3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)

  • 2870人登録
  • 4.49評価
    • (469)
    • (258)
    • (60)
    • (6)
    • (2)
  • 257レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2014年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145202

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • もちろん発売日に特典CD付きを買いました。

    桐山くんがもう…男前すぎてきゅんきゅん!!

    本屋さんにはニャーのがまぐち付きムックも並べられていて理性で断ち切るのに苦労した…!

    だってもう我が家にはくまモンバッグやらミッフィー財布やらあるんだモン…。

    毎度ウミノ先生の漫画には感情を突き動かされるなぁ。。

    先生に対し申し訳ない気持ちになったのは、夫婦アーカイブ創設予定なので彼に購入を踏み止まらせてしまったこと…。
    一家に2冊はいらないのです…。

  • いやぁ~、待ちに待った最新刊!
    コレが待った甲斐があったと思わせてくれる
    ホンマ充実した内容です。

    ついにひなちゃんが零と同じ高校に入学して、
    つぐみちゃんという仲良しの友達ができて、
    もう胸いっぱい(T_T)
    (またひなちゃんが手芸屋の娘のつぐみちゃんと「手作り部」に入部して毎日学校行くのがホンマ楽しそうなのですよ!つか、猫のクッションカバー欲しいわ~)

    あと、零くん、孤独のグルメ卒業
    ホンマおめでと~っ(笑)!
    三年生にしてやっとというか、
    ついにというか(笑)

    『もうひとつの家』で明かされる
    幼少期の零。
    若くして辿り着きたい場所を持ってしまったが上に、
    子供らしい生活を犠牲にして
    将棋に没頭して生きるしかなかった零くんが切ない。
    香子と歩の母が見た夢は
    零くんが生きるかもしれなかったもう一つの道を表していて
    読んでいて思わず涙が出た。

    あとあと、島田さんについに来た
    アートでネイチャー的なCM依頼には爆笑~(^^;)
    しかしコレはさすがにプライドが許さんかったんかな(笑)

    さて毎回ギャグと癒やしと
    シリアスの配分が絶妙なこの作品。
    今回のシリアス編である零くんの相手は
    20年かかってようやくB2クラスに這い上がってきた“泳ぐ人”こと
    入江棋士。
    対局の合間のエネルギー補給に
    缶のお汁粉を飲む設定はリアリティありありだし、
    対局の様子を海の底に見立てた息苦しいほどの緊張感はさすが羽海野さん、お見事です。

    あと、冷やしあめのウィスキー割りは
    ちょっと真似したくなったなぁ~♪

    そして終盤、ある訪問者と零くんの対決はこの巻の最大の山場でしょう(笑)
    見開き二ページで自己中な訪問者にぶっ放す、零くんの衝撃の啖呵は(決意表明とも言えますよね)、
    漫画史に残る名シーンとして
    この先語り継がれること間違いナシでしょう!

    それにしても零くん、ひなちゃんのイジメの一件以来頼もしくなったなぁ~
    羽海野さんが描く零くんの表情も、
    この巻から少年から青年になったような精悍さがうかがえます。

    つか、恒例コーナーになった感のある
    今回のライオングルメは(笑)、
    最近太り気味なあかりさんとひなちゃんが作った
    ヘルシーな「豆腐と挽き肉の甘辛味噌そぼろ」!

    納豆バージョンもあったけど、それは置いといて(笑)
    俺も豆腐と挽き肉のそぼろをレタスで巻いて
    白ご飯いっぱい食べたぁぁ~っい(笑)(>o<)

  • 零くん!!
    頭ガッシガシッってなでてあげたい!!

