3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)

  • 1106人登録
  • 4.36評価
    • (122)
    • (87)
    • (27)
    • (1)
    • (2)
  • 71レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2017年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145233

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 癒し系テレパシーおじさん田中七段の笑顔に癒される一方、島田八段と林田先生の照れた顔に見惚れてしまう。そして、哀しみ感情を揺さぶられる香子の表情。あるいは二階堂と宗谷名人の本気の表情。13巻、さまざまな「顔」に魅了されてしまった。

  • いやあ、そこで最後まで打たせて(勝たせて)やらねえとはなんて無情な……と思いながら読み進めていたので、なんだかオチにほっとしたような複雑な気分。しかし熱かった。個人的には、「名人が自分を研究してきてくれている」と二階堂が気付く場面が特に良くて。

    そしてここで突然の滑川フォーカス。このマンガは断章でいいのかもしれないと思い始める。風呂敷はそれなりに広げきって、世界観もある程度安定してきているので、個々の棋士や、それを取り巻く人々の姿を少しずつ見守っていきたいような、そんな思いがある。でかい「山」になる話ばかりじゃなくたっていい。

  • 恋愛パートだからか、島田さんの髪が増えたような…笑
    大人チームのエピソードも、二階堂・宗谷戦も激アツで最高!村山聖九段の姿と凄くダブりました。

  • いいときの辻井さんが宗谷名人並みに強いことを知った巻。大勢の棋士たちが登場して賑やかだった。酔い潰れてライバル島田さんに巨大な借りのできた林田先生の心中お察ししますw

  • そうか、零くんの「あかりさんの結婚相手を探そうキャンペーン」(これもなかなかに傲慢な考えだなあと思う)に気をとられて気づかなかったけれど、あかりさんにとって恋愛や結婚は希望ではないんだよな。この人は姉妹で唯一、愛が失われていく恐怖や、それが絶望になる無力感を見ているのか。

    林田先生の気持ち、あかりさんの気持ちは出てきたけれど、島田さんの気持ちはまだ出てきてないんだよなぁ。どんなことを思っているんだろう。ただ、「かっこつけないところがかっこいい」はほんとだと思う。島田さんめちゃくちゃかっこいい…。

    ホップ・ステップ・ジャンガリアン!(最高)

    二海堂くんは本当に冒険小説の主人公みたい…。 努力をし、夢を語り、諦めない。全身全霊で生きている。

  • 普段以下続刊の連載中コミックの
    感想は書かないんだけれど
    あまりにもいい13巻(表紙中身共に)
    だったので残しておく

    いつものように発売日に
    書店に行って表紙知らずに
    探したのに背景がカラーの
    せいかなかなか目に入らず
    あ、白背景じゃないんだー、
    と一頻り探した後に発見、
    無事購入

    何度か読みましたがどうしても
    香子エピソードに弱い
    何度読んでも泣く
    零とくっつくことは無いのかな
    わたしはふたりが一緒に
    なってくれたらいいのに、と
    ずっとおもってる
    相容れない関係でぎりぎりの
    ところでそれでもお互い相手を
    思いやっていて「家族愛」だった
    というオチになるのかもしれない
    けれど、それでもわたしは
    このふたりに男女として
    一緒にしあわせになってほしいなー
    っておもってしまう

    ハチクロもだいすきだし
    あのエンドを考えてみると
    もしかしたら?万が一??
    とかおもってしまう、そんな
    「まああり得ないよなーきっと、」
    と思わせる組み合わせ

    香子エピソード、
    もっと読みたいなあ

    みんな
    全員にしあわせになってもらいたい

  • 群像劇を見ているように、それぞれの視点でそれぞれの登場人物の気持ちが描かれている。

    自分はかつて、この登場人物たちのように心を震わせたり、何かを羨ましいと思ったり、超えてやりたいと思ったことがあっただろうか。

    この巻だけではなく『3月のライオン』という作品は、毎回自分の熱くなれない部分を浮き彫りにさせてくれる、だから気づかされる。

    本気になるということの美しさと、楽しさを。
    全力で向き合うことの根気強さと、熱さを。

    僕の中のMVPは間違いなく二階堂くんでした。
    拍手。

  • 見所は二階堂vs宗谷名人!二階堂の興奮する気持ちや周りの嫉妬などひしひし伝わった!滑川さんの気持ちが少し分かるかも。
    そして島田vs林田先生…島田さんカッコいいなぁ。

  • バチダンの響きとスピード感。もうこれって、台詞いらないんじゃない?音だけで、テンション上げられてしまって、どんどんのめりこんでいけるんじゃない?という熱量の二階堂と宗谷名人の一局。
    ん?この漫画って「3月のライオン」だよね?「ハチワンダイバー」じゃないよね?このテンションの持っていかれようときたら、「ハイワンダイバー」のそれだ。
    羽海野作品のコマ間に挿入されるモノローグや、登場人物の言葉回し。それが作品の魅力の一つで、今回の一戦も二階堂の言葉の端々から、緊張と憧れと挑戦の気概を十二分に伝えてくれていて、その熱量がどんどんどんどん高まって沸騰していくのがたまらないんだ。
    それはわかっているんだけど、その上で言葉なんていらないんじゃない?と思わせる二人の戦い。
    いや、すごいわ。ほんとにすごい。
    その熱さゆえに、自分を焼き尽くしてしまう二階堂。きらめきと危うさの同居するみんなの人気者。悲しい結末はやめてくださいね、お願いだから。

    あかりさんを巡る島田八段と林田センセ。
    銀座のお店での出来事が、林田センセ目線で描かれるのが本当にしんどい。でも、あの苦しみを共感できるから、おもしろいと思えます。
    圧倒的な疎外感に身を焼かれながらも、そこにいることを選択してしまう。だって、オレの知らない物語が始まってしまうよりずっといいから。
    センセのいう通りです。

    勝負はふたを開けてみないとわからない、とはいうけれど、たいていは予想通りに事が進んだりしてしまうもので。だからといって、最初からあきらめるなんて大人ぶったことはできないわけで。可能性はゼロではないなんて、信じてもいないことを必死の足掛かりにして挑む勝負もあるわけですよ。負けたと思うまで、負けてない。
    あぁ、桐山が学校へもう一回行こうとした気持ちって、こういうことなのかな?逃げなかった記憶がほしいっていうのはさ。

    ごめんなさい、林田センセに失礼なことばっかり決めつけちゃってます。
    この3人の物語の始まったばかり。どちらがあかりさんがハートに巻いてしまった包帯をほどくことができるのか、ですよ。
    『いい思い出と悪い記憶は複雑に絡み合っていて いらない所だけを切り取って捨てられる そんな都合いい機能はない』というのなら、悪い記憶へと絡みつかないようないい思い出を増やせばいいんですよ。捨男がかかわる記憶よりも、これから楽しい思い出を増やせばいいんですよ。どちらの男性を選んだとしても、きっと増やしてくれますよ。悪い記憶が出てきても、そばで寄り添ってくれますよ。

    あかりさんもわがまま言っていいんですよ。

  • ダメな小動物が可愛い。

    真剣に戦っている者同士、理解しあってる感が気持ちよく熱い。どんな繊細でも、そこらへんが実に男性向け漫画と思う。

  • もう最高です!!
    星が五つしかないのがもったいないです
    どの人もこの人もみんなみんなすてき!
    一所懸命に生きている
    あーすごいな!羽海野チカさん!
    さいこうです!
    バッグ付いたの買いました
    見せびらかします
    ≪ なだめつつ 川面を見つめ また渡る ≫

  • 戦っているのは男だけじゃないし、
    戦いの場所は将棋盤の前だけじゃない。
    今巻でも、全てのキャラクターのそれぞれの戦いの様子が、
    時に冒険小説のように熱く、時にフランス映画のように淡々と描かれていた。

    けれど、一人きりで戦っている人がいないということが、この物語の一番の魅力だと思う。
    一人で川を眺めていたあの人も、どうか一緒に戦ってくれる誰かを見付けられますように。

  • 今回も熱い!
    二階堂と宗谷名人の対局たまらん!
    そして葬儀屋兄弟のお話、好きです(^.^)
    そしてあかりさんはどっちを選ぶんだろう…

  • 桐山以外の登場人物目線が多く、それぞれが何を考えているのかが垣間見れる。
    なんだかいつもちょっとだけ不憫な島田八段がとても格好いい巻だった。
    二階堂と宗谷名人との対局は感動した

  • 三月町の夏まつりで島田と初めて出会い、あかりと林田は、思いがけずそれぞれに転機を迎えることに。8月に開催される真夏の戦い・東洋オープンで、二海堂は“宗谷を倒した男"になるべく負けん気をたぎらせる。彼の指す将棋の駒音が、零や宗谷や滑川達、他の棋士達の胸中にまで響き渡っていく。

    林田先生の恋路に、二階堂の激戦に、滑川さんの内面に、見どころ盛りだくさんで胸がいっぱいになる…!!
    零や川本家以外の脇役のみなさんにスポットライトが当てられた本巻。
    改めて、1巻目から読み直したくなるなぁ。
    羽海野先生の、各キャラクターへの愛がひしひしと伝わってくる。

  • 読了。いい本だ。最後の話で、実写映画で見たシーンがあった。実写映画の後編も見ようかなと思った。

  • はわわわわ〜、二階堂くんっっ! の巻。
    (将棋対戦シーン中心の裏を返せば川本家少なめ)
    短期決戦のトーナメント、あこがれの宗谷名人を前に熱く元気いっぱいに駒音を響かせる二階堂が、宗谷だけでなく周りの棋士たちの心に化学変化をおこしていく…二階堂といっしょになってわくわくどきどきしてしまった。
    そのまえに林田先生と島田さんとあかりさんあり、そのあとに滑川さんあり、読み応えたっぷりの最後は気になる引きでもあり、だった。

  • 林田先生、島田さん、そして、あかりさん…せつないなあ。
    二階堂の気迫により、宗谷、滑川の人間性が浮き彫りに。

  • 二階堂と宗谷名人がガチンコ対決。二階堂が善戦するも、体がもたず棄権負け。とは言っても、二階堂が存在感を発揮した巻であったことは確か。

  • ずっと読んでいるシリーズですが、将棋のシーンはわからないことも多いので、担任の先生や野口くんの話が好きなので、今回会えてよかった。

  • 本当にこの漫画は登場人物みんな愛おしくって、たまらない気持ちになる。

    きっと二階堂は他人より身体が弱い分、自分が輝けるひと時の尊さを本能的によくよくわかっているんだろうな。だから加減なんて出来ずに精一杯やり切ってしまう。それこそ倒れてしまうまで。
    こんな自分が他人と、それも憧れの人と同じ時を共有できる。同じように生きていられる。そんな一瞬を絶対に逃したくなかったんだろうな。
    私も体調を崩しがちな人だから、そんな二階堂の気持ちはよくわかって、読んでいて切なくて息苦しくなった。一人ベッドの中で過ごすしかない、悔しく孤独な時間を知っているから。
    でもその代わりに、短くてもキラキラした時を生きられるのなら、それが誰かの心に少しでも残るのなら、そんな生き方も悪くないかもなって思えた。

    そんな二階堂の鮮烈な命の輝きが、滑川さんには眩しいんだな。人って本当に無い物ねだりだなぁ。

  • 二階堂くんの試合が見どころ。
    羨ましいと思われる仕事(将棋)ができた(指せた)時の、なんとも言えない高揚感が良かった。
    そして、先生!!!
    頑張ってほしい!

  • 林先生ピックアップ。個人的には島田さんが好きなので、あかりさんでなくてもいいので、幸せになって欲しい。いや、あかりさんがいいのだが!

  • 出ました!
    今回
    主役は二階堂だなぁ。

    2017/10/11 更新

  • 二階堂が大活躍で、いつにも増して村山聖感でてた。しかし、主人公のはずの零くんぜんぜん出てこない。

全71件中 1 - 25件を表示

3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)の作品紹介

三月町の夏まつりで島田と初めて出会い、あかりと林田は、思いがけずそれぞれに転機を迎えることに。8月に開催される真夏の戦い・東洋オープンで、二海堂は“宗谷を倒した男"になるべく負けん気をたぎらせる。彼の指す将棋の駒音が、零や宗谷や滑川達、他の棋士達の胸中にまで響き渡っていく。
2017年9月刊。

3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)のKindle版

ツイートする