3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6508人登録
  • 4.57評価
    • (1275)
    • (556)
    • (128)
    • (8)
    • (3)
  • 557レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • ひなちゃん良かったと大泣き。
    先生のいままでの態度にはやっぱり納得いかないけれど、何年も同じことの繰り返しに巻き込まれたら、それはわからなくなるよね。きっと何度もどうにかしようとしたんだろうに。

    そしてようやく期待の 零ちゃん×ひなちゃんへの道筋がみえた…!(と、私利私欲な感想もあります。)

  • 序盤のお話は前巻に収めた方がよかったかな?とちらっと思ったので★-1で。
    ひとまず終止符が打たれたひなちゃんの問題ははっきりすっきりとはいかず、それがリアルさを増していて切ない、けれどどこか清涼感がある。
    新しい目標との対峙、零君の今後が楽しみです。

  • 終わった、巻でした。
    許さないと決めたのは誰の為だろう? そんなことを思います。
     
    ひなちゃんは絶対に折れない。
    それは彼女自身が強いから、というのもあるけれど支えてくれる人の多さ。そしてその支えてくれる人の強さでもあるな、と。
     
    「あの人は周りに恵まれているから」と言う人をたまに見かけますが、何にもせず恵まれた環境に身が置かれている場合って少ないと思うんです。人と人との繋がりは一方的なものじゃない。手と手を差し出し合ってから、はじまるのだから。

  • 将棋だけを身につけて大きくなった主人公が『人として大切な何か』を少しづつ見つけ直していく話。世の中に少し違和感を感じる人が読むと多分泣く。

  • 将棋での話がもっと読みたいんだ.
    正直,いじめの話はどうでもいい.

  • 「人に伝わるのは結果だけじゃない。
    世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ。」
    名言です♪

    山セラピー怖い(笑)

  • こんな本物の先生っているのかな~?と、思いつつも・・・いてほしいです。おねいちゃん、1巻の頃はなんかもっと豪傑な感じだった気がするのですが・・・やはり、最強おばさまに対抗させるにはちょっと厳しいか・・・。「すべてまわりのせい」にする人は、ゆくゆくはその「まわり」に淘汰されてしまうものですが、どうなるのでしょう。
    宗谷名人、ステキすぎますね。

  • 今回も涙なくしては読めない。羽海野チカはどこまで行く気なんだろう。
    文科系の勝負事を描いた『ちはやふる』が正しくスポーツものの王道を行っているのに比べて、『3月のライオン』が降りて行こうとしているところは、もっと深いところだ。
    7巻では先読みをする棋士の姿を深海に潜る姿に例えているけど、羽海野チカは棋士の姿を借りて人の心のそうしたところを掘り続ける。
    『ハチクロ』でも、作品に打ち込むはぐちゃんや森田弟の姿を通してその業のような世界を体当たりに描いていたけど、格段にその表現と求めるところは突き詰められていて、読んでいて始終痛みを感じる。
    その暗い痛みの中に光を差し込むのがまたうまくて、おじさんは思わず涙をこぼす。外では読めない、大好きで大切な作品。

  • コミックス7巻冒頭の言葉が沁みる。。

    「信じれば夢は叶う」は、正しくは
    「信じて 他のどのライバルよりも1時間長く毎日努力を続ければ、ある程度迄の夢は、かなりの確率で叶う」

    それに続く、「深く読むことは、真っ暗な水底に潜っていくのに似ている」というのも、素晴らしい表現だ。(ハチワンダイバーでもそういった表現があるが、深く潜る恐怖は本作のほうが秀逸に描いている)

    ただ、基本少女漫画なのか、どうにもこうにもストーリーが散発的で、あっちのエピソード、こっちのエピソードとまとまりがない。スピーディーに盛り上がる爽快なドライブ感がないのが残念。

    それの反動からか、もういちど「ヒカルの碁」を読み返したくなるのである。

  • 既に6巻が登録されてるのだが、この7巻はすごいのでどうしても再掲。

    とにかく「読め」としか言えん。

    何年後かに感想を忘れてしまってる俺、読め。

  • 将棋だけが全てだった零の小さな世界が動きだし、ヒナのいじめとの戦いも大きな局面を迎える。将棋盤を挟んだ男たちの生き様や、ヒナのいじめ問題を取り巻く人間模様、居場所は違えど、同じ人間として時には心に突き刺さり、時には大切なことを気づかせてくれる。…そして、零と彼の「目標」である宗谷名人との戦いが、なんと我が街盛岡で展開されるとは!と今後の展開が一気に楽しみになった。

  • 相変わらず凄まじい程濃い内容。魂削って描いてるよな~

  • 将棋のマンガですが、さまざまな人間ドラマが面白い。深イイ言葉も多く、将棋を知らない人にもお勧めです。

  • 良い先生に恵まれて良かった...。

  • 1~7巻読了。ひさしぶりに漫画読んでわくわくしたー!作品上の人物がいろんな感情をぶつけてくる。感情にあてられて苦しいこともあるけど、勇気と優しさをもらえますと素直に言える自分がおります。
    街を感じる作品としても逸品で、島田さん家みたいな家にあこがれる

  • 読んで号泣してしまった。
    いろんな人のやさしさに感動しました。

  • 漫画わ読んで泣くことはあまりないですが号泣です。・゜・(ノД`)・゜・。
    本当胸が熱くなりこの巻では強さや優しさとはと考えさせられました(~_~;)
    読まないと間違いなく損する傑作です。

  • 自分の大切な人が本当に苦しんでいるとき、
    そしてその苦しみの根本的な解決をしてあげられないとき、
    人は無力さに苦しむ。

    でもその大切な人は、
    その人が自分のそばにいてくれて、
    自分のためにがんばってくれていることで
    救われる部分がある。

    そうだと思う。
    そうであってほしい。

  • なー。。。こうきたかぁ。
    胃薬、効いたかぁ。
    動物のくせに、一人、ただ生きていくことが、実は一番無理なんじゃないかと思うと、つくづく不思議な生き物。

  • 多くの人が引用するように、心に来る言葉。

    ”世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ ”

    結果で評価される将棋の世界でもがいている零君が言われた言葉。

    過程があって結果があるのは当たり前なんだけど、
    その過程も評価されるのって、
    「結果」があってこそなのも真実なんだよね。
    ひなちゃんが笑って
    ゴハンが食べられるようになったという結果があってこそ、
    零君の一生懸命が成り立ってるように思ってしまう。

  • 相変わらず言葉が胸に突き刺さる。

    心に響いて泣きそうになる。

    本当にこの作者さんは言葉選びが上手いと思う。

  • ひなちゃん!!解決に向かってよかった!!強い子だなあ。あと先生って大変な職業だなと。
    零くんは零くんでいろいろ大変みたいで…この子も、「年の近い友達」作んないといけないんじゃないかな…
    72話の新人王記念戦と棋匠戦のポスターのレベルの違いに嘆く棋匠戦側のお二人が面白くて声を上げて笑ってしまいました(すいませんww)

  • 泣いた。良すぎ!!!

  • 順慶さん、出番あっさり終わっちゃったけど、また出てくるのかね

全557件中 201 - 225件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする