当て屋の椿 6 (ジェッツコミックス)

  • 236人登録
  • 3.90評価
    • (12)
    • (20)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 川下寛次
  • 白泉社 (2012年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592145868

当て屋の椿 6 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 5巻から続いていた『神の棲む山』が完結。たたらの民の哀しさが忘れがたい。

  • 2012/06/15:コミックレンタルにて読了。 最初の方あまり意味分からなかったですorz 5巻読んでない~。

  • 「神の山」編の完結と、その次のまた大きな節を半々で収録。
    「神の山」編のラストは...今までと比べてもファンタジックな要素を感じたから、これはちょっと好みが分かれるかも。
    まさかホントに神様がいるワケなんてないし...うーん。
    それとも別の何かが原因なのか。
    しかし、男ってのはここまで欲望に忠実なのかね...昔はこんなもんだったのか。
    なんだか男として悲しくなってきました。
    いやもちろん、美しい女性は好きなんですけども。

  • 山の一家の過去と信仰、結末。そして新しい事件の始まりを描いた6巻。正直、一読しただけでははっきりとわからないことが多く、だがだからといって遠ざかることもなく、もう一度読み直したいと思わせる。鳳仙がだんだんと行動的になっていっているのが印象深い。あと扉絵の椿の艶麗な身体つきがたまらん。

    しかし、この作品のレイプシーンはショッキングだわ……。

  • 『神に棲む山』完結編と次のお話へ。『神に棲む山』はこんなオチが用意されてたなんて…

  • 相変わらずグロい・・・そしてエロい。当て屋の椿は読むと鬱になる。精神的に落ちるぜ。
    しかしなんだか面白いのはなんでなんだろう。

全6件中 1 - 6件を表示

当て屋の椿 6 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

当て屋の椿 6 (ジェッツコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

当て屋の椿 6 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

当て屋の椿 6 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

当て屋の椿 6 (ジェッツコミックス)の作品紹介

茜の壮絶な過去があきらかに…そして事態は急展開をむかえる!神の山編、クライマックス!! さらに新章にも突入!!鳳仙が描いたあの絵が、因縁に巻き込まれていく…!!

当て屋の椿 6 (ジェッツコミックス)に関連するサイト

当て屋の椿 6 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする