自殺島 12 (ジェッツコミックス)

  • 142人登録
  • 3.30評価
    • (2)
    • (7)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 森恒二
  • 白泉社 (2014年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592146322

自殺島 12 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 前半平和だったのに後半また抗争へ。まぁ抗争がないと物語にならないんだけど、気分は悪い。

  • とりあえず表紙のせいで
    買 い に く か っ た で す!(/ω\)
    ストーリーは、また不穏になってきました。

  • いつの間にかTSUTAYAレンタルの中でどんどん冊数が増えてる自殺島。。。
    サワダの集落の夜だけ酒池肉林状態、これって女性サイドはどう感じてるんだろう。
    モテない女性にとっては救い??でも、複数人からヤられるんだから普通は病む筈なのに。ここらへんがカルトっぽい洗脳の証なんでしょうか。

    サワダの狂気にぞわぞわしながら、どうかセイ達が生き残れるように祈る。

  • 惰性で読んでいる漫画の一つですけれどもまあ…特に感想はないです。←え?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    まあ、ここまで読んできてしまっているので最後まで付き合いますけれども、もう先の展開にはあんまし興味がなくなってきてしまっているというか…早いところ終わって欲しいですね。 ←え?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    今回は表紙の女の子の過去が語られますけれども、著者もアレですね、性的虐待による後遺症のこととかきちんと取材して描いているんでしょうか? 何かアウトドアの知識とかも結構ふんだんに込められている本作ですけれども、アウトドアに興味ない僕にはむしろそういう知識関連の箇所不要であります…。 ←え?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    おしまい…。

  • トモ サワダ バナナ 整備 株分け ミノル 蒔き 行灯 生きる島 トラウマ 記憶障害 脅迫観念 暗示 二つが同時に 建網 干満の差 馬鈴薯 ヨーロッパの人口 田んぼ いらない子がいらない子を孕んで 魚醤 小魚発酵液体 カリスマ性 物語には起伏が必要 極上の刺激 奇襲 振り向けば俺がいる

  • セイたち、
    リョウたち、
    サワダたちと3つのグループに分かれて生活をしている。

    セイとリヴが上手く行ったのはよかった!
    でも、
    サワダたちがさぁ。。。

    自分探してしても自分は自分の中にしかないわけなんです。
    サワダたちも、
    もっと自分探しして欲しいね。

    その結果なのかもしれないけどさ。。。

全7件中 1 - 7件を表示

自殺島 12 (ジェッツコミックス)を本棚に登録しているひと

自殺島 12 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

自殺島 12 (ジェッツコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自殺島 12 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自殺島 12 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

自殺島 12 (ジェッツコミックス)の作品紹介

仲間たちの元を去り、島の東側で暮らし始めたセイとリヴ。穏やかな時間が流れる中で、ついに二人は──。一方、セイ達に集落を焼き払われた後、沈黙を続けていたサワダが、再び動き出す──!サバイバル極限ドラマ最新刊!!
2014年10月刊。

自殺島 12 (ジェッツコミックス)はこんなマンガです

自殺島 12 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする