ナナとカオル 8 (ジェッツコミックス)

  • 240人登録
  • 3.94評価
    • (14)
    • (22)
    • (12)
    • (1)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 甘詰留太
  • 白泉社 (2012年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145684

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
甘詰留太
有効な右矢印 無効な右矢印

ナナとカオル 8 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 978-4-592-14568-4 188p 2012・5・5 1刷

  • エロス。

  • やばい、カオルが好き過ぎるッ!あーもーカオル好き!萌える~!ナナのこと大切に想いすぎー!(それは毎回だけどw)

  • いままでどちらかというと“性”の側面から見えていた物語が、“愛”へと変わっていった瞬間。それはどこにでもありそうな愛だけど、きっとそこにしかない愛なんだろうね。

  • おもしろかった。先生おるのに勝手に人の部屋に入るのをとめないし、夜なのにあんなにうるさくする生徒会長だし、なんて常識のないやつらなんだって思いました。あ、SMの所はよかったです(笑顔)

  • 高校生が真面目にSMに取り組む作品。
    正直あまり期待してなかったんだけど、面白い!!
    何がいいって、性行為に及ばない所!!!
    やっぱりこの手の作品っていくら過激な物だったとしても、行為が終わると萎えちゃうんだよね。
    少女マンガだったら、主人公の思いが成就すると面白くなくなるのと一緒。

    当然だけど、SMの知識なんて全然ないから
    「へ~そうなんだ」
    と思いながら読めるし主人公とヒロインにも好感が持てる。
    二人の関係がつかず離れず、でもドロドロしていないから読みやすいしね。
    私は舘ちゃんの方が好きだけど。
    貧乳で日焼け肌でボーイッシュちゃんなのに完全に痴女!!!!!
    エロすぎる。
    日焼けしている肌の、焼けていない所との境目ってエロいよね。

    大して内容はないからさらさらっと読み終わった。

  • こころからの叫びに計らずも涙が。
    SMという行為の「精神的なツナガリ」と「幼馴染みの距離」を考えさせられます。
    まあエロいとこはエロいんですが

  • 館さんが可愛らしくなってきた。

  • 陸上大会の扉はカラーで収録するべき

  • すっかり安定したね。

全17件中 1 - 10件を表示

ナナとカオル 8 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ナナとカオル 8 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ナナとカオル 8 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする