3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6550人登録
  • 4.57評価
    • (1279)
    • (558)
    • (129)
    • (8)
    • (3)
  • 559レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 鳩が全部持っていった。

    鳩。

    鳩(涙)

    日本野鳥の会会員にはたまらんす。

  • 将棋の漫画が、いつのまにか青春漫画になってる!
    教育ってすごいなと改めて思った。従兄が教師してるけど、この漫画に出てた先生みたいに過労になったり、思い詰めたりする時があるのかな〜

  • ひなちゃんのいじめエピソード終わり。いよいよ宗谷名人との対局へ。

  • 何もできなかったと思う零だけど、そばにいてくれるだけでひなちゃんがどれだけ救われてたか、気持ちがよく分かる。これは落ちますねーはい(笑)
    宗谷さん、ちょっと怖い。何か秘密がありそう。

  • リミッターの効いた努力。。。
    あと、担任の先生が格好いい。

  • 新人賞を取った桐山。あかりたちと祝いのため食べに行く。女の子は食べたいものをどんどん選んでいく。まるで底なしに食べてしまう。すごい。それから、将科部の皆にも祝って貰って幸せそうだ。将科部の他の部員は3年のため引退。しかし、すぐに欠員が解決する。ひなの学校では自体が変わっていた。あかりさんも苦労しているけど頑張っている。先生も対応が遅すぎてイラつく。でもだんだん変わっていくのがわかる。ひなが元気になってよかった。今度は宗谷名人と記念対局する。

  • “夢かと思ったの
    知らない街でひとぼっちで どこに居たらいいのかも解らなくて
    心細くて 泣きそうになっていたら
    髪がくしゃくしゃになる程走って息を切らしたあなたが立っていたから”

    先生が顔からは想像できない。意外だった。

    Thanks to K.H.

    “「解るよんなもん
    ずっと話聞いて来たんだからさ
    お前がどれだけ一生懸命だったかも
    彼女<ひなちゃん>がどんなに色んな事解ってしまうちゃんとした子だとかもな…
    結果は大事だけどな——桐山
    人に伝わるのは結果だけじゃない
    世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ
    記念対局 がんばれよ」
    「はい」”

  • いい話なんだろうけどなー。もう将棋成分が先崎学のコラムくらいしかない

  • 毎回、切なくて、
    熱いドラマが展開。
    最近は、
    将棋漫画、というよりは、
    将棋をやっている高校生の少年を取り巻く、ヒューマンドラマ、
    という様相。
    今回の巻も切なくていいんだけど、
    どちらかというと回収という感じ。

  • あれはもう将棋の鬼だ、 ぎりぎり人の形を保っているだけの、っていう言い方はリアルで良かった。トップというのはそんなものだろう。どんな世界でも。

  • 将棋での話がもっと読みたいんだ.
    正直,いじめの話はどうでもいい.

  • コミックス7巻冒頭の言葉が沁みる。。

    「信じれば夢は叶う」は、正しくは
    「信じて 他のどのライバルよりも1時間長く毎日努力を続ければ、ある程度迄の夢は、かなりの確率で叶う」

    それに続く、「深く読むことは、真っ暗な水底に潜っていくのに似ている」というのも、素晴らしい表現だ。(ハチワンダイバーでもそういった表現があるが、深く潜る恐怖は本作のほうが秀逸に描いている)

    ただ、基本少女漫画なのか、どうにもこうにもストーリーが散発的で、あっちのエピソード、こっちのエピソードとまとまりがない。スピーディーに盛り上がる爽快なドライブ感がないのが残念。

    それの反動からか、もういちど「ヒカルの碁」を読み返したくなるのである。

  • よかった。ほんとによかった。

  • いいおはなしです。

  • 愉快な面々に巻き込まれる零くん。

    いじめ問題編、完結。
    近年、やたら教師を叩く論調が強いけれど、やはり学生の頃を思い出せば、心強い先生というのは少なからずいたと思うよ。

    「こんな所、生きて卒業さえすれば、私の勝ちだ」
    まさにその通りだと思う。
    糞みたいな村社会は高校まで。大学になれば、本当に好きな人達だけで集まれるようなると思うよ。

  • いじめ編が一応の決着。誰も得してないし本当の意味で解決もしてないが。国分先生マジかっけぇ。で話は新人王と名人の記念対局へ。

  • ひなたのいじめが一応の解決。いよいよ宗谷との初対決、というところで次巻に続く。前巻があまりに力入りすぎて心配だったけど、少し力抜けて安心。

  • 今巻は将棋の話は少な目、でもずっと続いてたイジメの話が解決したようですっきりしました。
    次はいよいよ宗谷との闘いですね。楽しみ。

  • ヒナとあかりは国分先生に支えられていじめの解決を目指す。
    いじめと戦うヒナ、それを守ろうとするあかり、そして零の思いが交錯する。
    新人王を獲り、友人を得て、自分が頼りにされていることを知り、少し成長した零は宗谷冬司名人との新人戦記念対局に挑む。


    ヒナがいじめに抗い気丈に耐える姿が心に来ます。
    いじめの加害者を許す必要なんて無いと思います。
    国分先生に代わって本当に良かった。

  • 年に1回のお楽しみシリーズ。

    3姉妹次女のいじめの解決編が主な7巻。
    個人的には、前巻で新人王決勝戦に敗れた重慶も
    ドロップアウトしてしまった次女の先生も
    ちゃんと「理由」を作ってくれるトコロがこの作者の優しさだなあと思う。

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする