ガブメント 3 (ジェッツコミックス)

  • 21人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 林崎文博
  • 白泉社 (2010年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592146636

ガブメント 3 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • ヤングアニマル嵐で連載していたガブメントの三巻目です。
    もう表紙からしてむっちりバズ・ボーン満載の三巻目です!
    ニ巻目の最後で告知されていた通り、肉感満載のバズっちゃんがメインの三巻目です!!

    同じことをしつこく三回繰り返してしまうほど、この三巻目は必見です
    上記で何度も繰り返している通り、バズ・ボーンのムチプリっぷりはもう狙ってるとしか思えないほどエロさ加減です
    更に、巻の最初の方の話で、1~2コマ程度ですが色っぽいシマウマ♀獣人が出てくるばかりか、次巻に跨いでいる話では狐っぽいショタっ仔どもが縦横無尽に駆け巡る!
    もうこれはケモノ巻と呼んでしまっても語弊はないのではないだろうか、と思ってしまうぐらいケモノ成分が濃厚な今回のガブメント!
    私にとってはこの上なく素晴らしい一冊でした…!

    ストーリーの方も盛り上がってきていて、次第に明らかになっていく世界の成り立ちと権力構造、そして世界で唯一Y染色体を持つ男の子『ポプラ』を巡る複数の勢力の鬩ぎ合い等、読者を飽きさせない展開が続いています。
    しかし、残念なことに次巻の4巻で最終話を迎えるとのこと…最後の告知ページのバズ・ボーンの悔しげな顔が切なく感じられてしまいました…。
    やはりこういうコアなネタをふんだんに散りばめた作品というのは、一般受けしないのでしょうか…残念でなりません。

  • 次で最終巻?やっぱいろいろとニッチすぎたのかな・・・

全2件中 1 - 2件を表示

ガブメント 3 (ジェッツコミックス)はこんなマンガです

ガブメント 3 (ジェッツコミックス)のKindle版

ツイートする