この愛は、異端。 1 (ヤングアニマルコミックス)

  • 72人登録
  • 4.27評価
    • (5)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 森山絵凪
  • 白泉社 (2017年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592161516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

この愛は、異端。 1 (ヤングアニマルコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これはひさびさに当たりじゃないだろうか。
    特殊な契約関係のなかで各々の心の葛藤は実に微妙で面白く描かれている。

  • こういう話がきっと私は好きなんだろうなぁとつくづく実感しました。こういう話というのは、「無垢な存在を堕としたい、けれどこのまま守りたい、でもやっぱり摘みとってしまいたい、いやこの清純な美しさをいつまでも独り占めしたい、だけど罪をこの手で教え込みたい、それでも…」というどうしようもない堂々巡りな欲望に悶々とする話、です。
    ベリアル氏の保護者っぷりには微笑むしかありません。一言で言っちゃえば「ヘタレ」なんですけどね。保護者としても堕落の導き手としても、空回りしているベリアル氏が可愛く思えるのは人間の浅はかさなんですかね…。
    表現として時に生々しいものがありますが(主に性的な意味で)、華やかで艶やかな画風はこの物語によく合っていると思います。そしてふんだんにさしこまれる笑いの要素が、この物語のシリアスな筋書きをほどよく緩和させてくれています。くすっと笑って油断しているうちに、ストーリーがどんどん奈落に急降下していきそうな予感もありますが…そこの辺りは次巻以降に期待です。

  • エロが純愛に見えてくるなんて。そんな切り口が面白い。ところで淑乃が両親を亡くしてバアルと暮らすようになったのは確か13歳頃とあったけれど、第2話のラストシーンは淑乃が言葉もおぼつかない幼女の頃だよ?どゆこと?

  • 本屋で目をひいた聖と悪の入り混じった淫靡な表紙。堕天使バアルがよしのの年齢に合わせて保護者から男へと変わっていくけど、どう見てもおとん(笑)親戚の叔父設定より、おとんだ(笑)契約時の56ページ指摘が何気にツボだった。慌てるからうまいことページめくれないしね(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

この愛は、異端。 1 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

この愛は、異端。 1 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この愛は、異端。 1 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

この愛は、異端。 1 (ヤングアニマルコミックス)の作品紹介

天涯孤独の少女・淑乃は古本屋で見つけた1冊の本から悪魔を呼び出してしまう。呼び出した悪魔・べリアルが提案した契約は、一つ対価を支払えば、一つ願い事を叶えてもらえるが、淑乃が死ぬまでずっと悪魔と共に過ごすという物で…。
2017年5月刊。

この愛は、異端。 1 (ヤングアニマルコミックス)はこんなマンガです

この愛は、異端。 1 (ヤングアニマルコミックス)のKindle版

ツイートする