    あかりさんも苦労されたんだろうな…
    幸せになって欲しいな。

    ますます目が離せない展開になってきましたね。

  • 新しい1年の始まり、去年から様々な変化が。
    それでもみんなの楽しそうな日常が、微笑ましく。

     “出来る事を、いっこいっこ、
      やるしか無いのだ”

    桐山君もイロイロと殻を破って、前向きに。
    そんな最中、川本家の問題の核心が登場。

    ここまでアレで救いのないってのは、凄いなと。
    この災厄にどう立ち向かっていくのか、、

    引きがなんとも心憎い感じですが、
    これなら大丈夫と、どこか安心感も。

    ホッとしつつも続きが気になる、そんな内容でした。

  • 買うの少し遅れたからツイッターとかでチラッと感想見かけたりして「あ、こういう展開なんかな?」って感づいてはいたけど、自分が予想してたのと全然違うやり方でびっくりして最高やった。

    序盤は「あれ、いつものノリやな。比較的淡々とイベント起こるんかな。」って思ってそれも普通に楽しんでたけど、もうドーンときてガシャーンと。こういうタイプの相手キャラ珍しい気がするけど、なんかそっち以上に零君…!って感じでしみじみ。あの場面だけやなくて10巻通してそういう空気があってよかった。

    ほんでおばさんのリアクションいちいち笑うわ。「はい。ありがとう、うん、ところどころ予想斜め上だったかなっ☆」資料持ちだして畳み掛ける所はハチクロ終盤の森田兄弟ちょっとだけ思い出した。

  • 購入。実に盛り沢山な一冊でした。「母」と「子」の切ない話の後に、あの「父」の話を読むと、もうさぁアンタさーって。あんな薄ら笑顔はないけど、同じように言ってる人いるなって振り返って、実に世知辛いです。先生のラストの台詞がかっこよかった。

  • まさに前進の10巻。
    いやーびっくりした。
    でもなんかもうすごく嬉しい。

  • 序盤はひなちゃんの高校生活にほっこり涙&将棋部に笑いでしたが、後半の展開…!
    ラスト3話分のもやもやを吹き飛ばす桐山くんの男気!桐山くんー!!!
    思わず突っ伏しました(笑)
    めちゃめちゃ続きが気になります。早く続きが読みたいです。

  • 桐山くん、今回は男を見せましたねー!!
    前作でもそうでしたが、羽海野作品の男性キャラが思い切る場面はカッコいい!!
    こんな人についていきたい!って思っちゃいますね☆

  • BUMPとのコラボがやばいです。
    ファイター…めっちゃいい曲ぢゃないですか。
    零くんの、3月のライオンのことそのもので泣けてきます。ほんとうに。

    零くん、よくぞ今まで頑張ってきたなぁ…
    前住んでた家に挨拶にいく場面なんて胸が痛くなる…よね。
    今まで以上に強くなった零くんを感じれる巻かと。
    川本家のために、とかではないんだろうなぁ。なんか涙が出てしまう。すごいなー3月のライオン。

  • 終わりが近づいている。桐山くんは成長してるのだけど持ち味はそのままに、19歳になったのですね。
    3月のライオンは心の豊かで、お互いを支え合える暖かい人々ばかりだったので、いきなりのゴミ人間登場にびっくりでした。あかりさんたちと同じく、閉口して震えながら嵐が過ぎるのを待つしかなかったです。
    桐山くんがかっこよくてかっこよくて、泣きそうでした。ヒーローですね。ひなちゃんたち家族を何度も救っている。頼もしくてほんとにかっこいい。
    桐山くんとひなたちゃんのツーショット、素敵ですね。ひなちゃんのお話しを聞いている桐山くんが幸せそうで、この2人が共に歩んでいくのかと思うとこちらも幸せになります。

  • いつも漫画を読むときはバッサバッサと読むけれど、
    この作品は、時間をかけてじっくり読んでしまう。

    もう、いろんな想いや言葉にところどころ手を読めて本を閉じてじっくり言葉や情景を味わう

    しかし、最後の最後、今回の最後はいろいろと最高でしたね。
    もういろいろビックリしすぎて大笑い
    桐山くんの将棋の指し方は、実生活ではこう打つ感じなのかしら?そう打つのね?なんて思うほど、
    再度お父さんが現れるシーンは先を読んで
    ひなちゃんに対する強烈なあの言葉なんかは、意外性ですよね。
    あり得なすぎてビックリで、でも斜め上すぎて、苦笑い2割、本気笑い8割で私も笑ってしまいました。
    しかし、あの父親に諭されたくないね。

    がんばれ桐山くん

  • 気づけば10巻。

    もうすっかりこの世界の虜に…。

    ひとつ問題がかたづいて、新たに起こる問題に、
    心配で、しかたないのだけれど。
    ここまで読んできて、桐山くん、川本家のみんな
    そして、彼らをかこむ友情や愛情に
    それを乗り越えるための
    どんな展開を見せてくれるのか期待もしている。

    ますます目が離せない。

  • 「進展の10巻」という煽り文句を見て一体どんな内容が展開されるのだろうと楽しみに読んだのだけど、多分これのことだったんだろうなーという部分が近い将来そうなって行くんだろうなーという予想の範疇だったのでちと期待ハズレ。でも大きな決断と勇気の必要な行動だったのは間違いないし、これはこれで必要だったんだろうなと振り返ってみると合点がいくというか何というか。

  • 最後の話が、とても好き!
    「戦え桐山!勝って見せろ!!」って思った。
    この巻、単独では『海街diary』っぽいなという印象。
    8巻くらいから兆しはあったけど、はっきり絵柄が変わってきた気がする。
    ファンブックを読むと、当初はもっと早くに連載が終わるはずだったからかな、と思う。
    5巻で中盤戦とか、書いてあったし。
    振り返れば、まだまだ序盤。
    じっくり連載を続けて欲しい。
    いつも裏表紙に書いてある「なにかを取り戻していく」って、そんな物語に着地できるのかなとハラハラする。

    川本家の父親が、どこかで同系統のキャラを見た気がするけど
    『パトレイバー』の内海かなぁ・・・どうも思い出せない。

  • 面白く読んでいるのだけど、いまいち何を描きたいのかよくわからない漫画だなぁとは思っていました。 将棋なのか、『イジメ、だめ絶対‼︎』なのか、和菓子がすごく美味しそう、なのか…。
    でも、10巻ではっきりした気がする。これは、天涯孤独でコミュ障の少年が新たな家族を手に入れる物語だ。心地よい居場所を見つける話だったのだ。
    大切な人たちとその穏やかな生活を守るため、闘え!少年‼︎

  • 大台に乗ったから?
    人間関係が、ストーリーが、零の心が、大きく動いていく。格好いいなぁ。
    将棋の方は、今回ちょっとお休み。
    11巻まで待てん…

  • 主人公零の対戦相手が負けた後の言葉
    「勝った日は大いに喜び
     負けた日は反省する
     -でも
     苦しみすぎてはいけないと決めている
     ーこの海はまだまだ広く
      日々は これからも続くのだ」
     心に染みる言葉でした。

  • いまさらですが、将棋の駒の動かし方も知らないのに、ましてや、プロの将棋の世界なんて……。なのに、なのに、ここまで引き込まれてしまうなんて。かっこいいぞ、れいちゃん。それでこそ、男の中の男だ。(健さんみたい)。

  • やっと読んだ。
    文句なしの星五つ。

  • 桐山くんがかっこよすぎて、涙出た。

  • 掌編的なエピソードが多い10巻。それでも、要所に主人公の零君の成長エピが挟まれていたりととても読み応えがある。最後の展開には驚かされましたが、これも含めての「前進」なのかしら??※10巻帯は「前進の10巻」
    余談ですが、毎回の帯のアオリも結構楽しみだったりします。

  • 10回以上読み返した。
    やっぱりいいな~~
    また、心配も出てきたけど
    桐山君の前進に、びっくりと嬉しさがある。
    次も楽しみです。

  • とりあえずひとこと言いたい。
    零くんが熱いんですけど!
    最高なんですけど!!
    き、きりやまーー!!悶

    「川本家に招かれざる来訪者」って裏書きみて、ひなちゃんたちのお父さんかなーって思ったらやはりお父さんだった。しかも予想斜め上を行くろくでもない人ぶり。
    あかりさんの気持ちを思うとやりきれない。ウミノさん、かわいい画で割とダークでヘビーな内容を描かれる。

全257件中 1 - 25件を表示

3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)に関連するまとめ

3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)の作品紹介

零と同じ高校に進学し、充実した日々を送るひなた。3年になり、やり直した高校生活を自分なりに振り返る零。2人のもとに思わぬ人物が現れて…。珠玉の第10巻!!
2014年11月刊。

3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)に関連するサイト

3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする