ブクログ大賞

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6539人登録
  • 4.57評価
    • (1278)
    • (557)
    • (129)
    • (8)
    • (3)
  • 558レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • いじめなんてない方がいいに決まっている。

    ひなちゃんに笑顔が戻って本当に良かった♪

  • 「信じれば夢は叶う」 それは多分 本当だ

    但し 一文が抜けている

    「信じて努力を続ければ夢を叶う」 これが 正解だ。

  • これまで読んできたなかで一番好きな巻。零がひなの変化を「光っている」という見え方で捉えていたところが良かった。京都のシーンの零、優しさで動いている人を見ていると胸が熱くなる。

  • 感動。よかったねひなちゃん。学年主任いい!!泣いちゃいました。

  • 将棋のマンガだけどそれだけじゃない。
    ひなちゃんのいじめ問題解決して良かった。スカッとした‼

  • ひなちゃんの強さと優しさは素晴らしい。あんな子なかなかいないです。
    そして、ちほちゃんが前向きになってて本当によかったです。

  • 零ちゃん、ひなちゃんを筆頭とする登場人物たちの真っ直ぐな姿勢に感極まる。

  • 「本気」のすごさを、ひしひしと感じる。

    本気で、守りたいから。
    本気でやりたいことを、極めたいから。

    本気で生きることを、あらためて思う。

  • ちほちゃんの手紙が救いになったね。もう目から汗が止まんなくなっちゃった。

    あとついでに桐山君新人王おめでとう〜。

    記念対局会場がもろ地元でドッキリ。宗谷名人!いつでもおでんせ!
    繋温泉のホテル大観ね……。なかなかのいいホテルっすよ。ホント。一回会社で付き合わされていったことがあります。大浴場に行く勇気くらいは私にはありますが、ぶっちゃけあんまり寛げなかった辺り零と共感したり。。。ホントね、仕事付き合いくらいでしか行く機会ないんだけどああいう場所。。。仕事じゃない時に行けるといいなぁああいうとこは。。。

  • ひなちゃんに笑顔が戻ってきて本当によかった…!

    でも、たしかにこれでいじめは終わりなんだろうけど、だからよし、という訳ではないのだと思った。
    ちほちゃんも一歩一歩すすめるようになってよかった。

    零くんが泣いちゃうほど嬉しいのも、ずっと読んできたから自分の心にも伝わった。野口先輩も素敵です…!

  • え,あ……島田さんまだ30代なんや。「こんな急に手に入ったものは,やっぱり,また急に消えて行っちゃうのかなぁ。でも,今はただうれしくて,うれしくて……そうだ,もし,いつか消えちゃうんだとしても,忘れないでおこう。うれしかった日は,確かにあったんだって,また,いつでも,何度でも,思い出せるように」じゃないよ,桐山くん!もー,可愛いすぎる!!
    「でも,これ,転校する者が出る程のいじめがあったのに,お前ら38人もいて当事者以外誰一人声を上げずここまで見て見ぬフリをして来た代償だから」くっそ,やるな国分先生!どこの学校でもああしていじめ対策できりゃあね……先生も暇が無いし,学校も対策費も人もいないし。

  • ここんとこ辛い展開だったので、安心しました。ヒナちゃんは強い。現実世界では、正しい人がきちんと報われるわけではないけど、物語の中くらいは救いがあっていい。いい人もいれば嫌な人もいて、山もあれば谷もある…それが人生なんだなあ。(でもたまに、谷ばかりになっちゃう人もいるのは何故なのか…)
    先日、知人にこの漫画の面白さを伝えたくてあらすじを説明したら、「…それってホントに面白いの??」と疑われてしまった。。確かに、みんな暗いし辛いけどさ、境遇的には…

  • どうしていじめを解決できたのかを考えてみました

    本人 の宣言と戦うための強い意志
    親 の協力と理解と覚悟
    先生 の協力と理解と覚悟
    学校 の協力と理解と覚悟
    相手 が普通の子 (基地外、サイコパス、少年院送りレベルの犯罪者ではない)

    の条件がすべて整ったから解決したんだと思います

    逆に言えばどれか一つでもかけていたらいじめ問題は解決するのが難しくなるということです

    これはいじめはこの世からなくならないなと思いました

    では解決する前の状態はどうだったかというと

    親○ 本人○ 先生× 学校× 相手○

    だと思います
    先生がだめなせいで学校の協力も得られていませんでした

    逆に言えば先生がだめなだけで問題が解決できなかったのです

    物語は先生が退場したことで一気に情況が好転していきました

    まるでドミノ倒しのようです、本人が勇気を持って最初の牌を倒したのに先生がそれを止めてしまっていたんです

  • ぶっちぎりで岳人さんが・・・タイプどストライクです・・・

  • ひなちゃんのいじめが解決し、新人王となった零くんは宗谷さんとの記念大局に向かいます。

    卑怯な手で二階堂くんとの勝負に勝った山崎さんでしたが、この巻のエピソードで、彼もまた再生を果たします。
    ホント、最初はすごいヤなやつで登場しても、憎めなくなってきちゃうのが羽海野クォリティなんですね。

    零くんが高校で所属していた「将科部」は3年生の卒業で存続が危うくなっていましたが、校長をはじめとする先生方の入部で、無事、安泰となるのでした。
    いや、ホント、この漫画ってオジサンたちがいい味だしてるよねv

    この巻の圧巻は、やはり宗谷名人のスピーチでしょう。
    零れた赤ワインに染まった白いスーツ。
    微かな微笑を浮かべながら、淡々と、全く見当違いのことを話す宗谷さんは、人外の雰囲気です。
    どんなに「おかしく」ても問題にならないくらい、圧倒的な将棋の強さを持つ宗谷名人。
    萌え!ですねえ。

  • ひなちゃんのイジメ解決編。秀逸だなと惚れ惚れしたのはシソを植えるあかりさん&ひなちゃん姉妹と学年主任の先生がクラスを解きほぐしていくコントラスト。「さて…と」あかりさんは家庭菜園を作っていく。「さて…と」先生は生徒に語りかける。そのどちらも「育てる」行為。
    気持ち良く計算が行き届いていて何度読んでも惚れ惚れしてしまう。

  • 結果は大事だけどな 桐山
    人に伝わるのは 結果だけじゃない
    世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ

  • たくさんいいシーンがあったけれど
    私はひなちゃんの ”許さなくていいですか?” というのがとても良かったなあ。

    クラスでは片がついたことになったとしても、傷は癒えないし無かったことにはならない。一件落着の綺麗な空気に流されて無理矢理自分を納得させなくてもいい。
    いっぱい割り切れない思いを抱えたまま、ゆっくり前を向いていければそれでいいんですよね。

    この答えに辿り着いたひなちゃんは 本当に芯のある強い子だと思います。

  • ひなちゃんの元担任も今までいろいろあって壊れてしまったのか…。
    そして国分先生はちゃんと向き合ってくれる人でよかった。
    いじめた側の親は最低だし、いじめた子もなぜそれが
    悪いことなのかわかっていない風だった。
    こうやって人の痛みを理解しようとしないで自分ばかりの子が
    親と同じような人間になって連鎖していくんだろう。
    ほんとそんな人間には負けたくない。
    ひなちゃんの言うように、こんなところ何があったって、生きて卒業さえすれば私の勝ちだ。

    2013.9.28読了

  • ちほちゃんの手紙には泣いてしまった。許さなくていいんだよひなちゃん。いじめっ子にもいつかきっと罰が当たるさ。でももしそんなことが起こっても、ざまあみろなんて思わないで、そしてこれからはあの子よりもずっと幸せになってやるんだ。桐山君も段々明るい世界へ向かい始めている。将棋部も最早教室のようになりつつあるし(笑)、B級にこれまた素敵なキャラも出てきたし(あの天然さ、可愛いです……!)。天然と言えば宗谷さんは天然というレベルなのでしょうか? 何かがある気がしてならない。

  • いじめ問題解決!!!!!
    ひなちゃんほんと強い
    ひなちゃんもあかりさんもおじいちゃんももちろん零くんも強い
    ほんとホッとした
    しほちゃんからの手紙はグッときた

    がっくん先輩と島田さんとこのやりとり半端なく面白かったw
    いっちゃんは必要だよね和む(^^)
    ナチュラルボーン山w
    そして島田さんとりあえず大好き
    がっくん先輩がどれだけイケメンでも島田さんが圧倒的にかっこいい!

  • 人間が苦しんでいるとき、必死に頑張るし、本当に力になりたいと思う人がいるときには、自分が苦手だと思っていることからも一歩抜け出そうとするんだなと実感させられました。

    ひなのいじめのことも少し前進。零はひなを守るために頑張るけれど、人との関係を築くことが苦手な分、どうしていいか悩みながら手を差し伸べる。この作品に出てくる人は、零もひなもおねいちゃんもおじいちゃんも島田も二階堂も...みんな強いと思う。ひなの学年主任の先生、ざっくばらんだけど闇にメスを入れる姿はかっこいいと思う。現実にもこういう先生が必要なのではないだろうか。

    そして宗谷名人との対局がどのように零を成長させるのか、今後が楽しみです。

  • ヒーローみたいな零くん、強く頑張ったひなちゃん、素敵な学年主任の国分先生、温かい気持ちをありがとう。
    危うく号泣するとこやった…

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする