大奥 13 (ジェッツコミックス)

  • 661人登録
  • 4.35評価
    • (94)
    • (74)
    • (19)
    • (1)
    • (2)
  • 56レビュー
  • 白泉社 (2016年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145479

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

大奥 13 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 家定のツンデレがいいね!そして瀧山…ため息出ちゃうほど素敵…。そしてそして篤姫ここで登場。

  • 11代家斉から13代家定まで。いよいよ幕末へ。赤面疱瘡が沈静化する一方、欧米列強が日本沿岸に出没し開国を迫る。ここまで内的要素が大きかったところ、徐々に環境的な要素が増え、幕府も大奥も否応なく変化を余儀なくされる。12巻で大きな山を迎えたので13巻は次への助走といった感じ。次巻でまた大きなドラマが展開されそう。
    41

  • 祥子と家慶の話がトラウマになりそうな巻だった…

    でも、よくあるんだよね。
    母が見て見ぬフリするのって。
    こわい。
    大奥おぞましエピソードの中でもダントツ一位だわ。

    正弘の優秀さは見てて爽快だけど、
    ちょっとスピード出世過ぎて拍子抜けかな。
    もう少し壁があるかと思いきや。

    正弘と瀧山、瀧山と家定の関係は、羨ましい。

  • いよいよ幕末がやって参りました。疱瘡は終息に向かったとはいえ、まだまだ男女入れ替えの名残はあって、幕末の有名人たちが、果たしてどんな姿で登場してくるのか、ってところには興味津々。勝海舟は普通に登場したけど、坂本竜馬とか新撰組とかは、どうなるんでしょう。テンションを下げない展開が素晴らしいけど、ここからまた更に盛り上がってくる予感。楽しみです。

  • 2016年11月西宮図書館

  • 13代将軍家定と老中阿部正弘の誕生のあれこれ,終わりには篤姫登場.いよいよ幕末に向かってまっしぐら.

  • これも1から読み直さねば。いよいよ家定に篤姫…終わりが近づいてきたなぁ。
    家慶がクズすぎて気持ち悪かった。
    ここからどうなるのか、歴史は疎いが続きが気になる!

  • 相変わらずの読みごたえ…!
    幕末に入ってきてさてどうなるのか…楽しみ!

  • 相変わらず、ぐいぐい引き込まれる。歴史を史実を大きく変えすぎることなく、ここまで別の物語として組み立てていけるよしなが先生は凄すぎる。きっと、ものすごく歴史をべんきょうされているんだなぁと思う。

    個人的に家斉の「女は嫌いじゃ」のあの哀愁溢れた背中が可愛いと思ってしまった。
    御台がどうしてずっと騙していたのか、ちゃんと理由を理解しようとしていない所は嫌いだけれど。

  •  ああ、こういう関係性が読みたかったんだ。
     私は家族に……のくだりでほろりとなる。

  • どこかの13巻の広告で、篤姫登場と見た気がしていたので、まさかのラスト、これだけ?な気持ち。

    瀧山と阿部正弘、家定の巻。
    13巻までくると着物姿のせいもあって人物がみんな似て見えます。

  • 老中・阿部正弘。先進的な考えを持ちつつも、強硬的なことはせず、鎖国・攘夷派、開国・開明派、各勢力の調整役として、非常に優秀な人物だったそうです。彼が早逝しなければ、幕府は存続してたかも、なんて云われてる。知らなかったな〜こんな人がいたなんて。
    読むと俄かに日本史を勉強してしまう『大奥』もついに幕末に突入。激動の時代をどう描くのかとても楽しみです。

  • 瀧山かっこいい!
    ドラマの大奥のイメージあったから優秀だけど陰険な感じかと思ってた
    めちゃめちゃ忠義に溢れている…!
    それにしても家慶よ…
    クズの子どもはクズやしその孫もやっぱりクズやってことやな!
    赤面疱瘡撲滅が無い分、家斉以下やで!最低!

  • 阿部伊勢守正弘カッコ良い!

  • 「愚鈍」という理由で跡継にされた息子と、「産み過ぎない」という理由で跡継にされた孫。それ絶対間違ってるよ~と思っていたら、予想以上に間違ってた。熊痘の件で頑張ったじゃないかと思ってたのに、印象が下がった家斉と、変わらず芯の強い御台。

    そして縛りつけられてやるせなさの入った家定の雰囲気が綱吉に似てるなぁと。カステラを焼いて夫君へ届ける所なんか、自分だって苦しいのに優しいなと思ったり。決して馬鹿ばかりじゃなかったはずなのに、右往左往して滅びに向かいつつある有り様は、国を支える覚悟の継承不足と、将軍を政治に集中させない足場の脆さも理由なのかなーと思ったり思わなかったり。(トラブルばっかりの会社も戦略とか中期計画とは程遠いし。)

    瀧山と定弘と(あとそこかよ!登場の篤姫と)布陣を敷き終えた13巻。おそらく花のように短い結婚生活と、軋みの激しくなってくる徳川とを想像すると、滑り降ちる前のジェットコースターみたいに、地味にキリキリ期待値を吊り上げる形で次巻が待ち遠しくなる1冊だった。

  • つくづく、よしなかふみは天才だと思う!

  • ラスト、天璋院篤姫の登場に鳥肌立った・・・

  •  病気の感染が防げるようになって、男の数が戻ってくる。
     そのことによって、社会の仕組みがゆるやかに変わっていく。
     
     この辺の流れは本当にすごい。
     本来、男が外の仕事で、女が家の仕事、みたいなことは、こういう肉体的特徴を合理的に使っただけのことだったはずなのだろう。が、そこに変な優位性とか、価値観を植え付けてきたからこそ、いまのジェンダーの歪みがあるのだと。
     「大奥」は、むしろ今のジェンダーの歪みはどのようなものであるか、その問いを投げかけているように思う。

     男将軍のあと、即位した家定は女性で、父に虐待を受けていた。
     老中阿部正弘は、幼いころにあった家定の聡明さに引かれ、のちに大奥総取締役になる瀧山は、没落した武家の子で娼妓になっていた。
     三人が、それぞれの立場を乗り越えというか、踏まえて集まり、力を合わせていくさまが感動的。

     人は、人とのかかわり合いによって、よくも悪くもなるし、本来以上の力だって出せる。
     でも、そういう人に巡り合う力は、自分自身が<よりよくあるため>に努力していないとダメなんだ。

     瀧山が、男前で素敵です。
     も、心置きなく男前に描いてますよね。なんか、晴れ晴れと男前に描いてる感じがします。

     そして、篤姫登場ですよ。
     三人ブラス一人になって、幕末の荒波をどう泳ぎ切るのか、楽しみです。

  • 阿部正弘、瀧山がかっこいい。
    篤姫もかなり重要人物な感じで登場したので、次巻が待ち遠しい…

  • 表紙をめくったあの薄紙にときめきます
    相変わらず美しい装丁

    ストーリーも佳境です
    幕末
    女性だけだった幕政も男女入り乱れて
    楽しみです
    14巻購買意欲をそそられます

    ≪ ただ一人 気付いてくれた 苦しみを ≫

  • これから15代将軍までどうなる?

  • 13代将軍、家定の時代。
    それに使える阿部正弘と大奥総取締役・瀧山。

    それぞれ恵まれない境遇の中でも志は一緒。

    篤姫登場…
    といっても最後の最後。
    次巻が待ち遠しい。

  • 毎度重い大奥だけれど、この巻は主従の信頼が主軸で、安心して読めて良かった。家定も辛い目に遭いまくりだけど、信じられる部下が出て来て本当に良かったねぇ…。赤面疱瘡が収まった後の時代が描かれているけれど、そろそろこのストーリーも終わりに近づいているんだろうか。

全56件中 1 - 25件を表示

大奥 13 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大奥 13 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

大奥 13 (ジェッツコミックス)の作品紹介

激動の幕末編がスタート! 篤姫の登場で再び大奥に激震!?
2016年4月刊。

大奥 13 (ジェッツコミックス)はこんなマンガです

大奥 13 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする