3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

  • 6557人登録
  • 4.57評価
    • (1279)
    • (559)
    • (130)
    • (8)
    • (3)
  • 559レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 零君に「自分が役に立ったか」どうかより「ひなちゃんが楽になったか」どうかを先にして、まずはひなちゃんといっしょに喜んで欲しかった。
    でもここで、年下の中学生に忠誠を誓ってしまう零君が、やっぱり好きだ。大好きだ。
    「君を守る」という上から目線をやめて、小さな勇者に忠誠を誓ってしまう、その魂のあり方が、愛しい。かつて傷ついた零の魂だからこそ、ひなちゃんの強さがよーくわかるのだな。

    零君のそばにひなちゃんや二階堂や島田さんや将科部のメンバーがいたように、傷ついた誰かのそばに別の誰かがいてくれますように。零君が二階堂の言葉に助けられたように、将科部のささやかなお祝いに涙できたように、傷ついた魂が新しい温かさに気づきますように。本を閉じながらそんなことを思う第7巻です。

  • 泣いた。


    なんでこう羽海野さんは鼻の奥がツーンとなるような作品を描けるのか。

  • うーん。そうか。
    ....私が考えうる限りの一番ちゃんと納得のいく展開で、問題は一応の終結となりました。ひなちゃんは、すごくがんばった。強い子だなぁ。
    主任先生はどうしてもっと早く介入してくれなかったのだろう、と思うけれど、これって1学期間のお話なのですよね。そう思うと、やっぱりこれくらいはかかってしまうのが現実的(むしろスピード解決なくらい)でしょうね。
    高城さんの反応というのは本当に....これまた現実的で。これで泣いて反省でもしちゃったら、私の中にはありゃりゃ、な気持ちが渦を巻いてしまうな、と思うので、これは、やっぱりこうならざるを得ないのだろう。彼女が邪悪な人でなくなるときはくるのだろうか?ちゃんと、心の痛む人になるときがくるのだろうか?彼女はひとりぼっちになるだろうか?そのときに孤独に悩んだりするのだろうか?それとも、やっぱり彼女を受け入れる世界で、同じようにしているのだろうか....?私は母なので、母として、彼女の母になってしまうことは容易に想像がつく。気をつけなくては。きちんとみなくては。

    さて、でもようやく将棋が、零君が主役の世界に戻りました。
    零君のこんな明るいところにいつのまに、というシーンはほんとによかったね、と。
    宗谷名人と、どんな対局になるのかな、わくわく。

  • ひなちゃんのいじめが解決し、新人王となった零くんは宗谷さんとの記念大局に向かいます。

    卑怯な手で二階堂くんとの勝負に勝った山崎さんでしたが、この巻のエピソードで、彼もまた再生を果たします。
    ホント、最初はすごいヤなやつで登場しても、憎めなくなってきちゃうのが羽海野クォリティなんですね。

    零くんが高校で所属していた「将科部」は3年生の卒業で存続が危うくなっていましたが、校長をはじめとする先生方の入部で、無事、安泰となるのでした。
    いや、ホント、この漫画ってオジサンたちがいい味だしてるよねv

    この巻の圧巻は、やはり宗谷名人のスピーチでしょう。
    零れた赤ワインに染まった白いスーツ。
    微かな微笑を浮かべながら、淡々と、全く見当違いのことを話す宗谷さんは、人外の雰囲気です。
    どんなに「おかしく」ても問題にならないくらい、圧倒的な将棋の強さを持つ宗谷名人。
    萌え!ですねえ。

  • 何度読んでも同じ所で泣いてしまいます。
    最初は、銀が戻ってきた所で…
    それから…

    修学旅行先に桐山零が現れたことに感動するひなちゃんと家族。
    みんなで桐山君のお祝いにあんみつ屋さんへ。
    食べっぷりがすごくて楽しい。

    いじめでクラス崩壊がピークに達し、担任の先生が倒れるまでに。
    いじめられている側を責めるような態度に納得いかなかったが、これまでにも似たようなことが続いて苦労してきたらしい。
    担任は入院。
    学年主任が担任となり、いじめを見過ごさない姿勢を取る。
    しかし、いじめた側の親は、三者面談に呼び出されても強気で、うちの子がやったという証拠があるのかと詰め寄る有様。
    いじめには普通、証拠はなくて当たり前なのだと断言する先生。
    他の教師も協力し、生徒それぞれに本腰を入れて話を聞こうとする。
    その姿勢に、ついに空気は変わっていくのだ。

    結局何も出来なかったという零。
    驚愕して怒るひな。
    零が先生にそのことを話す下りも良いですねえ。

    おじさん達もそれぞれに面白い。
    宗谷名人との記念の対局が大きく取り上げられることになり…
    宗谷名人の浮世離れした将棋の鬼っぷりが今後を期待させる迫力!

    [追記]いじめが問題になっているので、トップに出しました。
    真っ直ぐなひなちゃん。
    学校で悔しい思いをしても、他ではこんなに温かい人に囲まれていたひなちゃんは、幸せだよね。
    学校でも先生がようやく本腰を入れてくれたし。

    新聞報道の事件は、いじめというよりも既に非行、りっぱな犯罪だけど。
    誰かに相談しても最初はダメかも知れない。世の中の大抵の人は、軽いいじめには遭ったことがあっても、ひどいいじめを解決したことはないから。
    でも諦めないで!
    心配してくれる人は必ずいる。いろんな方法があるから。
    逃げたっていいんだよ。今の学校やクラスがすべてじゃない。他の場所もあるから。何人かに相談してね。

  • ひなちゃんが笑っていることが何より嬉しい。
    良かったなぁと思うのは単純過ぎるだろうか?
    ひなちゃんと高城さんが笑い合う日がくるといいなぁと思うのは間違っているだろうか?
    「許さなくてもいいですか?」の問いに「いいよ」と答えたい気持ちもあるけど、苦しくもある。
    思い返すと私も無神経な言葉や行動で人を傷つけてしまったはずで、その傷の深さは私には一生分からない。そう思うと苦しい。
    どうしてあの時に気づけなかったんだろう…と自己嫌悪。

    桐山くんサイドに癒やしがなかったら読み切れなかったかもしれない。
    桐山くん在籍の将棋部はなんだか非常に面白いことになっている。このノリはツボ。
    桐山零とゆかいな仲間たちの新しい冒険が楽しみだけど、あんまりそこは掘り下げないだろうなぁ…。

  • 今の歳になると先生の辛さがよくわかってくる。教育ってすごい言葉だなぁ。次の巻からはまた将棋の話が主になりそうなので、それも期待!!

  • たいせつな人、たいせつなものを守ることを覚えた零の、射るようなつよいまなざしがまぶしい折込イラスト!零くんがんばれ!

    無意識のうちにお互いを深いところで救いあっている、最近の零くんとひなちゃんに泣かされます。

    でも、なんといってもこの第7巻のヒーローは、ひなちゃんの新しい担任になった国分先生!もう、あの不敵な笑みに釘付け!

    ひなちゃん、零くんのような若い世代をみずみずしくリリカルに描きながら、その一方で本当の大人の凄味を余すところなく描けるところが羽海野さんの素敵なところです。

  • 鳩が全部持っていった。

    鳩。

    鳩(涙)

    日本野鳥の会会員にはたまらんす。

  • 学年主任とやら、もっと早く出てこいよと思ったのは自分だけだろうか。

  • 努力すればよい結果に近づけるけれど必ず希望が叶うわけじゃない。

    結果だけがすべてじゃない。過程も大事。

    こんな可愛い絵でこんな優しい話なのにヒリヒリするほどリアル。
    登場人物を誰も憎めない(わかりやすい悪役がいない、理解できてしまう部分を作る)のがこの人の描くものの厳しさ。
    「あいつは自分とは違う理解できない人種」と切り捨ててしまえば簡単だけど、そうはさせてくれない。

    教師にとっては手を差し伸べやすい子も差し出した手を握ってくれない子も等しく生徒なんだよな。
    助けたくても助けたくなくても。
    ひなたは許さなくていいけど、先生は捨てちゃいけない。

  • 待ち遠しくて発売日の朝は夢の中でも本屋に走っていた!
    外でお茶でも飲みながら読もうかなと思っていたのが
    時間の都合で入浴中に読むことに。
    結果。
    その方が良かったようです。
    涙が止まらなくて、外ではとても無理だった。

    いじめについて、いじめる側の抱える問題に気付かされた。
    いじめられている子を助けるだけでは終りではないんだ。
    いじめてる子も助けてあげなくてはいけないんだって。

  • 2016.2.24市立図書館
    新人王→宗谷名人との記念対局へ。
    新たな棋士キャラとしてアルピニスト櫻井岳人登場。
    将棋の話よりむしろひなちゃんの中学校のエピソードがメイン。ひなちゃんや零くんの周りには守ってくれる大人がいっぱいいてほっとする。学校の先生も、そういう先生ばかりならいいのにな。解決したとまではいえないけれど、ひなちゃんに笑顔が戻って、転校しちゃった友だちからもお手紙が届いて、読んでる自分まで涙が出てしまった。

  • 「本気」のすごさを、ひしひしと感じる。

    本気で、守りたいから。
    本気でやりたいことを、極めたいから。

    本気で生きることを、あらためて思う。

  • 部活の先輩と先生に新人王のお祝いをしてもらい隠れて涙する零くんがもう。その足で日記を買いに行くところがもう。。。かわいい。笑

    ひなちゃんの問題も無事解決してよかった。

    そしてあの新人戦記念対局と棋匠戦のポスターの差に笑った!

    宗谷名人の天然、零くんとの対戦気になります。

  • ちほちゃんの手紙には泣いてしまった。許さなくていいんだよひなちゃん。いじめっ子にもいつかきっと罰が当たるさ。でももしそんなことが起こっても、ざまあみろなんて思わないで、そしてこれからはあの子よりもずっと幸せになってやるんだ。桐山君も段々明るい世界へ向かい始めている。将棋部も最早教室のようになりつつあるし(笑)、B級にこれまた素敵なキャラも出てきたし(あの天然さ、可愛いです……!)。天然と言えば宗谷さんは天然というレベルなのでしょうか? 何かがある気がしてならない。

  • ああ、何で面白いんでしょうか?

    やっぱりジワジワ来るんだよね。
    目立って、派手に過激に、ガシガシ来るのが好きなんですが、「3月のライオン」止められなくなった。

    良く本を読んでる人たちが、あえて薦めてくれたマンガは、やっぱり普通じゃ無かったな。

  • 皆様がレビューしてらっしゃるとおり、
    ひなちゃんのいじめ問題に決着!です。

    胸のつかえが取れた感じを受けた方も
    いっぱいおいでなのでは。
    私自身もそうですが…。

    全くひなちゃんの言うとおり、

    「いじめてる側のせいで人生棒に振るなんて馬鹿らしいし、
    生きて卒業したら勝ち」

    っていうのは、実感のこもった言葉です。
    私自身も中学卒業まではそう思っていました。

    実際高校以降は良い友人にも恵まれましたし、
    そこで合わなかったからって、人生否定されるわけじゃないです。
    今に見てろ…欠席なんてするものかって思ってましたね。

    閑話休題。

    この問題に多くのページを割いているので、
    将棋のお話はあまり出てこないけど、
    私はこの巻って大事だと思うんです。

    零くんは、自分は何もしなかったって林田先生に言いますが、
    先生のお返事通り、何か具体的にやったように見えなくても

    苦しい戦いをしてるさなかに受けた優しさが、見えない形で
    支えになっていたり、全く別のところから報われることもあるのを
    描いているからです。

    優しさは持ち回り。
    誰かから受け取ったら、ちゃんといつか、誰かに返せばいい。

    彼にとって、誰かの支えになりたいとチカラを尽くす経験無くして
    自分の戦いに勝利することは、今後難しかったでしょう。

    自分の戦いに挑む事無くして、誰かの支えになることは
    出来ないように…。

    誰も手出しのできない、自分ひとりで挑むものを持つなら
    零くんにとって、それはとても大事なことのはず。

    だって、勝負に勝っても人生に負けたら意味ないし
    人生に勝っても、大事なことへの戦いに負けてばかりでは悲しいから。

    一見関係ないように見える問題だけど、零くんの人間的な成長の
    ステップとしては、落としたくない部分だと思います。

    ところで…ひなちゃんが零くんのこと、桐山くんって呼ぶようになってるね。
    最初は零くんじゃなかったかな??違ったっけ?

    うふふ、この二人って兄と妹みたいだけど、ステディになるのかな?
    初々しくて、それも可愛いなぁ。

    なーんて。

    次も楽しみですね。

  • 人間が苦しんでいるとき、必死に頑張るし、本当に力になりたいと思う人がいるときには、自分が苦手だと思っていることからも一歩抜け出そうとするんだなと実感させられました。

    ひなのいじめのことも少し前進。零はひなを守るために頑張るけれど、人との関係を築くことが苦手な分、どうしていいか悩みながら手を差し伸べる。この作品に出てくる人は、零もひなもおねいちゃんもおじいちゃんも島田も二階堂も...みんな強いと思う。ひなの学年主任の先生、ざっくばらんだけど闇にメスを入れる姿はかっこいいと思う。現実にもこういう先生が必要なのではないだろうか。

    そして宗谷名人との対局がどのように零を成長させるのか、今後が楽しみです。

  • こういう先生、本当にいてほしいと思います。
    (でも、同僚のことも助けてあげて…)
    いじめる側ってどうやったら救われるんですかね。

  • ひなちゃん!かっこいーなぁ。
    桐山くんよかったね。
    先生ってのも大変だなぁ、ほんとご苦労様です。
    いじめに解決策はないけど、理解者が増えて孤立でなくなったのは本当よかった。

    これだけ毎巻泣けて笑えるってのもすごいな。

  • ひなちゃんのイジメ問題完結と、桐山くんと宗谷名人発対戦へ向けての話。

    イジメを描くマンガはよくあるけど、納得感のある描き方は難しいと思う。
    綺麗事になり過ぎたり、グロい部分を強調し過ぎたり。
    本作は、桐山くんが京都に現れたり、素敵な先生が最後に出てきたり、ひなちゃんが強かったり、なかなか現実はそうはいかないよね、と思う部分も多々ありつつ、でも綺麗事過ぎない、マンガとして丁度良いバランスで描かれてるなぁと思いました
    そして毎回号泣…。

    宗谷名人の鬼才っぷりがかっこえーなー。
    次巻からの対局が楽しみ♪

  •  あぁ、本当にこの漫画はズバズバと。何もできなかったって思うことあるけど、そんなことないんだろうな。その人のことを想ってるだけでも、その気持ちに嘘がなければ、ちゃんと伝わるんだろうな。
     次の巻が楽しみで仕方がない。読み進めるたび、この漫画に出会えて良かった、何度も読みたいという気持ちになる。

  • 将棋の漫画が、いつのまにか青春漫画になってる!
    教育ってすごいなと改めて思った。従兄が教師してるけど、この漫画に出てた先生みたいに過労になったり、思い詰めたりする時があるのかな〜

  • ハチクロが大好きでこの漫画も手に取りましたが、登場人物一人一人の魅力にどっぷりはまりました!将棋のことは全く分からないのに、ストーリーだけでこんなに好きになれるなんて…みんなを応援したくなる、自分も頑張ろうと思える漫画です!

全559件中 1 - 25件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)に関連する談話室の質問

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)に関連するまとめ

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)に関連するサイト

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする