大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)

  • 425人登録
  • 4.41評価
    • (49)
    • (44)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 28レビュー
  • 白泉社 (2017年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145486

大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 史実を大きく曲げずにこんなにドラマチックな話に出来るってすごいな、って毎回思う
    今回もいろんなところで泣けたなー
    久通といい田沼といい、忠臣がいなくなる瞬間はいつも切ないな…

  • まだまだ盛り上がる。素晴らしい。
    阿部正弘…。御台所…。
    今後の展開も楽しみです。

  • この巻非常に面白かった。
    史実を踏まえた人物設定やストーリーは相変わらずすごいとしか言えない…

    阿部正弘は悲しかったなあ。
    それでも家定、胤篤、瀧山がとても好感度高く、前向きな内容だったと思う。
    既刊の中でもお気に入りの巻になった。

  • 家定の時代。

    阿部正弘との今生の別れのシーンはジーンとくる。

    大きく時代が動く。
    まさしく歴史本としても読める。

  • 篤姫の輿入れから井伊直弼の大老就任まで。慶喜も登場して、幕末の役者が揃った感じ。
    しかし、「受験の新・入門書」という帯のアオリは如何なものか。

  • 「篤姫」こと胤篤さまの登場。家定さまといいかんじですが、この後の展開を知っていると、もう切ないのなんの・・・。
    大奥の終焉までがんばる胤篤と滝山。最後までしっかりと見届けたいと思います。

  • 最初、ただの男女逆転かあと思ってただけだったのが、巻が進むにつれて、たったそれだけの転換が歴史を深く理解させ、物語の幅を広くしたことに驚嘆せざるを得ない。

    確かに、いちばん面白くなくて覚えづらい江戸時代を覚えるのに最適だ笑。

  • 相変わらず装丁が美しい
    表紙も薄紙も家紋も

    史実とどう折り合いをつけるのかなあ
    って思っていましたが流石です
    帯に「受験の新・入門書」
    とありびっくりしましたが、なるほど

    人物が細やかに描かれていてそれぞれが愛しいです

    ≪ 人として 愛を育てて 大奥で ≫

  • 阿部正弘の家定や将軍家を思う気持ちには心打たれる.家定の復権を図るこの巻,面白くて哀しい.

  • 史実をきちんと踏まえつつ、物語として魅力的に成立している。本当に上手いと感服!

  • 家定と正弘の別れの場面は涙なしには読めない。物語がいよいよ佳境に入ってきたけれど、どう決着するのか楽しみだな。

  • 阿部正弘と家定が最後に会うシーンは悲しかった。我らが徳川慶喜(実家が水戸に近いので)はなんだかちょー嫌な奴でした。次巻が楽しみ。

  • 胤篤が家定に輿入れするところから。

    政治的駆け引きが目まぐるしく、セリフが長いですが今回はついていけました!
    巻頭の家系図がとても役立ちます。

    胤篤と家定が賢くて、お互い支え合って生きていける仲になって素敵でした。

    阿部伊勢守が亡くなるところは本当に口惜しい感じが伝わってきて、泣けました。
    優秀な人が早逝してしまい残念ですが、このストレス満載な環境では仕方なかったのかも。。

    また続きが楽しみです!

  • ついに篤姫こと胤篤の登場。
    家定と胤篤の二人の関係が素敵すぎて、歴史に疎くてもそれだけでも読む価値がありました。
    続きは2018年の冬…待ちきれません。

  • 早く続きがよみたいなあ、

  • 13代家定、伊勢守こと阿部正弘、瀧山。この三名の賑やかで和やかな時間に癒されつつ、後の天璋院こと胤篤が華やかに登場します。
    志半ばでこの世を去る悔しさを滲ませつつ、家定への忠心を語る阿部正弘の最期の場面には涙が止まりませんでした。

    この先の不穏な展開を史実としては分かっていたとしても、よしなが先生がこの男女逆転劇にどう幕を下ろしてくれるのか…!次巻も楽しみでなりません。

  •  紆余曲折があっても

    家定と胤篤(篤姫)が

    心から結ばれたことが

    とても 嬉しい


    大奥の中で 繰り返しかかれる

    将軍としての孤独

    身を寄せ合い 愛し合う二人の

    未来が 明るいものではないことが

    余計に まぶしく見えるのかもしれません

  • サボンだ……サボンの件で何かが込み上げてきた14巻。誰かの情熱が、その時は報われなくても時を超えて実を結ぶのね……

  • いつもより帯がポップな感じになってるのが面白いw
    阿部正弘の伏線が悲しくもちゃんと回収されて、話のまとめ方が本当に上手。黒木家もなんだかんだ言ってずっと将軍家に仕えているところもジーンときた。

    次巻の予告も気になって仕方がない。また一年待たされるのかー
    堺さんが胤篤を演じればと想像するのも楽しい。ワンチャンあるのかな(ないか)

  • 胤篤(篤姫)の回
    幕末期なので大奥も終盤です
    時代考証とオリジナリティが今回もあふれています

  • 人は人生にストーリーを求めるもの。
    いかな不条理でも、意味や意義さえ見つけられれば受け入れられてしまう、都合のいい柔軟な生き物。
    弱くもあり強くもある。
    だからこそ人は人をいとおしいと思う。

  • いろいろ裏がある篤姫といろいろワケアリの家定公が心通わせていく姿が読み応え有り。
    天璋院篤姫を読んでいたのでちょっとした進研ゼミ気分で読み進めました。
    次の巻も楽しみ。
    和宮に到達するのはいつかしら……。

  • 篤姫様(胤篤)が来てから家定が幸せそうで良かった(涙)入れ替わりで正弘が退場しちゃったのは寂しかったけど史実だから仕方ないか・・・。

    いよいよ幕末なので井伊直弼(男)、徳川慶喜(男)、西郷隆盛(男)も登場。あ、でも紀州の慶福(のちの家茂)は福子ちゃん(女子)なのね。てことは和宮さまが男子になるのかなあ。それとも百合カップル?(笑)

  • 江戸のエンド
    帯の「将軍が老中とセットで覚えられる!」て煽りに笑った(ほんと、その通りです)

  • 家定と政治の事に心を砕く阿部正弘と、真摯に大奥勤めをする滝山、家定と心を寄り添える胤篤。彼らに囲まれた家定の穏やかな日々がずっと続けばいいのに、と思わずにいられない。先を思うと辛いなあ。。。

全28件中 1 - 25件を表示

大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)のKindle版

ツイートする