3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6581人登録
  • 4.57評価
    • (1282)
    • (559)
    • (130)
    • (8)
    • (3)
  • 557レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ここんとこ辛い展開だったので、安心しました。ヒナちゃんは強い。現実世界では、正しい人がきちんと報われるわけではないけど、物語の中くらいは救いがあっていい。いい人もいれば嫌な人もいて、山もあれば谷もある…それが人生なんだなあ。(でもたまに、谷ばかりになっちゃう人もいるのは何故なのか…)
    先日、知人にこの漫画の面白さを伝えたくてあらすじを説明したら、「…それってホントに面白いの??」と疑われてしまった。。確かに、みんな暗いし辛いけどさ、境遇的には…

  • 川辺のシーン、甘味やさんのシーンが好き。

  • どうしていじめを解決できたのかを考えてみました

    本人 の宣言と戦うための強い意志
    親 の協力と理解と覚悟
    先生 の協力と理解と覚悟
    学校 の協力と理解と覚悟
    相手 が普通の子 (基地外、サイコパス、少年院送りレベルの犯罪者ではない)

    の条件がすべて整ったから解決したんだと思います

    逆に言えばどれか一つでもかけていたらいじめ問題は解決するのが難しくなるということです

    これはいじめはこの世からなくならないなと思いました

    では解決する前の状態はどうだったかというと

    親○ 本人○ 先生× 学校× 相手○

    だと思います
    先生がだめなせいで学校の協力も得られていませんでした

    逆に言えば先生がだめなだけで問題が解決できなかったのです

    物語は先生が退場したことで一気に情況が好転していきました

    まるでドミノ倒しのようです、本人が勇気を持って最初の牌を倒したのに先生がそれを止めてしまっていたんです

  • いじめ。

  • ぶっちぎりで岳人さんが・・・タイプどストライクです・・・

  • この巻がいまのところ、1番好き!

  • どこかに救いはある、と信じたくなる。
    真摯に一途に立ち向かえば、きっと。

  • おもしろい!

  • 何もできなかったと思う零だけど、そばにいてくれるだけでひなちゃんがどれだけ救われてたか、気持ちがよく分かる。これは落ちますねーはい(笑)
    宗谷さん、ちょっと怖い。何か秘密がありそう。

  • ひなちゃんのイジメ解決編。秀逸だなと惚れ惚れしたのはシソを植えるあかりさん&ひなちゃん姉妹と学年主任の先生がクラスを解きほぐしていくコントラスト。「さて…と」あかりさんは家庭菜園を作っていく。「さて…と」先生は生徒に語りかける。そのどちらも「育てる」行為。
    気持ち良く計算が行き届いていて何度読んでも惚れ惚れしてしまう。

全557件中 81 - 90件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする