当て屋の椿 2 (ジェッツコミックス)

  • 387人登録
  • 3.87評価
    • (18)
    • (43)
    • (22)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 川下寛次
  • 白泉社 (2009年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592145820

当て屋の椿 2 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 浄瑠璃心中編はみんな死んじゃって誰も救われなくてキツイ。
    巾着に毒、というのが理解できなかった…。
    尼寺に棲む怪物編続く。
    男禁制の尼寺で、妊娠した笹百合。
    真相がとても気になる。

  • 人形浄瑠璃編はとても小気味良くまとまったミステリーだった!
    展開も犯人も意外性あったし、最後もあ、となる感じでした。
    どうでもいいけど主人公?の鳳仙先生はコンプレックスだったのか。
    尼寺は百合キタ!と思いました。
    処女妊娠なのでドロドロかと思いきや当人の笹百合ちゃんが可愛い。
    椿&鳳仙コンビが板についてきたのに今回は離れ離れなんですね。

  • やはりこの方の描く絵はエロい。いや、褒め言葉ですw
    さて...この巻では「浄瑠璃心中」編と銘打ち、浄瑠璃と心中をネタに、そこに絡む人の心の理屈を今回も解き明かそうとします。
    やはりこのマンガは、一見あっさり読むタイプと見せかけて、実際はじっくり繰り返し読むタイプのマンガなんですよね。
    人の心理がトリック的に絡んで来るので、理解したり飲み込むのにそれが必要なんです...ううん、やはり好きだなこのカンジ。

  • ---

    H24*05*09*Wed 読破

    ---

    --あらすじ--

    当て屋の椿 2巻
    かがりの身に危険が…椿が駆ける!!
    謎が謎を呼ぶ「浄瑠璃心中」編をメインに収録。

    奇想天外な
    大江戸吉原ミステリー、第2巻。


    --

  • へー,心中ってそんな感じだったのか,勉強になるなぁー

    と思ったことくらいしか盛り上がる要素があんまりなかった

  • 『ヤングアニマル』 2008年14号~16号、18号~20号、24号、2009年1号、2号

    2009年8月5日第1刷発行

  • 人形浄瑠璃師の心中話と尼寺での妊娠話。

    人形浄瑠璃師の話は、心中に見せかけて殺した男女の血肉を人形に使っていたっていう気持ちの悪い話になってましたけど、最後は因果応報で、犯人は金平糖の毒で殺され、その毒を用意した女も材木の下敷きになって死亡という、なんか後味の悪い終わり方でした。
    (このシリーズに後味のいい終わり方してるのはないようにも思いますけど・・・)

    尼寺での話は、女性同士の交わりでしたけど、般若の面の裏にあったのぞき穴とか、刀?の柄とか怪しい感じがしました。
    続きが気になります。

  • 相変わらず表紙と中身が結びつかないww
    そして相変わらずえろぐろい。。
    しかし絵はきれいだしストーリーはおもしろい。
    尼寺の続きどこ…

  • 漫画の中身がえろくて電車で読もうとして閉じましたorz

    しかし相変わらずよく出来てるわ〜。絵が綺麗なのが最高です。
    尼寺篇の続きは冬って…。今夏なのに!!

全9件中 1 - 9件を表示

当て屋の椿 2 (ジェッツコミックス)に関連する談話室の質問

当て屋の椿 2 (ジェッツコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

当て屋の椿 2 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

当て屋の椿 2 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

当て屋の椿 2 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする