抱いていた気持ちに近いのかもなあ。

  • この巻は、だいぶ、来た。
    いつか読み返すなら、この巻がいい。

  • ちほちゃんの手紙が救いになったね。もう目から汗が止まんなくなっちゃった。

    あとついでに桐山君新人王おめでとう〜。

    記念対局会場がもろ地元でドッキリ。宗谷名人!いつでもおでんせ!
    繋温泉のホテル大観ね……。なかなかのいいホテルっすよ。ホント。一回会社で付き合わされていったことがあります。大浴場に行く勇気くらいは私にはありますが、ぶっちゃけあんまり寛げなかった辺り零と共感したり。。。ホントね、仕事付き合いくらいでしか行く機会ないんだけどああいう場所。。。仕事じゃない時に行けるといいなぁああいうとこは。。。

  • ひなちゃんに笑顔が戻ってきて本当によかった…!

    でも、たしかにこれでいじめは終わりなんだろうけど、だからよし、という訳ではないのだと思った。
    ちほちゃんも一歩一歩すすめるようになってよかった。

    零くんが泣いちゃうほど嬉しいのも、ずっと読んできたから自分の心にも伝わった。野口先輩も素敵です…!

全559件中 71 - 80件を表示

羽海野チカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする