3月のライオン (10) [BUMP OF CHICKEN]CD付特装版 (ジェッツコミックス)

  • 844人登録
  • 4.65評価
    • (162)
    • (58)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 69レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2014年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592147503

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

3月のライオン (10) [BUMP OF CHICKEN]CD付特装版 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

  • ははっと笑ったお父さんの顔が怖かった。ぱんちくりーんっっ 結婚!?!?!?説得って

  • 12巻まで一気に読みました

  • 興味は大いにあったけど、読まなかった3月のライオン入門がココ。

    ここから入ったからかもしれないけど、続けて読み漁り始めたストーリーにはスピンオフに限った話でなく、バンプに通ずるところがある気がする。

  • 散々なお父さん登場に、桐山くん爆発宣言!そこだ!行け!って気持ち。どうなる次巻。

  • 毎回思いますが、羽海野先生は命を削って作品描いてますね。魂をかけてる感じがします。☆5つじゃ足りないわ~。
    そして、桐山くん、まさかの…
    私的には、あかりさんもありだと思う。
    相変わらず、コロッケも三日月焼きもとっても美味しそう。ウミノ食BOOK(作品に出てくる食べ物とかレシピをまとめたもの)みたいなのが出たら買うと思う。

  • 後半の怒涛の急展開に驚いた。
    好きな子のためには空気なんか読んでられないってところがとても良かった。
    10巻読んで、改めて「ファイター」聴いて、本当にこの漫画にぴったりの曲だなって思った。とても良い曲です。

  •  やや、やっと出てきたお父さんがそれほどダメ人間とは。
     零くんの力の入れ方がまたちょっとズレてて、それでいてちゃんと牽制できているところが零くんらしい(笑)
     BUMP OF CHICKENもファンなのでCD付きのコラボはうれしい限りです。

  • この巻は、やっぱり最後の零くんにつきる…! 前半に成長している姿とか、自分の気持ちの決着に落ち着いて向き合う姿とか見せてたのに…!零くん、川本家のために頑張れ!

    そして、やっぱりここぞの時の林田先生の一言がいい!

    それに、今回はBUMPとのコラボ!どちらも好きなのですごく嬉しい!
    「ここにいるためだけに 命の全部が叫んでいる」

  • やっと桐山くんがカッコよくなってきた…?

  • 初登場キャラが、想像してたよりふつうにゲスでふつうにドン引きました。

    バンプコラボすてきだったー。

  • BUMPとのコラボが決まってから、すぐに1~9巻までをまとめ買いしました。
    出会えてよかったと心の底から思える作品です。
    ファイター。戦う人たちの話。私も戦わねば。

  • 今巻の胸に突き刺さった言葉…

    「やる気を他人に出させてもらわないと
    いけない人間はどっちにしても
    いずれ行き詰まる」

    「辿り着きたい場所」を持ってしまった
    人間というのは
    ここまで突き詰めないと
    いけないのか

    という言葉。

    今成功している人というのは、
    努力して努力して努力して…
    ひたすら努力して…
    99%の努力と
    それに報いる1%の追い風、
    神懸かり的な力なんだろうなと。
    それに追いつくには、
    その人よりも何倍も何倍も
    努力すれば良いだけの簡単な話…
    それは本当に簡単じゃないものな。。

    私は、努力するのが嫌で、
    目の前の楽しい?ことに
    逃げた方の人間だな…と
    突き付けられたと言いますか。

    あと、ひなちゃんとモモちゃんと
    あかりさんのお父さん。
    すげーの出てきた。
    妻子捨男‼︎マジもんのwww
    親は選べないというが、
    これなのか。
    お母さんが本当に素敵な人。
    結婚までしたのだから、
    一時期は2人の波長は合っていたのだ。
    優しかったらしいしね。
    悪い方に本当に変わったな。
    いやこの面も内包してたんだろうな。
    私も結婚を考えている身としては…
    何か、優しいだけの男も
    その裏のどれだけの強さとか、
    腐らない精神とか、
    逃げないで立ち向かう心とかも
    ちゃんと見ないとなと
    身につまされる思いになったり。
    あの捨男は、
    何も考えてない開き直った男に
    なってしまったのか。
    それに、空気のある意味読めない
    桐山くんをぶつける☆
    これ最強笑
    いや桐山くんは空気読める男だよ。
    大人になったな、おまえと。
    私の方が子どもだなとか。。。
    そして、ひけない理由がもう一つ…!
    告白通りこして、ヒナちゃんに
    プロポーズじゃ〜〜‼︎‼︎
    すごい…
    年収780万だっけ(今の時点で
    わ〜い、、ヒナちゃん安泰だよ‼︎
    金ばっかりですいませんm(_ _)m
    ああ、いいね、この告白!
    桐山くんらしいね。
    何かうらやましいぞ。
    捨男と一騎討ちだ。
    これで空気読んで何もしない、
    好きな女も守れない男は、
    男じゃないよ、うん。

    この感じ、デジャヴが…
    そうだ、宮崎駿の
    風立ちぬを私は思い出した。
    ボブカットのひなちゃんの可愛らしさ、
    少女特有の華奢な身体のラインとかが
    何か思い出すといいますか、
    桐山くんの不器用だけども
    この無骨な優しさも
    かぶるっていいますか、
    もう結婚相手を10代で
    ひなちゃんって決めてるんだね、
    …素敵です。

    ああ、今回は
    身につまされたり
    素敵な想像でワクワクしてきたりと
    良かった巻でありました。

    BUMPともそんな繋がりが。
    スピンオフも読んでみたいじょ。
    この曲を聴きながら。
    私も一時期は、BUMPにもハマってました。
    踊らされて、初回特典CD付き
    買っておいて良かったなと。

    追記
    やり続けることだって才能じゃん
    って言葉で、
    私は、そういう風には
    言わなかったけど、
    そうは思っていたよな…って
    思い出した。
    それを言ってしまうと負け惜しみというか
    負け犬に成り下がるのは
    分かっていたから。
    単純に自分より絵を描くのが
    上手い人がいるなら
    その人よりも描きまくれば
    絶対に上手くなるだろう。
    それは真実なのに…
    何でこんな簡単で明白なことが
    出来ないのかな…
    私はそこまで好きじゃなかったのかな、
    いや上手くなれないと思えば
    自分と戦わなくて済むもんね。
    孤独に独りで戦うことが嫌だったのかな。
    友達がいれば…
    楽しいはず、
    頑張れるはず、
    というのは、逃げで言い訳で、
    やる気を他人や物?に出して貰おうと... 続きを読む

  • 今回は零君の学生生活の意味を考え
    、川本家を揺るがす招からざる客登場とごたごたの巻。
    自分は大切な人のために何ができるのか、零君の出した答えに「えーーー」としか言えない自分がいました。

  • まだ連載中だから「結」がないのにこんなことを言うのは乱暴だけど、この巻は起承転結の「転」の始まりのような。
    意外な人が出てきて、驚くような展開がありました。

  • 購入

    帯に書いてある通り、「前進の第10巻」だったと思う。
    まさか零君があんな行動にでるなんて。
    あそこまで腹が括れるほど、ひなちゃんの強さに影響されていたんだなとしみじみ。
    続きが気になる。

  • プロ棋士の少年と三姉妹の、ほんとうの家族みたいな繋がりの話。

    三姉妹の父が登場します。ホントにダメ男。よそで奥さんと子供いるけど、そっちでも上手くいかずに勝手に帰ってきて「一緒に暮らそう」とか言うダメ男。
    胡散臭い笑顔と、人の気持ちを一切考えない言動を誇る。
    VS桐山。

    いけ桐山!空気よめなくってもいいよ!君は優しいし!

    とりあえず三姉妹の父には嫌悪感しか覚えませんが、このタイプは好いても嫌っても終わりなんだろうな。関わりたくないでござる。

  • この作者はスゴイ。どうしてこんなにも嫌でずるくて、でも、絶対に世の中にいる人を絶妙のタイミングで登場させてくるのだろう。
    零くんは外見的にも内面的にもものすごい成長を遂げていて、この作品のファンはもうそろそろ将棋一筋に幸せにしてあげて欲しいと、思っているここへきてこの仕打ち。
    でも、実は生きて行くってそういうこと。
    次から次から襲ってくる化け物に自分の小さな小さな負けない気持ちだけで向かっていくことなのかも。

    それをこんなにも熱く感じさせてくれるこの作品は
    本当にすごい。次の零くんの一手に期待大。

    今回のお話で幸田家のお母さんも、実は零くんのことが好きなんだとちょっと思った。でなければ、本当の子供になった夢なんてみないもの。

  • 血より濃いものはあると思った。
    れいちゃん、がんばれ!

  • 「もっと頑張らなきゃ」と言われている様な、「そのままでいいんだよ」と言われている様な、不思議な感触の、でも素晴らしい物語だった。

    これまでの十冊にも及ぶ、零君とその仲間達の長い物語を踏まえて、棋士としても、1人の人間としても、とてつもなく成長した零君の、でっかい勇気が語られている。


    途中、遠泳の描写があるのだけれど、電車の中で読んだのに、私も頭から水に浸かった様な気分を味わった。水の手触りを感じる、そんな作品は滅多にない。作者の表現力の賜物だと思う。


    後半に巻き起こった大事件は、次巻にもまだ続くのか。零君はそこにどう対峙するのか。物語はもう八合目らしいけれど、まだまだ目が離せません。

  • 弱い自分を直視できず「だって努力できるのも才能じゃん」という歩に、「はは」と父親が笑って、それが「棋士」としての我が子を見限った瞬間だった、というシーン、ぞくっときた。すごく怖かった。どんな分野でも、それは真実だから。

  • 単身赴任中。子供達に内緒で購入。

    桐山君の最後の高校生活。変化があるかと思ったけど、そうでもなかった。でも、あったのかな。そういう微妙な処がイイと思う。
    棋士として凄く強くなっている処を対戦者の目から語られる。
    以前の養家の母の語り。誰が悪いわけでもないけれど。
    でも、僕が自分の家で桐山君を迎えて養うとしたら、大変だよね。家庭崩壊もあるかも。ましてや棋士の家ではね。ウチの子なんかマンガとゲームばかりで、つい腹も立つけれど、それでもいいのかな。
    養家とひなちゃんの家。何が違うんだろう。下町の人はお節介で優しくて。でも、それだけじゃないんだろうと思うんだけれども。

    そういう諸々の目配りの上手さに感嘆。
    そして、そういうじっくりした部分と笑わせられる部分の緩急も良い。

    終盤は闖入者に対し香車で一枚で大手を掛けたような。この後の展開はどうなるのかな。

  • !★BUMPのCDは娘からの希望。良い曲でした。巻末のウミノとゆかいな仲間たちで羽海野さんの手術を知る。お大事になさってください。11巻もお待ちしております。

  • 学校でいろいろ悩んでいた桐山くんが、本人もいうようにさほど進歩してない感じもするけど落ち着くところに落ち着いてよかった。
    大切なのは他人がどう思うかとか、世間的にどうなのかとかじゃなくて、本人がどう考えるか・どう感じるかだよね。
    桐山くんはああ言ってるけど決して進歩してないわけじゃないと思う。

    あんまりちゃんと調べてなくて、特装版を買ったらスピンオフも読めるのかと思ってたけど、配信版の楽曲を買わないと読めないのね。

    まんが本編(通常版・特装版に収録)
    スピンオフ(ファイター配信版に収録)
    ファイターの短縮版PV(YouTube等)
    ファイターのフルPV(特装版に収録)
    ファイターのCD(特装版に収録)

    ぜんぶほしくてPVがいらないなら、通常版と配信版を買うのがいちばんおとくなのかな?

  • 本当に「前進の第10巻」だった。

    まず職団戦に向けアウトレイジな先生方の気迫がツボ。笑

    ひなちゃんが高校に入って友達が出来て楽しく笑ってて、それだけで充分で、保護者ポジションで見守る桐山くんやけど、ひなちゃんのとこに男が近寄ると全力疾走で駆けて行く桐山くんが本当に本当に可愛くて。。。って保護者ポジションで見守る私がいた。笑

    「もうひとつの家」では涙が流れた。


    はわわわわ。。。

    「僕はひなたさんとの結婚を考えています」

    ビシャリと言い放つ桐山くんが本当にかっこいいよ。

  • 日常に潜む悪意は笑顔をまとっている。みたいな巻でした。首を長くして待っていたかいがある。

全69件中 1 - 25件を表示

3月のライオン (10) [BUMP OF CHICKEN]CD付特装版 (ジェッツコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

3月のライオン (10) [BUMP OF CHICKEN]CD付特装版 (ジェッツコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3月のライオン (10) [BUMP OF CHICKEN]CD付特装版 (ジェッツコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

3月のライオン (10) [BUMP OF CHICKEN]CD付特装版 (ジェッツコミックス)の作品紹介

夢のコラボが実現!! 人気ロックバンド・BUMP OF CHICKENが「3月のライオン」のために作った新曲「ファイター」が付く特装版も、通常版と同日発売。CDジャケットは羽海野チカ描き下ろし。
2014年11月刊。

ツイートする