3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6559人登録
  • 4.57評価
    • (1279)
    • (559)
    • (130)
    • (8)
    • (3)
  • 559レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • またもや貸してくれてありがとNさん♡

    大人が本気にならなきゃいけない。
    とか思った次第。何がって?えーと・・色々。

    これ読んで滂沱の涙流した人が
    この本の発売日に
    どれだけいただろうかと
    ふとそんな事考えたりもしたねー

    皆が面白い、というものに首突っ込んでみると
    乗っておてよかったーと思える事が
    結構あるですね。

  • 順慶さんの章は色々と胸に痛い。
    信じれば夢は叶うという言葉ははしょりすぎだとか
    棋士だけではなくちょっと特殊と世間から見られているような仕事についている人に
    悪気なく「年収いくら」「早く名人になってよ」と言うのは
    「サラリーマンって年収いくら」「早く社長になってよ」と言うのと変わらないとか
    先生ご自身も感じられたことがあるのではと思う。
    相手に悪気がないとしても、そうしたことで傷ついたりする。

    やればやるほど上には上がいて、目指す場所は遠くなり
    きちんと前に進もうと思う人ほどゴールは永遠に届かない。
    暗い海を泳ぐ辛さに苦しみ、厭わず飛び込んでいく二海堂くんを
    すごいと思う零くんも、傍から見れば何度でも飛び込んでいく人間に見えるのだ。
    リミッターの効いた努力という言葉は痛いなと思った。
    自分を守る為にリミッターをつけて、つまりは全力で努力をせず
    言い訳ばかりすることが、己にはないだろうかと考えてしまう。

    新聞紙に包まれた花束と、それを見て「ばっかやろう」という二海堂くんが堪らない。

    「甘い」「しょっぱい」+「冷・温」の魔のループには吹いた。(笑)

    私の生まれ故郷であり、懐かしく温かく、大好きな町、京都。
    そんな町を、悲しい気持ちでひなちゃんが歩いていたことが
    とても辛く寂しく、零くんのお蔭で鴨川だけでも
    少しでも温かい景色になってくれたらいいと思った。

    辛い思いをしてきた人が、幸せを感じた時に
    これはなんだろう、本当だろか、いつかなくなってしまうのではと
    恐怖すら感じる。本当によくわかる。
    急に消えてしまうとしても、忘れずにいたい。
    切なく胸に迫る零くんの嬉し涙だ。

    前巻ではただ酷いと思ったひなちゃんの担任の先生が
    過去にあったいろんなことがあっての態度だったことがさらりと描かれ
    少し救済される感じだ。
    担任が変わり、国分先生たちが本気で介入してきてくれたことは良かったが
    どこかで、何故もっと早くしてくれなかったのかとも思ってしまう。
    高城さんがこの後物語のキャラ的に”救済”されることはあるのだろうか。

    涙を堪えながら読んでいるところに、届いたちほちゃんからの手紙には
    一度本を閉じて読むのをやめなければならないほど号泣してしまった。
    友達を作る3つのステップ、動物、年上、年が近い友達
    というのは、本当にそうだなと思う。
    そして、最後のステップでちほちゃんがひなちゃんのことを
    思い出してくれて本当に良かった。

    川島さんたちとクッキーを作るエピソードは、駄目押し。
    涙が止まらなくなる。
    彼女たちが謝ってくれて良かったと思うし
    ひなちゃんが彼女たちを怒って無視したりもしなくて
    お互いにそれぞれが少し救われたのだと思う。

    本筋とは関係ないが、このチャプターの扉絵が可愛らしくて。
    ももちゃんが落としてしまったリスポッケ先生の縫い包み。
    ひなちゃんと探しまわり、商店街のいろんな人の話で
    見つかった寝具屋さんのおじいちゃんが、ハンガーに吊るしておいてくれていて
    笑顔で洗濯バサミから縫い包みを外して渡してくれるところが
    一枚の絵なのに様々な感情や背景や物語が詰まっていて素晴らしい。

    それと、あとがきであるゆかいななかまたちにある
    T田さんのジャケットの『ココ』。
    私も気になって戻したくなる人なので、笑った。

    いよいよ次巻は宗谷名人との対局。
    想像しただけで、鳥肌がたってしまう。
    次巻も楽しみ。

  • いい話なんだろうけどなー。もう将棋成分が先崎学のコラムくらいしかない

  • 毎回、切なくて、
    熱いドラマが展開。
    最近は、
    将棋漫画、というよりは、
    将棋をやっている高校生の少年を取り巻く、ヒューマンドラマ、
    という様相。
    今回の巻も切なくていいんだけど、
    どちらかというと回収という感じ。

  • 許さなくてもいいですか。

    そう言えるヒナは強くて誰よりも優しい子だ。

    このマンガはいろいろな強さが描かれていてぐっとくるものがたくさんある。

  • あれはもう将棋の鬼だ、 ぎりぎり人の形を保っているだけの、っていう言い方はリアルで良かった。トップというのはそんなものだろう。どんな世界でも。

  • 日記を買ってしまう零ちゃんが好きだ。

  • 国分先生かっこよすぎ
    ひなちゃんかわいすぎ

    おれにはあんな事件の後でクラスのみんなと仲良くなれる器量がない

  • 表紙のひなちゃんにやられた。
    そばにいるだけで救われるというのは、受け手にはすごく大きな事だけどしている側はなかなか実感しづらいよね。

  • 大切なものってどこにあるんだろう。
    もし他人の中に自分の入っても許される場所があったら、無下になんてできないよ。諦めたくない。

  • ほっと胸をなでおろす7巻

  • また泣いてもうた

  • 声を出して泣いた。
    正しいものは、正しいことは、いつかきちんと実を結ぶのだろう。
    彼女がそれを、まだ若い中学生という時期に知れてよかったのかもしれない。

    けれど、加害者もまた被害者。
    どちらかだけに肩入れをするのは危険だけれど、その事実もまたのしかかって来る。

  • ひなたのイジメ問題が大解決。

    すごくよかったんだけど、一方で学年主任の新しい担任の先生とかあんな生徒と真摯に向き合う先生ってホントにいるのかなぁって考えたりもする。

    これから始まる、人間の形をしている宗谷に1勝でもできるのかなぁ。

  • 新しい担任の先生のような先生が沢山いればいいのに。
    思いやりってこういうことなんだってさらに色濃く感じた巻。

  • 今回はいじめ問題が終息に向かう話を中心にそれぞれが成長を見せる巻でした。

    零ちゃんが一人トイレで涙を流すシーン、何度もウルっとくるのは、自分も感じたことのある感情を何度も思い起こさせるからなのかな。


    ハチクロを何度も読み返すほど大好きなんだけど、今作品は将棋の話と聞いて、初めはなかなか手を出せなかった。
    でも、6巻がでた時期あたりに1巻を読んでみたら想像してた話と違ってて
    、学生棋士になった主人公と、それをとりまく人たちの物語で人のあたたかさとか、恋とか、絶望とか、迷いとか・・・いろんな要素を含んだお話だった。
    あっという間に全巻買い揃えてたのはいうまでもない。

  • きゅん死。いじめなくなって良かったー

  • 岳人さんが素敵すぎて…!
    ほんとこの作品のキャラクターは魅力的。
    いじめ問題が解決に向かうようでほっとした。

  • いじめに立ち向かい続けたヒナがいとしくていとしくて。
    いじめというのは、本当に些細な悪意でだけで、どんどんどんどん急加速に陰湿になっていく、恐ろしいものですね。

    光が見えて良かった。
    いじめに対して真摯に対応している学校や社会や大人はどれだけいるのだろう。
    今苦しんでいる子供に、救いという名の光がひとしく射し込まれることを祈っています

  • 将棋だけを身につけて大きくなった主人公が『人として大切な何か』を少しづつ見つけ直していく話。世の中に少し違和感を感じる人が読むと多分泣く。

  • 長い長い戦いの末の収穫の章。大きく豊かな息継ぎをして、またもぐっていくんだ。

  • ひなちゃんの強さ。変わっていくれいちゃん。
    失望も淋しさも人間には必要な感情です

  • 前巻の激しさがない、穏やかな、播いたものを回収する巻でした。

  • 表紙にもなっているとおり、この巻のメインはヒナだろう。桐山に助けられた修学旅行から帰ったあとも、懸命にいじめと戦い、自分を守った。自分の力はもちろん、周りの人がいてこそのことで、その中には、本人は気づいていなかったが桐山もいた。直接解決のために手を出すことだけが「何かをすること」や「やさしさ」ではない。ただ寄り添うこと、話に耳を傾けること、それも立派な協力であり、やさしさであったのだ。

全559件中 201 - 225件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする