3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6508人登録
  • 4.57評価
    • (1275)
    • (556)
    • (128)
    • (8)
    • (3)
  • 557レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 鳩が戻って来たシーンでほろり…としてしまった。

    林田先生の名言が今回も光っていてじわっとした。あと島田さんの山の「しょいっこがいっぱいになる迄帰ってくんな」の山放置笑った!うちもそうだった!!なつかしい。。。

    次は盛岡でVS宗谷。

  • あぁよかった、ひと段落してよかった、と。

    しかし最後の宗谷さんに胃が痛くなります。誰か!早く彼も救ってやってくれ!

  • いじめ問題に一応の決着
    うん。でもいじめた方なんてそんなもんだよ。悪いなんて思ってないし、逆になんで自分が? くらいだと思う。
    本筋の将棋はこれからが本番な感じで、とうとう宗谷名人との対局。
    ボロ負けするんだろうけど、そのあとどうなるのか楽しみ

    こんな急に手に入ったものは、やっぱりまた急に消えていっちゃうのかなあ
    でも今は、ただうれしくて……
    ってところが、今までの主人公を思うと泣けた

  • 7巻。
    櫻井岳人というナチュラルイケメンも登場しますが、ひなのいじめ問題が、学年主任の登場で動き出して少しホッとした。次は、宗谷名人と零の新人戦記念対局です。

    零のひなちゃんに対する気持ちは、やっぱり恋なのかそうじゃないのか分からない。フルバの、ユキが、主人公に抱いていた気持ちに近いのかもなあ。

  • この巻は、だいぶ、来た。
    いつか読み返すなら、この巻がいい。

  • 担任の先生には今まで色々思うところもあったけど、こう書かれると同情する部分も出てくるな。誰だってなにかと戦って生きているということなんすかね。
    重い話が続いたけど、上手くキレイにまとめてくれてよかったし流石って思った。
    これはアニメ化、ドラマ化、映画化、どれが来るのかな。どれも来るのかな。

  • 部活の先輩と先生に新人王のお祝いをしてもらい隠れて涙する零くんがもう。その足で日記を買いに行くところがもう。。。かわいい。笑

    ひなちゃんの問題も無事解決してよかった。

    そしてあの新人戦記念対局と棋匠戦のポスターの差に笑った!

    宗谷名人の天然、零くんとの対戦気になります。

  • どこかに救いはある、と信じたくなる。
    真摯に一途に立ち向かえば、きっと。

  • ◎レンタル◎ひなちゃん、がんばったね!強くてかっこよかった。
    うみの先生大好きだ!素晴らしすぎるよ><8巻も楽しみ。

  • またまた泣いてしまいました。でもこういう先生や学校は現実にあるのかなって、ちょっと疑問ですが、あることを願って… 次巻は、また成長した零の次の対局での試練や成長ぶりが楽しみなところですw そして密かな楽しみは、近所の風景が所々に散りばめられているのを発見することですww いつも思う。ドラマや映画、漫画で取り上げられているような事態(大したことではなくても)の当事者達は、作品を観たり読んだ時に何の感情も湧かないのかなと…湧いてくるようなら、ここまで社会問題にならないのか。後、観てほしい&読んでほしい人に限って、やはりそういうことに興味ないのか。

  • ああ、何で面白いんでしょうか?

    やっぱりジワジワ来るんだよね。
    目立って、派手に過激に、ガシガシ来るのが好きなんですが、「3月のライオン」止められなくなった。

    良く本を読んでる人たちが、あえて薦めてくれたマンガは、やっぱり普通じゃ無かったな。

  • 真剣に将棋を指す人に悪い人はいないってことですかね。そして、ついに、やっといじめ問題に解決の光が。っていうか、結局いじめ問題ってのは生徒の中のことだけど先生が中途半端でなく思いっきり介入していかないとどうにもならないよなぁ。それでもどうにもならないこともあるかもしれないけど、それも含めて先生が生徒に対しての影響力ってホント重要だなぁ。そして、単純に二人が恋愛関係に発展しないところがこのマンガの良いところですね

  • 皆様がレビューしてらっしゃるとおり、
    ひなちゃんのいじめ問題に決着!です。

    胸のつかえが取れた感じを受けた方も
    いっぱいおいでなのでは。
    私自身もそうですが…。

    全くひなちゃんの言うとおり、

    「いじめてる側のせいで人生棒に振るなんて馬鹿らしいし、
    生きて卒業したら勝ち」

    っていうのは、実感のこもった言葉です。
    私自身も中学卒業まではそう思っていました。

    実際高校以降は良い友人にも恵まれましたし、
    そこで合わなかったからって、人生否定されるわけじゃないです。
    今に見てろ…欠席なんてするものかって思ってましたね。

    閑話休題。

    この問題に多くのページを割いているので、
    将棋のお話はあまり出てこないけど、
    私はこの巻って大事だと思うんです。

    零くんは、自分は何もしなかったって林田先生に言いますが、
    先生のお返事通り、何か具体的にやったように見えなくても

    苦しい戦いをしてるさなかに受けた優しさが、見えない形で
    支えになっていたり、全く別のところから報われることもあるのを
    描いているからです。

    優しさは持ち回り。
    誰かから受け取ったら、ちゃんといつか、誰かに返せばいい。

    彼にとって、誰かの支えになりたいとチカラを尽くす経験無くして
    自分の戦いに勝利することは、今後難しかったでしょう。

    自分の戦いに挑む事無くして、誰かの支えになることは
    出来ないように…。

    誰も手出しのできない、自分ひとりで挑むものを持つなら
    零くんにとって、それはとても大事なことのはず。

    だって、勝負に勝っても人生に負けたら意味ないし
    人生に勝っても、大事なことへの戦いに負けてばかりでは悲しいから。

    一見関係ないように見える問題だけど、零くんの人間的な成長の
    ステップとしては、落としたくない部分だと思います。

    ところで…ひなちゃんが零くんのこと、桐山くんって呼ぶようになってるね。
    最初は零くんじゃなかったかな??違ったっけ?

    うふふ、この二人って兄と妹みたいだけど、ステディになるのかな?
    初々しくて、それも可愛いなぁ。

    なーんて。

    次も楽しみですね。

  • ようやくいじめ問題が解決の方向へ。
    ひなちゃんの笑顔が戻ってきてよかった!
    零のおかげだね(*^_^*)
    学年主任さんもなんて心強いんだろう。
    いろんな学校もこんな先生がいてくれたらな。

    ポスターほしい…!かっこよい!

  • 小さな勇者、ひなちゃん。

    気持ちは強く持てているのに、具体的にどうしたらいいのか分からない。時は止まらなくて、物事は流れ、結局何もできないまま過ぎていく。でも、本当はそんなことはない。

  • 高校生プロ将棋棋士・桐山零と彼を取り巻く人々の人生を描いた物語。

    順慶の独白から始まり、ひなたのいじめ問題、将科部存続の危機、そして宗谷名人との記念対局などなど、相変わらずこってりテンコ盛りのお話です。

    京都までひなに会いにいったり、川本家を支え始めた零は、野口君らと楽しい部活の時間を過ごす。しかし彼らには部活からの卒業が迫っている…。

    楽しかった日を決して忘れないでおこうという零のモノローグは、「ハチクロ」の登場人物達が皆で河川敷で四葉のクローバーを集めるシーンにも通じるものがあり、ジーンとしました。

    ひなのいじめはこの巻で一応の決着を見て、ちほのその後も描かれ。さわやかイケメンの櫻井棋士も登場し、新人戦記念対局の影で、棋匠戦(島田八段の復活)も進む。
    次巻は再び将棋の世界にどっぷりと戻りそうな予感。楽しみ。

  • 将棋というよりはむしろいじめ漫画。とはいえこの巻で一応の決着がつくので、ペース配分としてはむしろ妥当なところか。濃密に描かれていた分、決着のつけかた(学年主任)がなかなかかっこよく溜飲が下がった。

  • 7巻までTsutayaレンタル。

    絵がかわいい。
    特に女の子の絵がとってもキュート。
    (ハチクロを読んでなかったので、なおさら新鮮)

    将棋の部分はよくわからんので(笑)、斜め読み。
    でもコラムで雑学は得た。

    食べ物の描写、背景の描写が細かくてスゴイなぁ~。
    聖路加病院のあたり、懐かしい。

    いじめの回は考えさせられた。
    学年主任の言葉が重くて。

    さすがマンガ大賞受賞作って感じ!!

  • 3月のライオン第7弾。

  • この巻で一番印象深かったのはシリアス野口の言葉。いや、高3って嘘だろ〜w
    マイナスの感情も必要なんだって、本当に優しい視点のあるお話だなぁ。

    いじめの解決は本当に難しい。
    女性担任もひどいと思ったけど、事情を見ると苦しんでいたのは解るし、もっと早く他の先生たちも巻き込めれば良かったのかな。
    描かれてはいないけどいじめっ子の方にも何かありそうではあるし。
    ただいじめられた方に非がないのは明確。たとえあったとしても虐めていい理由にはならない。
    この前の巻の林田先生や、途中担任を引き継いだ国分先生のやり方は具体的で現実でも参考になりそう。

  • こういう先生、本当にいてほしいと思います。
    (でも、同僚のことも助けてあげて…)
    いじめる側ってどうやったら救われるんですかね。

  • それぞれの登場人物に光が見えてきてとりあえずほっとした。

  • いじめを解決した学年主任の先生。ここまで小気味いい先生が実際にいたらなぁ…。相変わらず、各話表紙のモモちゃん小話がイカす。

  • 7巻にしてハチクロを超えた。

  • 将棋どこいったよ?!感は否めませんがストーリーは相変わらず凄まじい、納得させられる。いじめについては解決はしてないものの最良の結果で嬉しく思う。作中にも出てくるけれど、腑が煮え繰り返るどころではない、分かり合えないなら許さなくて当然なのかもしれない。

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする