3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6580人登録
  • 4.57評価
    • (1282)
    • (558)
    • (130)
    • (8)
    • (3)
  • 557レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 泣いた。


    なんでこう羽海野さんは鼻の奥がツーンとなるような作品を描けるのか。

  • ひなちゃんのいじめが解決し、新人王となった零くんは宗谷さんとの記念大局に向かいます。

    卑怯な手で二階堂くんとの勝負に勝った山崎さんでしたが、この巻のエピソードで、彼もまた再生を果たします。
    ホント、最初はすごいヤなやつで登場しても、憎めなくなってきちゃうのが羽海野クォリティなんですね。

    零くんが高校で所属していた「将科部」は3年生の卒業で存続が危うくなっていましたが、校長をはじめとする先生方の入部で、無事、安泰となるのでした。
    いや、ホント、この漫画ってオジサンたちがいい味だしてるよねv

    この巻の圧巻は、やはり宗谷名人のスピーチでしょう。
    零れた赤ワインに染まった白いスーツ。
    微かな微笑を浮かべながら、淡々と、全く見当違いのことを話す宗谷さんは、人外の雰囲気です。
    どんなに「おかしく」ても問題にならないくらい、圧倒的な将棋の強さを持つ宗谷名人。
    萌え!ですねえ。

  • 何度読んでも同じ所で泣いてしまいます。
    最初は、銀が戻ってきた所で…
    それから…

    修学旅行先に桐山零が現れたことに感動するひなちゃんと家族。
    みんなで桐山君のお祝いにあんみつ屋さんへ。
    食べっぷりがすごくて楽しい。

    いじめでクラス崩壊がピークに達し、担任の先生が倒れるまでに。
    いじめられている側を責めるような態度に納得いかなかったが、これまでにも似たようなことが続いて苦労してきたらしい。
    担任は入院。
    学年主任が担任となり、いじめを見過ごさない姿勢を取る。
    しかし、いじめた側の親は、三者面談に呼び出されても強気で、うちの子がやったという証拠があるのかと詰め寄る有様。
    いじめには普通、証拠はなくて当たり前なのだと断言する先生。
    他の教師も協力し、生徒それぞれに本腰を入れて話を聞こうとする。
    その姿勢に、ついに空気は変わっていくのだ。

    結局何も出来なかったという零。
    驚愕して怒るひな。
    零が先生にそのことを話す下りも良いですねえ。

    おじさん達もそれぞれに面白い。
    宗谷名人との記念の対局が大きく取り上げられることになり…
    宗谷名人の浮世離れした将棋の鬼っぷりが今後を期待させる迫力!

    [追記]いじめが問題になっているので、トップに出しました。
    真っ直ぐなひなちゃん。
    学校で悔しい思いをしても、他ではこんなに温かい人に囲まれていたひなちゃんは、幸せだよね。
    学校でも先生がようやく本腰を入れてくれたし。

    新聞報道の事件は、いじめというよりも既に非行、りっぱな犯罪だけど。
    誰かに相談しても最初はダメかも知れない。世の中の大抵の人は、軽いいじめには遭ったことがあっても、ひどいいじめを解決したことはないから。
    でも諦めないで!
    心配してくれる人は必ずいる。いろんな方法があるから。
    逃げたっていいんだよ。今の学校やクラスがすべてじゃない。他の場所もあるから。何人かに相談してね。

  • 今の歳になると先生の辛さがよくわかってくる。教育ってすごい言葉だなぁ。次の巻からはまた将棋の話が主になりそうなので、それも期待!!

  • たいせつな人、たいせつなものを守ることを覚えた零の、射るようなつよいまなざしがまぶしい折込イラスト!零くんがんばれ!

    無意識のうちにお互いを深いところで救いあっている、最近の零くんとひなちゃんに泣かされます。

    でも、なんといってもこの第7巻のヒーローは、ひなちゃんの新しい担任になった国分先生!もう、あの不敵な笑みに釘付け!

    ひなちゃん、零くんのような若い世代をみずみずしくリリカルに描きながら、その一方で本当の大人の凄味を余すところなく描けるところが羽海野さんの素敵なところです。

  • 努力すればよい結果に近づけるけれど必ず希望が叶うわけじゃない。

    結果だけがすべてじゃない。過程も大事。

    こんな可愛い絵でこんな優しい話なのにヒリヒリするほどリアル。
    登場人物を誰も憎めない(わかりやすい悪役がいない、理解できてしまう部分を作る)のがこの人の描くものの厳しさ。
    「あいつは自分とは違う理解できない人種」と切り捨ててしまえば簡単だけど、そうはさせてくれない。

    教師にとっては手を差し伸べやすい子も差し出した手を握ってくれない子も等しく生徒なんだよな。
    助けたくても助けたくなくても。
    ひなたは許さなくていいけど、先生は捨てちゃいけない。

  • 待ち遠しくて発売日の朝は夢の中でも本屋に走っていた!
    外でお茶でも飲みながら読もうかなと思っていたのが
    時間の都合で入浴中に読むことに。
    結果。
    その方が良かったようです。
    涙が止まらなくて、外ではとても無理だった。

    いじめについて、いじめる側の抱える問題に気付かされた。
    いじめられている子を助けるだけでは終りではないんだ。
    いじめてる子も助けてあげなくてはいけないんだって。

  • 「本気」のすごさを、ひしひしと感じる。

    本気で、守りたいから。
    本気でやりたいことを、極めたいから。

    本気で生きることを、あらためて思う。

  • ちほちゃんの手紙には泣いてしまった。許さなくていいんだよひなちゃん。いじめっ子にもいつかきっと罰が当たるさ。でももしそんなことが起こっても、ざまあみろなんて思わないで、そしてこれからはあの子よりもずっと幸せになってやるんだ。桐山君も段々明るい世界へ向かい始めている。将棋部も最早教室のようになりつつあるし(笑)、B級にこれまた素敵なキャラも出てきたし(あの天然さ、可愛いです……!)。天然と言えば宗谷さんは天然というレベルなのでしょうか? 何かがある気がしてならない。

  • 人間が苦しんでいるとき、必死に頑張るし、本当に力になりたいと思う人がいるときには、自分が苦手だと思っていることからも一歩抜け出そうとするんだなと実感させられました。

    ひなのいじめのことも少し前進。零はひなを守るために頑張るけれど、人との関係を築くことが苦手な分、どうしていいか悩みながら手を差し伸べる。この作品に出てくる人は、零もひなもおねいちゃんもおじいちゃんも島田も二階堂も...みんな強いと思う。ひなの学年主任の先生、ざっくばらんだけど闇にメスを入れる姿はかっこいいと思う。現実にもこういう先生が必要なのではないだろうか。

    そして宗谷名人との対局がどのように零を成長させるのか、今後が楽しみです。

  • ひなちゃん!かっこいーなぁ。
    桐山くんよかったね。
    先生ってのも大変だなぁ、ほんとご苦労様です。
    いじめに解決策はないけど、理解者が増えて孤立でなくなったのは本当よかった。

    これだけ毎巻泣けて笑えるってのもすごいな。

  • ハチクロが大好きでこの漫画も手に取りましたが、登場人物一人一人の魅力にどっぷりはまりました!将棋のことは全く分からないのに、ストーリーだけでこんなに好きになれるなんて…みんなを応援したくなる、自分も頑張ろうと思える漫画です!

  • いじめ問題から逃げなかった羽海野チカ。偉いと思います。

  • ひなちゃん良かったと大泣き。
    先生のいままでの態度にはやっぱり納得いかないけれど、何年も同じことの繰り返しに巻き込まれたら、それはわからなくなるよね。きっと何度もどうにかしようとしたんだろうに。

    そしてようやく期待の 零ちゃん×ひなちゃんへの道筋がみえた…!(と、私利私欲な感想もあります。)

  • どのシーンを切り取っても、好きで、せつなくなるマンガです。

    まあ、せつなくなりすぎるところもあるのだけれど、ものすごくまっすぐ前を向いて歩いていく、そして甘くはない、この物語の人々が好きです。

    野口先輩、かっこいい。

  • いじめが止んだ。魔法ではなく、チームプレイで。全般に鳥肌がたってならなかった。将棋の勝負と人生の勝負がリンクしていく。

  • 喜んだりがっかりしたりをくり返し
    人は自分の心の取り扱い方を学んでゆくのです…
    人に伝わるのは結果だけじゃない
    世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ

  • 新刊が出たらすぐに買っちゃうコミック。
    でも読むのは大事に大事にゆっくり読む。
    今回も、泣いたなぁ〜。
    国分先生がすごく良かった。
    クラスメイトの高城さんに、イライラしてたけど、ひなちゃんが少しずつ強くなってくれて、嬉しい。
    でも私はあかりさんファン。

  • 尾木ママが今日テレビで言ってたけど、「(学級崩壊の解決法)担任を変えれば、次の日からガラリと変わるわよ。」
    実体験からほんとそう想うな。
    その選択肢を早めに出すことは、先生にとっても生徒にとってもありなんじゃないかと考えさせられる。

    そんなことを考えてる間にストーリーはぐんぐん進む〜
    宗谷名人が氣になる、楽しみ!!

    大阪で原画展開催中、明日出掛けたついでに寄ってみよう♪

  • 羽海野先生といえば優しすぎて悪人が描けない作家さんというイメージでした。
    そんな優しい先生の描いた『許さなくていいですか』という台詞がぐっさり刺さります。

    『結果だけで世界が回っているわけではない』という台詞に号泣。
    こんな優しい言葉をかけてくれる人が零の近くにいる。

    一人で生きていくことを決めていた零が
    いつのまにか誰かに守られている自分の弱さに気付き
    大切な人を守る強さを得たいとまで思った、その成長に涙。

    天才少年が悩む物語から
    人間関係をうまく築けない男の子が少しずつ世間に溶け込んでいく、
    傷つきながらも仲間を作り強くなっていく物語にシフトしてきた気がします

  • チャプターごとに読むのを中断しなければ涙が零れそうなくらい、心に直接突き刺さる作品でした。
    本気で、全速力で生きる人々を、本気で丁寧に描く羽海野チカさんのその思いにも心を打たれました。

    そして、零くんとひなちゃんのきゅんきゅんな感じも深まって参りましたね!!
    いやー、これからの展開も楽しみ!
    この巻では二階堂くんがあまり出てこなくて、どうなっちゃうんだろう、、、と心配でもありますが、これからどうなっていくのか、とっても楽しみ!

  • この一冊にどんだけ見せ場つまっているのっ!?しょっぱな、前の巻できらいだった順慶に射られた。水底に例えた心理描写に嗚咽。中盤ひなちゃんの環境に変化では、教育者とは?保護者とは?を考えさせられ。そして将棋の鬼、名人との対局へ・・・。これほどにてんこ盛りなマンガは他にないです。作者の血を吐くほどの努力の結晶なんじゃないかと、一読者として感謝することしかできないのがもどかしいほど。

  • ひとりでも自分を信じてくれるひとがいることは、おおきな力になる。

  • はああああ・・ ヒナちゃんよかったあ・・
    国分先生かっこいいな

  • はっ……気がついたらブクログ立ち上げてた……

    『3月のライオン』て、今話題になってるみたいだけどどんな本?
    ——とかってもし聞かれたとして、その人にこの本をどう紹介したら良いだろう。
    たぶん時間がなければ、将棋の話、って答えるだろうな。主人公はダブった現役高校生のプロ棋士、中学生でデビューして将棋界注目の若手……。

    幼い頃に家族を失った彼の唯一の生きる糧が将棋だった。

    彼はすがりつくように将棋と向かい合うのだけど、その姿勢は対局番組の冷静さからは想像もできない情熱の塊で出来ていて、
    彼はいつの間にか「人」と離れたところへ行ってしまうのだ。

    「零」という名前の通り、孤独さから彼の物語は始まる。
    だけど「様々な人間が、何かを取り戻していく優しい物語です」という背表紙の紹介にもある通り、零くんが主人公でありながらも、彼の周囲のすべての人に物語がある。彼の、知りえないところで。

    だからこの物語を「将棋の世界も大変だ」とか「いじめはよくない」とか「あきらめない」とか、月並みなメッセージでくくることはやっぱり出来そうにない。当たり前だけど。

    ああ、こうやって世界って回ってるんだよな、って思える漫画。

    この7巻は表紙がすごく良いと思うの。

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする