3月のライオン 9

  • 4260人登録
  • 4.44評価
    • (681)
    • (453)
    • (113)
    • (7)
    • (2)
  • 329レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2013年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145196

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 9 の感想・レビュー・書評

  • ひなちゃんの受験。

    土橋九段の宗谷挑戦。
    土橋が凄い分だけ、宗谷の底知れぬ強さが伝わってくる。

  • 高校生のひなちゃん、カワイイ。

  • 入学、おめでとう。

  • 図書館で順番に届くように予約したつもりなのに8巻飛ばしで先に9巻が来てしまった…。8巻さらっと読んだのである程度わかるからイイケドさ。まとめてどわーっと読みたいもんです。それにしてもじわじわと面白い。ひなちゃんのボブかわいい。

    夏の流しそうめんイベント楽しそー!ひなちゃんの受験&合格。林田先生の一目ぼれ的な展開これから先が楽しみだし、好きなスミスはめんこ過ぎて楽しい巻でした。最後の土橋宗谷戦の激しさの中にある浮世離れした雰囲気に引きこまれた。10巻楽しみ。

  • 2017.1.21市立図書館
    ひなちゃん高校受験、将来のことも考えつつ、別れもあればであいもある。三姉妹のおじいちゃんの背負ったプレッシャーもなにげに切ない。そして三日月町パートはおなかがすく。
    将棋の方ではインパクト大きい滑川臨也七段登場、そしてこどものころからのライバル同士、努力の人土橋九段と宗谷名人の激闘名人戦第二局はそんな二人にしか開けられない未知の世界の扉が。

    章ごとにある先崎学のライオン将棋コラムもおもしろい。将棋のみならず勝負の世界に共通の心理など、なるほどと思いながら読むことが多い。

  • ひなちゃん、よかった。
    松永さんもお元気そうで、みんなが島田さんをいじめている。
    土橋さんには、なんだか島田さんとの違いを感じてしまい、何も考えずに夢中だから、あの神様も仲が良い?のか...と、こちらまで悶えてしまいました。嗚呼島田さん。

  • いいな~。
    死神さんすごい笑
    そして、神の子もすごいと思う笑

  • 新しいキャラクターがどんどん出てくる、みんな好きだ。

  • 学年主任かっこいいなあ。甘やかされたい!ジュースもっとくださいに萌えた。シーソーの扉絵みんな可愛すぎか。もう…可愛すぎる私のいもうとがっっ だまってろ神の子!!死神ウケる。小さなバグを宗谷が取り除き土橋はそれに気がつかないのグッとくる。対局中にふたりで笑っちゃったのすごくいい。

  • 12巻まで一気に読みました

  • 宗谷と土橋の対決、すごい。
    「甘やかしうどん」食べたい!

  • 将棋コラムもおもしろい。

  • いろんな人間模様を見ることができた。

  • 中学3年生のひなたは自分の進路の事で悩んでいた。やりたい事は分かっているのに手を出してはいけない気がして… そんな彼女を暖かく見守るひなたの家族と零。一方、名人戦では宗谷名人の幼い頃からのライバル土橋九段が宗谷と激闘を繰り広げていた。いまだ宗谷に及ばない土橋を懸命に支える彼の家族…。本当に大事な人って誰ですか?この命題を問いかけます。様々な人間が、何かを取り戻していく優しい物語です。(裏表紙より)

    「立てば不吉」「座れば不気味」「歩く姿は疫病神」の滑川七段…。あの相手の顔を覗き込む姿、マジで夢に出てきそう…泣

  • 棋士の集中力のすごさを観た。
    トップレベルの世界は、そこに行きついたものにしか見えない世界ということか。

  • 「姉の結婚」楽しみだ、とか言っていたらマジでフラグ立ちやがった笑

    わたしの記憶がただしければ、たしか2人で新しいものを見つける生涯の旅、「全部の箱を開ける」はプロポーズだったかと•••さすが•••

  • お腹がすくな。
    ひなちゃん高校生に。零と同じ高校。
    宗谷名人に土橋九段。

  • 「努力は自分のためにするものだ」このセリフ本当なんだって心から思ったよ
    きっと俺はただずっと「今よりマシな人間」ってのになりたかっただけだったんだな
    そうだ 遠くへ行ってしまうものばかりじゃない
    消えていくものばかりじゃない それをぜったいに忘れてはいけないんだ

  • 9巻。
    あかりがひなの受験勉強のためにつくった「甘やかしうどん」が美味しそうすぎた。
    あと、零は自分の一部分をひなに作ってもらった、といってるからやっぱり慕情?
    あかりも、零が自分たち三姉妹をどう思っているかを評して、「「家族」なの。一足跳びにそこに行っちゃうとね「恋」なんてもろいものに戻すのは 至難の技だわねぇ…」と言ってるし。

    今回の、新登場棋士は「死神」滑川と、華がないけど努力の棋士、土橋九段。

  • 「遠くへ行ってしまう ものばかりじゃない
    消えていくもの ばかりじゃない
    それを ぜったいに
    忘れては いけないんだ」

    この言葉が随分沁みたなぁ。

    明日会えなくなる人、遠くへ行ってしまう人、その人と今は普通に会えているけど、もうすぐ会えなくなるとも、分かっている。

    こういう状況で、私も随分さみしくて、切ない思いを抱えて、何でお別れしなければならないのか、悩んだものです。

    「とめられなくて
    ほんとうに よかった」

    そんな言葉は出ないなぁ。きっと、零を通して、「人を大事にする」ことを知ったからなのかもしれない。

  • ひながよく頑張ったという感じのする9巻。頑張り屋さんのひなだからこそ、出せた結果なのだろう。今回は将棋要素がかなり少なめ。本心としてはそろそろ、大きな展開を望んでいるのだが、なかなかそうはいかないようだ。早く、大きい動きが見たい。

全329件中 1 - 25件を表示

3月のライオン 9 に関連するまとめ

3月のライオン 9 を本棚に「読みたい」で登録しているひと

3月のライオン 9 を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3月のライオン 9 の作品紹介

高校進学を前に、ひなたは零の通う高校を受験することを決意。零もそんなひなたに勉強を教えながら将棋を指す中で、今の自分にとってひなたの存在がいかに大きいかを自覚し出し…。おでかけニャーしょうぎ付限定版も同日発売です♪ 2013年9月刊。

ツイートする