ガラスの仮面 (第42巻) (花とゆめCOMICS)

  • 654人登録
  • 3.65評価
    • (94)
    • (79)
    • (218)
    • (6)
    • (1)
  • 118レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (2004年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592170020

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ガラスの仮面 (第42巻) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • こりゃあほとんど恋愛の話だなぁ・・・。しかし桜小路と真澄の行動が女子ウケが悪そうで面白かった(笑)特にマヤの写真を携帯の待ち受けにして、キスしちゃう桜小路くん好きだなぁ・・・ぼくもやるし(笑)

  • もうこの42巻の桜小路くんの気持ち悪さとか、イルカのペンダントの目を疑うダサさとか、写真を取る時のとトンデモナイ格好悪い掛け声とか、ガラスの仮面史の中で忘れられない巻になった。ガラスの仮面てギャグマンガだったっけ?

  • 速水への恋を自覚したマヤ。その矢先の婚約披露宴。阿古夜をつかみきれずにもがくマヤ。稽古で綾小路くんを突き飛ばしたのはかわいそう。。
    にもかかわらず、落ち込むマヤを遊園地に連れていく綾小路君。けなげ~。でもマヤの評価は「いいひと」。せつな~

  • えーと、家に帰って、

    「ガラスの仮面の新刊が出てたよ!」

    と言うと、

    「もう、買ったよ」

    というお答え(笑)
    兄貴、ちょっと、偉い。……いや、よく考えたら、全然、偉くなくて、むしろダメなような気もしますが……。

    わたしは、「ガラスの仮面」は、文庫版で集めていて、花とゆめコミックスの方は買ってないんですね。しかし、自分の集めていないコミックの42巻だけを買おうとよく思ったものです。

    まあ、それだけ魅力があるということで(笑)

    今回は、嫉妬に狂う真澄さんということで、笑わせていただきました。

    しかし、聖さんとか、水城さんとかは、真澄さんのことを知り抜いていて……うむ、坊ちゃん、1人ではなんにも出来ませんね。

    「真澄さんと綾小路くんと、どっちとひっつくんだろうね?」

    とは、兄貴の言葉。
    なかなか、単純な読みだな。でも、綾小路君とは、ひっつかないだろう……。

    案外、女優って、監督とひっついたりするんですよねぇ。

    で、小野寺さんとか(爆)

  • ずっと読んでいなかった分(42~49巻)を知人に借りてやっと読みました!やっぱりガラかめは良いですね!これからコミック文庫買い集めようかな…

  • おー、これが噂の携帯電話が出てくるところか。
    桜小路君の振る舞いといい、速水さん・マヤの嫉妬といい(見たことないですが)昼のメロドラマみたいだ。
    急に恋話で盛り上がったこの巻、何だかコメディのようで面白かったな。

  • ランダム再読。婚約したての真澄様と紫織さまのむつまじい姿に失意のマヤ。そのマヤを励まし、支える桜小路くん。で、それを妬いている真澄さま・・・。遅々として進まず。

  • このあたりから近代化して、携帯電話が出てくるのが面白い。

    1巻から連続で読むと、唐突にテンポが変わって、なんだか浮つく。シリアスシーンすらギャグに思えてしまって登場人物に感情移入できないのは、書き手のブランクが大きいからか。

    しかし44巻あたりで、また元の『ガラスの仮面』に戻る。地に足が着く。こうなると「これだ!これぞ『ガラスの仮面』!」と一読者としては嬉しくなってしまう。

    ―――とまあ、年末の大掃除のたびに『ガラスの仮面』読破しちゃう私の進歩の無さよorz あーいつまでやるんだ、最終巻でるまでか? 出た後もか?!
    とりあえず最終巻まで出してください美内先生おねげえしますー!!

  • 第13章 ふたりの阿古夜(1)


    マヤと桜小路くんデート。

  • 桜小路くんのマヤを気遣う優しさが素敵。マヤが、恋を知り、苦しんだり、悩んだりするシーンが切ないです

  • 1巻からずっと持っています。

    北島マヤと姫川亜弓の行く末が目から離せません!!

  • 42、43、45、46巻読了。

    文庫本の23巻からの続き。
    そこから連載にだいぶ時間がかかってしまったためか、物語の雰囲気がかなり変わってる…。昭和の世界がいきなり平成になって違和感がすごい。それでも読ませてしまうのがこの作者の力量なんやろな。

  • 長かった~
    月影先生生命力はんぱね~

    そして真澄ったらまどろっこしい~!

  • まだ少女、だった頃、はじめてお年玉使いはたして大人買いした漫画。
    当時はマヤが大人に見えたのに・・今じゃこんなにとおくにきちゃったよ。
    私の嫌いな漫画は作者が漫画を終わらせる気がない人。
    情熱注いでない。ふんぞり返ってるように見える。
    特にこの巻からは別のテイストで面白くなってしまった気がする。
    とにかく完結させること。
    不朽の名作といわれるならば、ちゃんと気まぐれじゃなく向き合ってください。
    宗教じみてきてつまんないですよ。
    大衆にこびてるかんじになってきてますよ。

    徹夜で読んで次の日の学校でふらふらだった思い出。
    夢中になりすぎてベットから落ちて捻挫した思い出。
    いち、少女だった者からいいます。
    お わ ら せ て。

  • 私が生まれる前から連載している、
    言わずと知れたガラカメですね〜〜。。

    母さんの秘蔵本をこっそり読んでから、
    私の方がはまってしまい…
    新刊が発売されたのを聞いてどれだけ感動したことか。。。

    マヤちゃんが携帯を使っていたことにも感動しましたが!
    次の巻では、IーPOTとか使っているのかも??


    ゆっくり発売を待ちますよ〜〜

  • 小学生のとき、初めて大人買いというものをした作品。

  • 少女漫画の皮を被ったスポ根漫画

    男が読んでも圧倒的な面白さ!

  • 三年に一度は読みたくなる永遠のバイブル。連載再開しましたね。

  • 新刊出るたびに内容忘れてるw

  • 何で携帯電話が登場したのか??
    時代背景がおかしいよ。
    そのまま昔の流れでよかったのになあ。

  • 「ガラスの仮面」を読み始めて何年(いや何十年)になるだろうか。。
    つきかげの仲間との共同生活は続けているけど、携帯は持っているのね。とか、再開発中の汐留を舞台にしているのに、次の号ではもう汐留完成してるよ、とか、突っ込みどころはいくつも出てくるのですが、何も言いません。次元も時空も飛び越えて、早く続きを読ませてください!美内すずえ先生っ!でも、42巻はサブタイトルが(1)だったので、少なく見積もっても(5)くらいまで出そうだし、その後も3冊は出そうだし。。早くて50巻になるのかしら?結末は。
    桜小路くんのベタな恋心がやや過剰に感じたのは私だけでしょうか。。

  • マヤは恐ろしい子

全118件中 1 - 25件を表示

ガラスの仮面 (第42巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第42巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第42巻) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする